連写2眼×2.5・ローカル私鉄を訪ねた日々

ビデオウォークマン入手。DVテープ(11/200)巻をダビング。白黒フィルムの現像もしなければ…。頭痛い。

福島交通軌道線

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 「地位も名誉も金も無い。何も無ければ悔いも無い」 この様な現状に至ってしまったのは、図面屋稼業を仕事にした結果です。20代の頃と同じ作業を現在も続けています。手書きからCADでの作図にはなりましたが、目は遠くなるし、気力も衰えるばかりの昨今です。「このスパンで、○○kgの荷重に耐える部材は、この程度で良かろう…」と考え作図することになります。強度計算してみると、そこそこの数値になりますので、感が働くようにはなりました。今になって写真を眺め、「この様な鉄橋であった」と思うのが、福島交通軌道線の松川橋です。
 福島交通軌道線には長い橋梁が3ヶ所存在しました。阿武隈川本流に架設された“伊達橋”は併用軌道のトラス橋梁。阿武隈川支流の摺上川に架設された“幸橋”は併用軌道の木製橋梁で、共に味わいある橋梁でした。これらに比較すると、有り触れたアンダーガーダー橋梁と思っていたのが、専用軌道の“松川橋”です。松川も阿武隈川の支流になります。正式な名称は知りませんが、橋梁付近の電停が「松川橋グランド前」ですから、“松川橋”としておきます。

 写真1枚目、松川橋グランド前を発車して、松川橋を渡り大日堂前へ向かう2022号掛田行後追いカット。写真右手が国道4号線の道路橋。松川の流れ、写真左手から右手に流れ、阿武隈川へ合流します。No.234−23・昭和45〔1970〕年10月29日(10:30)撮影。

 写真2枚目、国道4号線の道路橋から撮影した松川橋の中程。走行するのは1103号。写真左手が信夫山。松川橋グランド前〜大日堂前間になります。水流上部のプレートガーダー〔と思われる〕橋梁が、軌道線電車が走行するのに適した大きさであったと思います。コンクリート製橋脚のスパンと、電車の自重〔公称自重は、全車両共10.25tと発表されています〕を絡めて眺めると、バランス良い印象を受けます。写真右手の赤い橋梁部分は、次の写真で紹介します。No.234−25・昭和45〔1970〕年10月29日(10:45)撮影。

 写真3枚目、2枚目写真の大日堂前側。走行するのは1106号。赤い2連の橋梁、水流上部の橋梁に比較しますと、桁高さが高い橋梁が架設されています。「水害で、この部分が流され、強固な橋梁として架け替えられたのでは…」などと勝手な想像をしています。重量制限4tの道路標識が立てられていた木製橋梁の幸橋は、10t程の電車が続行運転でやって来ました。あの光景に比較しますと、「2連の赤い橋梁は過剰設計では?」などと考えています。ところが、赤い橋梁の写真右手は、H鋼〔I型鋼ではないと思います〕が2本渡されているのみです。断面係数を比較すると赤い橋梁の1/10程度の数値になるのでは?。この様にスタイルで連なった橋梁、他にあるのでしょうか。更に気になるのが、この部分の橋脚です。鳥居の様な姿に見えるコンクリート製橋脚で、少々傾いている様な気がします。この橋脚上に、コンクリートブロックで嵩上げ。その上にH鋼が載せられた状態です。H鋼の固定方法は判断出来ません。何とも不安定な印象を受ける建設方法です。No.84−27・昭和44〔1969〕年6月16日(17:27)撮影。

 写真4枚目、廃線間近の頃に撮影。松川橋グランド前を発車し、松川橋を渡り始めた1106号梁川行。松川橋の堤防側両端は、H鋼が渡されていました。プレートガーダー橋梁より断面係数が小さくなりますので、スパンを短くするために橋脚が追加されています。橋脚は意外にも木製でした。No.289−9・昭和46〔1971〕年3月24日(11:01)撮影。

福島交通軌道線、その7

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 今回は福島駅前の写真です。鉄道趣味誌で福島交通軌道線が取り上げられる場合には、まず紹介されるますので、特に目新しい感じはしないものと思います。
 初めて福島駅前で軌道線電車を撮影したのは、昭和44〔1969〕年6月15日の午後3時頃のことでした。今回添付するのは、早朝の福島駅前で撮影した写真です。夜行列車を利用して国鉄福島駅に到着。夜明けを待って撮影を開始したのでしょうね?。撮影条件すこぶる悪し。

 写真1枚目、駅前で発車待ちの1111号。同様に撮影した白黒写真を友人に見せました。一度、福島交通軌道線を訪ねている彼が一言。「この様な撮り方があったんだ!」 この言葉は今でも鮮明に脳裏に焼き付いております。購入した趣味誌を眺めても、このアングルで撮影された写真は発表されていなのでは…?。2本並ぶ写真左側のレール、かつては、この先に日本通運営業所〔であったと思う〕が存在し、構内までレールが延びていました。馬面木造電動貨車が牽引する貨車の積み下ろし作業写真を趣味誌で眺めた記憶があります。一方通行の道路標識は大ぶりの時代。電車正面窓幅以上の長さを有しています。No.233−14・昭和45〔1970〕年10月29日(6:09)撮影。

 写真2枚目、信号機が、まだ点灯していない早朝の駅前に到着する1116号。写真右手、角の建物は“旅館・辰巳屋”さん。昭和44年の写真では、「旅館 朝風呂 辰巳屋 電話番号」が表記されていましたが、この日は看板のアクリル板が破損していたようです。この場所は現在、“中合〔なかごう〕デパート”へと変貌を遂げました。“辰巳屋”さんは、デパート内でホテルとして健在だそうです。No.233−15・昭和45〔1970〕年10月29日(6:32)撮影。

 写真3枚目、駅前の1116号。写真奥が国鉄福島駅。No.233−17・昭和45〔1970〕年10月29日(6:41)撮影。

開く トラックバック(1)

福島交通軌道線、その6

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 国鉄丸森線。東北本線のバイパス路線として、福島〜槻木間の鉄道路線が計画され、昭和43〔1968〕年4月1日、とりあえず槻木〜丸森間が開業しております。後に、東北本線の複線電化が完成したことで、丸森線建設の必要性は無意味と判断され、延長工事は中断。昭和56〔1981〕年9月には、槻木〜丸森間は国鉄第1次廃止対象線区に指定されてしまいます。
 福島〜槻木間が全通すれば、沿線の観光開発に期待が持てると判断した沿線自治体等が出資して、昭和59〔1984〕年4月5日、阿武隈急行を設立。昭和61〔1986〕年7月1日、丸森〜槻木間を転換開業。昭和63〔1988〕年7月1日、建設が中断されたままの福島〜丸森間、非電化路線であった丸森〜槻木間の全線を交流電化することで、日本で最初の民鉄交流電車が走行する阿武隈急行へと変身しています。
 福島交通軌道線を訪ねた頃、工事が凍結していた丸森線の築堤は、絶好のお立て台でした。中村〜柱田間。瀬ノ上局前〜新鎌田間。共に広々とした水田地帯の中に続く狭い道路端の併用軌道を見下ろして撮影できる場所でもありました。

 写真1枚目、瀬ノ上局前〜新鎌田間を走行する1112号。建設途中の国鉄丸森線の築堤上から撮影したカットです。写真後方を国道4号線が横切っています。土砂を満載したボンネットダンプカーが走行しています。No.119−22・昭和44〔1969〕年9月3日(15:43)撮影。

 写真2枚目、1枚目写真に対して、カメラを写真右手へ向けると、この様な光景でした。新鎌田周辺の集落、後方には信夫山が一望出来ました。走行する電車は1121号。瀬ノ上局前〜新鎌田間にて。No.235−15・昭和45〔1970〕年10月29日(13:55)撮影。

 写真3枚目、瀬ノ上局前〜新鎌田間を走行する1102号福島行。写真後方を建設途中の国鉄丸森線の築堤が横切っています。軌道線跡を跨ぐ場所は、現在、阿武隈急行福島学院前駅となっています。軌道線健在当時、現福島学院前駅下辺りが“短大前〔であったと思う〕”臨時停留所でした。廃線跡の写真を眺めると、電車が通っていた道路は拡幅されているようで、道路沿いは建物で埋め尽くされました。現在では3枚の写真を撮影した場所に立つことは不可能と思われます。No.235−12・昭和45〔1970〕年10月29日(13:25)撮影。

開く トラックバック(1)

福島交通軌道線、その5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 国鉄福島駅前を発車した電車は、北町電停で最初の列車交換を済ませると、国道4号線を横切ります。間もなく90度向きを変えて北へ向かいます。文知摺通電停の先までが、国道4号線東寄りの狭い市街地道路を走行する区間でした。今回は、この区間で撮影した写真3枚を添付してみます。

 写真1枚目、北町〜浜田町間を〔福島〕駅前へ向う1111号。福島交通軌道線では、この様な光景は日常茶飯事。トラックに接触しなければ、電車は難なく通過していました。引越し家財を積載したトラックをこの様に駐車させる術の方が難しいものと思われます。向って来る電車の前に立って撮影出来たわけですから、何とものどかな時代でした。No.241−29・昭和45〔1970〕年11月3日(14:29)撮影。

 写真2枚目、福島競馬場の正面ゲート〔と思います〕横を走行する1111号長岡行後追いカット。写真後方、日赤病院前電停で交換待ち1120号の姿が確認出来ます。撮影した写真の中で、お気に入り写真に登場するのは、意外にも、この、ぞろ目電車です。No.241−21・昭和45〔1970〕年11月3日(13:35)撮影。

 写真3枚目、全線廃線間近の頃、福島競馬場の正面ゲート付近を走行する1106号保原行後追いカット。正面窓の全てが雨樋付近まであるため、屋上に大きな方向幕を備えていた車両です。写真左手に信夫山の一部が見えます。No.288−33・昭和46〔1971〕年3月24日(9:15)撮影。

福島交通軌道線、その4

イメージ 1

イメージ 2

 年末で本業が忙しい中、風邪を悪化させてしまいました。贈って頂いた95パソコン、ディスプレーが大型のため、いまだに仕事に使用しています。フィルムスキャナーも接続している95パソコン。10年以上使用したことになります。最近、MOを中々読み込んでくれません。仕事のデータは、何とか98パソコンに移せたため、業務作業を中断することはありませんでした。ところが、周辺機器も95パソコン時代に購入したものばかり。プリンター等は、全て一度修理に出したものの、現在は交換部品が無い機種ばかりです。新しいパソコンを揃える余裕など、とてもありません。頭が痛いです。年末に及んで、踏んだり蹴ったりです。
 後のことなど気にすること無く、前へ進むだけのパソコン。便利でありながら、ヤッカイな機械とも思っています。高価なMS−DOSパソコンで、10年間、毎日打ち込んだデータ。現在は開くことが出来ません。救いは、紙にプリントアウトしておいたことです。10年分のデータを文字変換ソフトで、ワードへと変換していますが、結局、再度10年を費やすことになると思います。デジカメで撮影した写真、10年後、書き込まれたデータが開ける補償はありませんので、写真撮影のメインは、フィルムカメラを使用することにしています。
 古い写真処理が進まず。フィルムスキャナー使用ままならず。結果、ブログの更新も遅れがちです。再び、処理済の福島交通軌道線を添付しておきます。

 写真1枚目、掛田線の柱田〜掛田間は山間区間を走行します。他都市の路面電車では見ることの無かった風景が展開します。曲面運転台の1114号。金山〔付近〕〜掛田間にて。No.236−14・昭和45〔1970〕年10月30日(8:34)撮影。

 写真2枚目、1115号の続行電車として、掛田へ向う1116号。写真右手へ200mも走行すれば、終点の掛田駅です。お世話になったお宅があればこそ撮影出来た写真です。現在では、周辺に住宅が建て込んで、電車の走行していた道路は見渡せないそうです。金山〜掛田間にて、No.236−7・昭和45〔1970〕年10月30日(7:18)撮影。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事