ポンコツ製作室

思いつくまま、気の向くまま、「やってみっか!」で始まる思い付きポンコツ製作室。

疲労困憊

今日は市長杯。

イメージ 1
昨日の午後は大雨の中今日のための準備をしてから、夜はクラブの射会。
で、今日は朝早くから昨日雨で出来なかった残りの準備をして競技会に臨みました。





イメージ 2

出場者は140名、持ち手は8射。
9時に開始で16時に終了。 


結果は・・・・
 
まあまあの中りで文句はありませんでしたが、後片付けを手伝って、すべてが終わったのが18時。







無事に終わった安堵感よりも疲労感の方が大きい。 
 
早起きで眠い〜
物の運び過ぎで足が痛い〜
立ちっぱなしで腰が痛い〜
五十肩で腕が痛い〜
・・・・・・
とにかく、疲れたぁ〜。

来年は出ないぞぉ!(爆)。

この記事に

開く コメント(0)

今日は定例の射会。

7月は七夕射会、8月は納涼射会、9月は月見射会 と、この3ヶ月は夕方から開催される射会です。
(要するに、「昼間は暑いので、夕方からやろう」という訳ですね。)

イメージ 1

で、結果は・・・・
久しぶりに良い的中でした。










数ヶ月前から五十肩に悩まされており、このところ成績はサッパリだったのですが・・・。
復調かと思いきや、いやいや、今も肩は痛い。
大夫良くは成りましたが、それでも最初の何射かは肩を抱えてうずくまる程痛い・・・・。
でも、それを過ぎると感覚が麻痺して、いっとき調子が良いんです。
・・・けど、その後は力が入らずにまた中らなくなります。


早く完治してくれないかなぁ・・・(泣)。

明日は、“市長杯”   チームに迷惑掛けないようにガンバリマス・・・。


この記事に

開く コメント(0)

筈の交換

稽古中に一本の矢の筈が緩いことに気がつきました。

イメージ 1

よくよく視ると・・・・・
お!筈が割れている。

放つ前に気がついて良かった!! 






弓道で矢が暴発する要因の一つに筈の割れがあります。
ひびの入った筈で矢を放った瞬間、筈に力が掛かって割れ、あらぬ方向に矢が飛んで事故に至ることがあるのです。

筈が緩いと思った時は、ヒビや割れがないかどうか必ず確認しましょう。
で、もし割れていたら絶対にそのまま使わず、必ず筈を交換しましょう。


交換は割と簡単です。

イメージ 2
まず、筈と羽の間にハガキ程度の厚みのある紙を挿します。
ドライヤーで筈の根本を炙り、熱で接着剤を柔らかくします。
(紙は、熱で羽を傷めないためのひと工夫です。)


イメージ 3




ペンチで筈を挟み、シャフトを持ってぐるっと回せば筈は取れます。


イメージ 4



ホットメルトを少量、シャフト穴の内縁に塗ります。
シャフト先端を炙ってメルト剤を柔らかくします。


イメージ 5




位置を合わせて新しい筈を差し込めば完了です。






弓矢は殺傷能力のある“武器”です。
“武器”である以上、日頃のメンテナンスは必須であり、それを怠ったことで発生する事故は、怠った者の責任となります。
誰のためでもなく自分自身のため、道具の手入れは入念に!  


〜定石〜

ここ記した方法は、164の用いているメンテ方法です。
皆さん、それぞれ適した異なる手法をお使いですので、あくまでも”参考の一例”です。

また、篠竹を使った”高級矢”には不向きです。
箆が薄かったり、筈が象牙だったり、糸に金糸が入っていたりと、我流の手入れは大変危険なので、矢師にご依頼されることを強くお勧めします。

この記事に

開く コメント(0)

〜 降馬 〜

丁度、二十歳の時から傍らにバイクがありました。

二輪の免許を取得できれば、“限定解除”が附いてきた最後の世代です。
でもその頃はバイクに興味が全く無くって、慌てて免許をとりに行っている同級生を不思議に観ていました。
「そん時にとっときゃぁよかったなぁ・・・。」なんて、後悔したのはそれから10年も経ってから(笑)。

若い頃から、“速く走る”んじゃなく“のんびり移動”したい乗り方なので、もっぱら“アメリカン”。
「前屈みで乗るなんて無理 」って。 (一度だけオフロード(SELLOW)がありました。)

義弟がバイク事故で亡くなって、義母から「乗らないで!」と懇願されても、手放すことは考えませんでした。
5台乗り替えて、最後になったバイクはスティード君。

イメージ 1


自画自賛じゃぁないけれど、このフォルム、大好きでした。 
とはいえ、
このところ、年に数回しかエンジンを掛けてもらえずに、ただただ、じっとオーナーを待ってくれていました。
それじゃぁやっぱり可哀想だし、かといってこれからも乗る機会は変わらないだろうし・・・。

半年・・・考えて、結論 『売ろう』。

バイクは走るのが“本分”、べつにオーナーと共に“朽ちる(笑)”道理は無い訳で、ならば何処かで走ってくれればそれで良し。

傍らにバイクが無いのは三十x年ぶりの事になります。
・・・三十x年かぁ・・・・いやぁ〜〜、歳、取ったんだなぁ・・・・ (苦笑)。

昔、ツーリングクラブの旧友が言ってました・・・
「バイク乗りってさぁ、バイクが無くなってもみ〜んな“メット”だきゃぁ残ってんだよなぁ〜。」
・・・同感です。 


この記事に

開く コメント(4)

Amazon 不正出品問題・・・・。

相変わらず、こんな出品が出ています。
少しずつ金額が上がって来ていて、不正の見分けが付きにくくなって来ているのが厄介ですね・・・。

イメージ 1


























Amazonも手を焼いてはいる様子ですが、一向に改善されていないようです。


こんな現状で Amazon を使おうとする上で、最も心配なのが、個人情報 の流出です。
氏名・住所・電話番号・メールアドレスに、カード決済ならばクレジットカード番号まで・・・。

この流出によって、後々、大事件が起きないとも限らない状況なのは、容易に推測できます。
(だから、164としては “当分、使わない” のですが。)

ところで、
企業が個人情報を得て利用する場合、 『プライバシー・ポリシー』 という指針を掲げます。
勿論、Amazonにも掲載されています (Amazon画面の一番下の『プライバシー規約』) 。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909010

現状の不正行為の横行がこの規約から逸脱している可能性もある訳で、
カスタマーサービスに以下の問い合わせをしてみました。

----------------------
「*******(出品商品名)********」等の出品に於いて、数件の新規出品者が破格の価格を提示してます。
Amazon.co.jpとしては、この販売価格で正常に取引が可能と把握した上でAmazon上での商取引を許可されていますか?
もし、この販売が現状問題となっている不正出品であった場合、マーケットプレイスにより返金は対応される事は承知していますが、当該の不正取引に使用された当方の個人情報は盗難されることになります。
その盗難に対し、また、その個人情報の転用による犯罪の発生に対して、Amazon.co.jpは御社の掲げるプライバシーポリシーに鑑みて、当該となる被害顧客に対しどのような対応をされますか?
ご回答をお願いします。
----------------------

対して、
丸一日掛かって送られて来た回答は、次の通り(原文まま)です。
----------------------
Amazonは、不正行為を許容いたしません。今回ご連絡頂いた出品者に関しても、出品者様が合意いただいた出品規約を遵守していない場合は、購入者様に代わってAmazonが早急に必要な措置を取らせていただきます。今般、さまざまな不正行為が横行しており、IT技術の進化とともに不正行為もより巧妙な手口になってきています。Amazonで安心して商品を出品、購入いただけるよう、Amazonは個人情報の保護に常に取り組んでいます。
なお、ご利用のアカウントについて、なにか不審なことにお気づきの際には、早急にAmazonにご連絡ください。また、定期的にパスワードを変更したり、二段階認証を利用したりなど、アカウントの安全を守る方法はいくつかあります。詳しくは、以下のヘルプページをご参照ください。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909100(より安全なパスワードを設定する)
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202025410(2段階認証について)
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202073820(2段階認証を有効にする) 
----------------------

ん〜と・・・、 
つまり・・・、
 ・不正は許さないけど、規約を守らない不正取引が発生してからでないと措置できない。
 ・不正行為が横行しているのは知っているけど、手口が巧妙で対処できてない。
 ・個人情報の保護には努めてるけど、現在は不正取得・流出を止められていない。
 ・アカウントの不正利用等は、(されないように)自分で対策しなさい

という要約の様です。 


さて・・・
ご承知の通り、
ネット社会に於いては、 得た情報を基に、現状をどう判断されるか、どう行動されるかは、全て自己責任な訳です。
なので、“こうすべき” なんて 出しゃばるつもりも クレームするつもりも 毛頭ありません。

この情報が、皆さんの判断材料の一要素になれば幸いです。


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事