ここから本文です
包丁の研ぎ直し・各種刃物研ぎ・・ 砥ぎ屋 助八の砥ぎブログ
(^^)/お問い合わせは080―1420―1014までお気軽に!!
(^^)/南国鹿児島の離れ島から・・贈り物!!

#ドラゴンフルーツです!!

イメージ 1



(^^;)こういう物は、近所のスーパーなんかでは無く

わざわざ買いに行くものでも無いし・・・


イメージ 2




(^^)/今晩いただきましょう!!

イメージ 3




(^^)/あーくんさん!本当にありがとうねぇ〜🎶

この記事に

(^^)/砥ぎ講習!!

(^^)/某有名な調理師学校の学生さんが2回目の砥ぎ講習です。

学校で購入させられた包丁はすべてステンレス・・・

なので(^^;)一回こっきりの講習では切れ味が出ず・・・

来年は一年間のフランス留学が待っているので!!どうにか自身できちんとメンテナンスが出来るようにと頑張って頂きました!

砥ぎ場は(^^;)俺の背丈に合わしてあるので・・
長身の学生さんでは少しきゅうくつな感じ(汗汗)!!
イメージ 2



(^^)/ステンレス包丁では難しい返りの処理のコツなどを学んでいただきましたが身に付いたかどうかは3ヶ月後の来店時に・・!?

イメージ 1


















今日のおまけは・・・・・

今まで使っていた"(-""-)"1000円のユニクロのサングラスが
キズだらけになり・・・少し暗すぎたので・・・新調しました!


(>_<)なかなか手頃な値段ではありきたりで!
平均的に大きく・・俺の顔には似合わない物ばかり(汗汗)

ふと立ち寄った眼鏡屋さんの店奥で・・理想の形の物が・・

(*_*;しかし!さすがにメーカー物・・高い!高過ぎる(汗汗汗)

でも!?やはり良い物は長持ちするし・・後々修理もきく・・

清水の舞台から飛び降りた気持で(>_<)購入・・・・

隣りでは嫁さんの(-"-)超〜〜冷たい視線が(汗汗)・・・・・

イメージ 3




(^^;)我ながら・・似合っている・・・!?

イメージ 4


※見た目に関する(-"-)悪口は・・100万円の罰金です・・

この記事に

QTmelbourne TANTO Takai

Our friends at Australian Gourmet Traveller take a look inside Tanto; QT's high-end Japanese knife store
Tanto is a boutique knife shop specialising in expertly forged Japanese Suisin knives. It's the only place in Australia to find these hand-crafted ...
gourmettraveller.com.au


この記事に

(^^)/常時、抜き差しの多いコンセントがあれば!?

ぜひ!このアダプターをお勧めいたします!!

イメージ 1



(^^)/ホームセンターで見つけたのですが・・・

本当に!便利です。

僕の家では5個使っています!まだまだ増えるかも(笑)

イメージ 2



(^^)/毎日使うドライヤーなどに付ければ良いかと!?

タコ足(テーブルタップ)からも(^^)/片手で楽々外せます!

イメージ 3



(^^)/または、手の届きにくい場所のコンセントなど・・

イメージ 4



(^^)/軽い力でつまむだけ!!

差し込み口側のコンセントも傷みにくくなると思います。

イメージ 5



(^^)/ぜひ!一度お試しあれ・・・・・。

この記事に

同市内(貝塚市)から(^^)/ご来店頂きました!!が・・・

「最近まで回って来てた砥ぎ屋さんが来なくなってしまって・・」

・・・・(-"-)嫌な予感が(汗汗)・・・・

お持ちになった菜切り包丁を見せてもらうと・・(*_*;やはり・・

イメージ 1



(・・?・・おいおい(汗)・・なんだこれ????

少しひねれば・・ぐらぐら・・危険極まりない(>_<)!!

イメージ 2




本当に患者さんのように包帯のような?ガーゼ??(*_*;・・
ちょっと引っ張ればスポン!と抜けた(^^;)
イメージ 3



どうせなら(゜.゜)ばんそうこうにしとけば良かったのに(笑)

(>_<)冗談はさておき!

こんなデタラメな事しか出来ないんだったら!きちんと「この包丁はもうあきらめて下さい!」とはっきりお断りすべきかと・・・。
イメージ 4



(-"-)・・砥ぎも完全に素人並・・・
お腹ぷっくり!!砥石の面直しなどしていないんでしょうね!?
イメージ 5

(>_<)こんな状態でも!持ち主さんは・・
「(゜.゜)でも良く切れてたんですよ!上手でしたよ・・」と

この言葉は(>_<)もう何度となく聞いてきました・・・
これに対してインチキ砥ぎ屋の説明を始めると・・いつも・・
(^^;)俺の方が悪者のような雰囲気になってくるのが不思議(笑)


それで修理の工程・料金などの話をすると・・・
「じゃ〜新しいのを買った方がましやねぇ!」と定番の答え(-"-)

「じゃ〜そうしましょう!」と言って話が終わりと思いきや!?

ふと(^^;)修理中の黒打ち菜切りを思い出し・・お見せすると!
イメージ 11



「(゜.゜)この包丁もこんな新品みたいになるの???」と・・

(^^;)当然!きちんと復活しますよ!・・・

「じゃ〜(゜.゜)修理してもらおうかしら・・・」と(^^;)

イメージ 6



(^^;)てなわけで!いつものように再生修理(汗汗)・・・

イメージ 7




(^^;)マイブーム?と言われている黒打ちに(笑)
あくまで(-"-)持ち主さんのご希望でしているだけです。
この写真の後、仕上げで砥ぎ直したので!
もう少し切り刃部はランダムに広がっています。
イメージ 8


(^^)/後は柄を付けて完了となりました。





しかしながら"(-""-)"今回のようなインチキ砥ぎは全国にいるようで・・包丁関係の記載をしているブログなどを見回っていると!

今回とまるっきり同じような砥ぎや修理をされていて・・

「(^^)/今日、スーパーに来てたプロの砥ぎ屋さんに
砥いでもらって!取れていた柄も付けてもらって切れ味バツグン!!さすがプロは違うわねぇ!!」と絶賛されている(汗)

(-"-)本当に残念でなりません・・・・・


助八の近所の「布団屋」(*_*;なんと新しい看板を!!

以前はこれだけ↓だったのに・・
イメージ 9


"(-""-)"新作の看板が増えている(汗汗)
布団屋なら布団屋だけ真面目にしとけばいいやろ・・・
イメージ 10



"(-""-)"誤解しないでほしいのは!!

布団屋さんでも自転車屋さんでも・・きちんと砥ぎが
出来ているのなら!?僕も何も言いませんし!言えません!!
何より(>_<)こちらも負けじと今以上に精進してはげみます!

でも!まったくの素人以下の砥ぎ方で一人前の料金を取っている

それで砥ぎの仕上がりなんて関係無しに料金だけ独り歩きをして
比べられて高いのどうのと言われて"(-""-)"本当に迷惑な話です。

この記事に

(^^;)今回は菜切り包丁再生です(汗汗)・・・

イメージ 1



(^^;)どう見ても・・手遅れ・・・
イメージ 2



(^^;)中子はまだ!きちんと形があったので良かったです。
イメージ 3



(^^;)安来鋼なのでサビ腐食も少なく綺麗なものです。
ご近所さんの同じ菜切り包丁はピカピカのまま使ってもらってます
イメージ 4



黒打ちなので下地は(^^;)こんなものです!
イメージ 5



(^^;)見たからには手触り良く綺麗にしましょう!!
イメージ 6



(^^)/見た目も元通りの黒打ちに!!
イメージ 7



(^^)/今回は本当の新品に戻ってしまいました(笑)!!
イメージ 8




(^^)/追加記載・・・・!!

"(-""-)"・・この出刃の汚れ・・
耐水ペーパーと荒砥の木っ端でこすっても手間取りました(汗)
イメージ 9
イメージ 10



(^^)/すべて綺麗になりました!! 終わり・・・・。

イメージ 11


この記事に

(*_*)久しぶりに超〜変形がやってきました(汗汗)!!

「砥ぎ代も高くなるし・・買い替えて下さい!」と
簡単に言っても罰は当たらないかと思いますが"(-""-)"きちっと再生は出来ます!!と言う事もお見せしてもいいかと思いまして・・。

(-"-)もうご自身ではどうにもならず畑で使われてたとか(汗)

しかしながら(>_<)「ちりも積もれば・・・・」
素人の方だからこそ・・長年コツコツ砥いでいると!
(^^;)とんでもないぐらい砥ぎ減るものですねぇ(汗汗)・・

ここをご覧の砥ぎ好きの強者の方々でも!「新品をここまで砥ぎ減らして下さい!」と言ったら・・かなり苦労するでしょう(笑)

イメージ 1


土まみれで(>_<)この前の農家さんの包丁と同じ!

これもこの包丁の運命だったのでしょう!?

イメージ 2

でもでも(^^;)僕の所にやって来たのも奇跡的な運命で・・・

それなら!きちんと「台所包丁」として蘇って頂きましょう!


ズバッと刃線を整えましたが・・・
イメージ 3



元がかなり砥ぎ減らされていたので(*_*;分厚い利器材に逆戻り
決して(^^;)峰側ではありません!!

そうです!これは三枚合わせの三徳包丁です(汗汗)!
イメージ 4



"(-""-)"写真では一瞬に変わっていますが
ここまでの手間!ここからの手間をご理解して頂きたい・・・
イメージ 5


(^^;)ステンレス一枚の包丁なら・・ごまかしようもありますが

合わせの場合はごまかしがきかないので(>_<)大変大変!!
イメージ 6




(^^)/やはり!この包丁は台所で「コンコンコンコン🎶」と
野菜やお肉を切っているのがお似合いかと思います!!

きちんと台所包丁として生涯をまっとうして頂きましょう!!
イメージ 7




(^^;)こういうのを記載すると・・
「(゜.゜)こんなに綺麗に戻るんだぁ!?じゃ〜私も・・・」と

簡単にご依頼されてくる方々一時的に増えますが(汗)

(>_<)当然!かなりの手間がかかるので・・・
この手の包丁なら新品を買い直せる程度の砥ぎ料金となります。

(^^;)その点をよくお考えの上・・
ご依頼下さいますようお願い申し上げます。



この記事に

(^^)/マリコルさから本日包丁が届きました。

色々と突っ込みどころはありますが(^^;)・・・

イメージ 2


"(-""-)"・・所々に・・ヘンテコな削り跡が・・リューター??
イメージ 1



写真では綺麗に見える刃線も・・お腹ぷっくりの太鼓腹(笑)
イメージ 3




(^^;)まだまだ慣れない砥ぎとは思いますが・・包丁自体に
かなりの歪みがあったので上手く砥げないのは当たり前・・・。

イメージ 4




取りあえず粗削りを・・・・
イメージ 5




ぷっくりお腹の刃線の修正は・・・・
出っ張り部を重点的に砥石で砥ぎ抜きながら修正をしていきます。
イメージ 12

イメージ 13




刃金部の修正が一通り出来ました(^^)/
イメージ 6




ここから"(-""-)"少しでもヘンテコなキズを消そうと・・・
イメージ 7





イメージ 8





(^^)/仕上がりました!!

イメージ 9






イメージ 10



でも・・"(-""-)"深いヘンテコなキズは残りました・・


イメージ 11





(^^)/マリコルさん!即日仕上げで本日返送しましたので
明日には届くかと思います!ありがとうございました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事