マーちん日記

サッカーとフットサルと釣りが大好きなオヤジの人生再出発日記です。

全体表示

[ リスト ]

撮影所の記憶

 
 先日押し入れからみつけた懐かしい台本。
 
イメージ 1
 
 黒く塗っているのは、マーの本名がデカデカと書かれていたためです。
 
 正規の番組スタッフとなり、初めて台本を戴けた、マーにとって記念すべき回です。
 撮影中は、ジーパンの後ろポケットに丸めて入れていたことが多かったので、表紙がかなり擦り切れています。
 
 125話 『怨霊・帰って来た幽子!』 (放映時のタイトルは『亡霊・帰って来た幽子!』に変更された)
 今は国会議員の横光克彦さんがメインのストーリーでした。
 
 この回は、湘南(逗子マリーナ)と伊豆にロケに行きました。
 
イメージ 2
 
 伊豆のロケ地で若手スタッフと 幽子役の史織ゆきさん(マーのメモでは“史織けいこ”さんとなっていたが、テレ朝のドラマゲスト出演者一覧を検索したら“史織ゆき”となっていた)との記念撮影。番組担当のスチールさんに撮っていただきました。
 さて、マーは・・・・・・前列の紺のジョギングパンツ姿の若者がマーです。残念ながら、前の記事に書いたジーパンを切って作ったバッグは、お尻の辺りに行ってしまって見えませんね。ショルダーベルトも組み紐から皮製のものに換えています。
 岸壁の撮影では、レフ板を2人で持たないと飛ばされてしまうほどの風で、マーはずっと冷や汗を流しながらレフ板を支えていました。(何でも屋のマーは、照明助手・助監督見習い・その他雑務担当)
 
 この回は、女子大生の話しでしたので、出演者も若い女性が多かったのですが、記念写真を撮ったのは この1枚だけでした。
 でも、逗子マリーナでの撮影中、キャメラのマウントが故障して交換しなければならなくなり、キャメラ助手が撮影所まで交換部品を取りに行っている4時間くらいが自由時間となりました。
 マー達若手スタッフは、マリーナにあるプールで女子大生役の女優さんたちと遊びまくってましたっけ。
 お陰で、夜間撮影の頃は睡魔に襲われ大変でしたね。
 
 
 そんな 思い出深い撮影でした。 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事