ここから本文です
I・SEOUL・Uのブログ
ソウル市の公式ブログです

書庫全体表示

アニョハセヨ♪ヘチです。 
大学路マロニエ公園裏にある鍵の博物館(쇳대박물관)は韓国の昔の鍵や錠前、世界各国の独特な鍵を集めた博物館です。カードキーや暗証番号の鍵が普及している現在、失われつつある錠を収集、保存、研究し一般の人に展示を通じて鍵の美しさと魅力を広めています。
 
イメージ 1
 
鍵の博物館は建築家としては初めて国立現代美術館の「2002 今年の作家」に選ばれた建築家のスン・ヒョサン(승효상)氏が設計しました。断絶を通じた内的な疎通を意図したコンセプトで、外観もとても印象的な造りになっています。
 
イメージ 2
 
博物館は展示室がふたつあり、第1展示室は朝鮮時代に使用された各種錠前を展示しています。字型の鍵、丸鍵、魚型の鍵、龍型の鍵、亀型の鍵などおよそ40点展示され、高麗時代と統一新羅事態の鍵とかんぬきなどが所蔵されています。
 
イメージ 3
 
2展示室は朝鮮時代の木製家具に使われた各種の鍵箱、 金庫、印章箱、掛け軸箱, 髪飾り入れなど15点が展示されています。朝鮮時代の木製家具に使われた鍵も見ることができます。素朴ながらも美しい、単純ながら重みある韓国の鍵は見れば見るほどその魅力にひかれていきます。韓国の情緒と美しさを秘める韓国の鍵。こちらの博物館ではそんな韓国の魅力に出会えます。
 
鍵の博物館(スェッデバンムルグァン/쇳대박물관)
 
場所 : ソウル市鐘路区東崇洞187-8 (서울특별시 종로구 동숭동 187-8)
交通 : 地下鉄4号線、恵化(ヘファ/혜화)駅下車。2番出口を出て韓国文芸振興院の看板で左折し100m程直進。
営業時間 : 10:00~18:00
※毎週月曜日休館
ホームページ : http://www.lockmuseum.org/(日本語・韓国語・英語)
 
\¤\᡼\¸ 18 \¤\᡼\¸ 16 \¤\᡼\¸ 17

  • 顔アイコン

    こんにちは、すごいですねココ!
    次に韓国を訪れる際は絶対行ってみたい場所です!

    [ きっちんふぉびあ ]

    2010/6/10(木) 午前 9:43

  • 顔アイコン

    こんにちは。ぜひぜひ行ってみてください♪かなりマニアックな博物館ですが...(汗)でも圧巻されるものがあります^^建物の外観もとっても独特できれいなんですよ。

    [ アンニョン!ソウル ]

    2010/6/11(金) 午後 1:48

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事