高木英樹 セレンディピティ(Serendipity)雑記帳

”偶然の幸運”は,常に努力し,出会いの準備ができている者だけに訪れる

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

筑波水球のVisionとMission

イメージ 1
後列左から 本田,吉本,藤井,川合,沼口,市川
前列左から 砂原,坂上,山中,若杉,吉田,淡路
 
 平成25年度の入学式(4/8)が挙行され,我が筑波大学水泳部水球部門にも新入生4名が加入し,
新チームでの活動が本格始動した.
 
 新年度開始にあたって,選手,コーチングスタッフが一堂に会してミーティング行った.
 
 そのミーティングでは,筑波大学水泳部水球部門(筑波水球)のVisionとMissionについて,
新入生はもとより,上級生,コーチングスタッフ全員が再度確認し合った.
 
 筑波水球のVision(展望)
「我々は水球を通して人間力を練磨し,真に社会に有用な人材を輩出し続ける」
筑波大学の前身である東京高等師範学校が,1907年に日本で初めて水球を始めて以来,
100年以上に渡って我々は日本の水球界に指導者および選手,役員を輩出してきた実績を踏まえ,
次の100年あるいはそれ以降も,水球界のみならず,広く社会に貢献できる人材を輩出し続けることを目指す.
 
 筑波水球のMission(使命)
1)水球の競技力向上
 常に日本のトップチームあり続けるために不断の競技力向上に努めるとともに,
 国際舞台で活躍できる選手を数多く輩出することを目標に心技体の鍛錬を行う.
 
2)水球による社会貢献
 日本における水球の普及・発展のために,ジュニア,高校生などへの指導に積極的に関わるとともに,
 水球を通してスポーツ文化の発展や地域との連携を深める.
 
3)水球に関する研究促進
 水球競技に関する様々な研究を促進し,指導現場に生かせるデータの蓄積を図るとともに,
新たな指導方法や科学的エビデンスを国内外に発信する.
 
 以上のVisionMissionを選手・コーチングスタッフ全員で共有しながら,
筑波水球のさらなる発展に努めてゆきたいと思います.

この記事に

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事