【Audioタウリン9000】

私にとってAudioは元気の源“タウリン9000!”

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

’93年に購入して以来ずっと愛用してきた三菱の
S−VHSビデオデッキ「HV−V3000」が
遂に故障した。TV録画すると映像は出るが、肝心の
音が出ない。録画済みテープを再生すると音も出る為
どうやらチューナー部の音声回路がイカレたらしい。
メーカーに修理を依頼しようかと思ったが、重くて梱包
が結構面倒なので、とりあえずいつか自己修理する予定。

そこで、代わりのデッキを探していると、某OFFで
デカくて高そうな機種を発見。型式も栄光のVシリーズ。
「再生出来たがノイズが出る」との事で¥2,100。
結構迷ったが、今時こんなに物量を投入したビデオは
そうは無いので、迷いながらも購入した。

動作チェックすると、やはり再生画像にチラチラとノイズ
が出る。そこで先ずはHEADを綺麗にし、ローディング
ポスト,キャプスタン,ピンチローラー等思い付く所を
エタノール&綿棒で綺麗にし、更に稼動部の古グリスを除去
した後、モリブデングリスを適量塗布。結果、ほぼ気に
ならないレベルに改善された。
気になるチューナー部をチェックすべくTV録画をしたが、
問題無く録画出来て一安心。

<良い点>
・ソニーの銘機EDV-9000やビクターのHR-S10000とタメを
 張れる重厚なデザイン&巨大なジョグ・シャトル釦
・視認性の高いレベルメーター&黒のサイドウッド
・フライング・イレース・ヘッドを搭載(シングルだが・・・)
・編集機能が満載(5種類のデジタルピクチャー機能まである)
・HV-V3000より高性能なチューナー(色が濃く鮮やか)

<イマイチな点>
・多種多彩な編集機能は宝の持ち腐れとなりそう・・・

ACケーブルには’88年の印字があるが、当時の定価は不明。
この造りと型式から想像するに、20万円は下らないだろう。
我が家のセカンドレコーダーとして、今後も頑張って貰おう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事