【Audioタウリン9000】

私にとってAudioは元気の源“タウリン9000!”

JUNK修理

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【AX-V909の修理】

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

左から音が途切れたりしていた当機。今日息子が戻って来る
前に、どうしてもやっておかねばということで修理を敢行。

その前に準備が大変。積み重ねた6台の機器達をどかす。
オムロンのリレー4個を取り外し、接点をポストイットで
綺麗にする。ついでに半田チェックと追い半田を実施。

これで当分の間はメリハリの効いたビクターサウンドを
聴かせてくれることだろう。
って言うかもう不調にならないでくれ。腰が痛い。

★ あなたの1クリックが更新の励みになります ★
☆   是非“ポチッ”と投票をお願いします!  ☆

開く コメント(2)

【GX-Z9000の修理】

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

妻子が実家へ帰省したので、約1年ぶりに自分の時間が作れた。
いつも三流さん、アマ二段さん、HARD OFFと一緒さん等の
ブロガーさん達の楽しい記事を見ているだけだったので、
今日は不調となった当機を久しぶりに修理して記事UP出来る。

やはり2年も全く動かさないと、機械物は不調に陥るものだ。
ヘッドが下がり切らず、テープが装着出来なくなっていた。
モードベルトを交換しようと着手したが、久々の修理なので
勘と腕が大分鈍っており、メカブロックを取り出すのに結局
全バラシとなった。

丁度良いサイズのベルトが有ったので交換。ついでに全部の
半田チェックと追い半田を実施し、テープセレクター用リーフ
スイッチの接点も綺麗にしておく。

組み付けて動確すると、ヘッドの昇降が未だかなりもたつく。
当機も遂に有名なピンチローラー軸固着病にかかったようだ。
今更また全バラシするのは流石に面倒になり、奥の手で半田
こてを軸に当て熱しながら、可動部を何度も手で動かす。
これで大分良くなった。完治ではないが・・・。

幸いキャプスタンベルトやアイドラゴムは今のところ問題ない。
カセットテープとは言え、このクラスとなると良い音がする。
久々に昔の懐かしいテープをあれこれ聴き入ってしまった。
これだからオーディオは止められない。

★ あなたの1クリックが更新の励みになります ★
☆   是非“ポチッ”と投票をお願いします!  ☆
    https://pckaden.blogmura.com/kaden/

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

ドフで高級ミニコンポ「アーネストシリーズ」のMDデッキを
JUNKコーナーで発見。「ディスクが入りません」との事で
¥1,575。同機種を既に持っているが、高級感のあって好き
なので、2台目として実に1年ぶりにJUNK購入。

コメント通りディスクが入って行かない。開腹するとベルトが
ヘナヘナ。バンコードに交換してOK。が、TOC読み込みが
悪いので、P/Uレンズをエアブロー&清掃して無事再生。
磁気ヘッドも清掃すると、綿棒が真っ黒に。録音も問題なし。

<良い点>
・いかにもTEACらしい、玄人受けしそうな操作ボタン
・セグメントが細かくて見易い

<イマイチな点>
・ヘッドフォン端子が無いのは何かと不便
・P/UがSONY製の初期型(KMS−210A)。安定性
 と耐久性に欠ける。(MDS−JA3ESでは散々痛い目に)

’96年に発売され、当時の定価は¥55,000。質量はハーフ
サイズながら3.7圓△襪里能鼎なだ。1ビットDACを搭載。

★ あなたの1クリックが更新の励みになります ★
☆   是非“ポチッ”と投票をお願いします!  ☆
    https://pckaden.blogmura.com/kaden/

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

実に1年ぶりの修理を敢行。
久々にお気に入りのTC−K555ESLを稼働
させたらヘッドが上がらない。モードベルトの伸び
が原因だ。
バンコードに変更した後、どうせならと悪名高い
表面実装コンデンサーの交換も行う。
慎重に2個共剥がし、普通のコンデンサーに変更。
組み付けようとしたら、フライホイールに干渉。
このモデルは大型の厚いフライホイールが使われ
ている為、基盤との隙間が少ないのだ。
仕方なくジャンパー線で裏側に配線する事に。
見てくれは悪いが、どうせ外からは見えないから
良しとしよう。これでいつか走行系のトラブルが
いつ起こるか…とビクビクしながら使わずに済む。
どうせならと、TC−K333ESAの表面実装
コンの交換も行った。このモデルは隙間が大きい
ので、コンデンサーの足を曲げるだけで取り付け
出来た。下位モデルの2シリーズと同じだ。
あ〜スッキリした。

★ あなたの1クリックが更新の励みになります ★
☆   是非“ポチッ”と投票をお願いします!  ☆
    https://pckaden.blogmura.com/kaden/

開く コメント(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

もう半年以上前の話だが、他県のドフで発見。「ディスク
が入りません」とのことで¥1,575。純正リモコン付きで
この値段なら安い。比較的新しい型だし。

動確するとコメントとは違ってちゃんと入る。ドフではよく
あるおいしいパターンだ。いつもの様に中を開けてP/Uや
磁気ヘッドを清掃しておく。全ての基板の半田チェック&
修正も実施。

<良い点>
・高音質の証「ATRAC TYPE−R」搭載
・漢字表示に対応
・デジタルRECコントロールをはじめ、機能が満載

<イマイチな点>
・ESモデルと比べてしまうとどこか安っぽいデザイン

'00年に発売され、当時の定価は¥69,000。
JB型番なので、ESモデルとなるJA型番の格下クラス
だが、釦や動作の反応も小気味良くてなかなか悪くない。
普段使いには最適なモデルだと思う。

★ あなたの1クリックが更新の励みになります ★
☆   是非“ポチッ”と投票をお願いします!  ☆
    https://pckaden.blogmura.com/kaden/

開く コメント(9)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事