全体表示

[ リスト ]

三宅島復興を名目にした公道レースをやるとぶちまけた石原都知事でしたが、レース関係者やメーカーからも否定され、公道レースは取り止めとなりましたね。
空港の滑走路を使ったドラッグレースだけやるようですが、今の空気だと盛り上がりそうにはありませんね…。


そもそも、三宅島の復興にバイクの公道レースを持ってくることが大きな誤りだと思います。
三宅島に島民が戻り、漁業や観光などで生活が成り立つようになることこそが復興なのです。バイクレースなどで一時的に盛り上がっても、それは恒久的なものにはなり得ないでしょう。


もし三宅島をバイクの島として復興させるならば、島までの格安な交通手段(フェリー)と島内の道路整備、サーキットやモトクロス場、トライアルコースなどの整備、安く泊まれる宿泊施設も必要でしょう。故障に対応出来るバイクショップも必要です。
それでもどれだけのライダーが三宅島をツーリング先に選ぶかはわかりません。狭い島内にライダーを惹きつける大きな魅力や付加価値を付けていかないと難しいでしょう。

日本は世界的にもバイクの一大生産地であるにも関わらず、「文化」としてのバイクは、ヨーロッパなどから大きく遅れているのではないでしょうか…。だから簡単にバイクレースで島の復興なんて考え方がでてくるんじゃないかな、と思います。


でもバイク業界的にも何らかのカンフル剤が必要なんじゃね?と感じているのは、私だけではないはずです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事