ご近所の自然

鎌倉中央公園を中心に近場で自然観察、たまには遠出も

最新記事

すべて表示

茅ヶ崎里山公園 11月17日

 小春日和というのはこんな天候の日のことなのだろうか。冬の訪れも間近な里山を散策した。  平成の森にはクヌギカメムシの仲間がいた。すぐ隣のクヌギには目線の高さぐるっと産卵された卵塊が取り巻いていた。あれっ孵化しているようだ。幼虫で冬を越せるのか?  芹沢の池周りの日だまりには赤とんぼがあちらこちらの止まっている。見たところ殆どがアキアカネの♂ばかり、その ...すべて表示すべて表示

広町緑地 11月11日

2017/11/20(月) 午後 2:01

 秋が深まってきた広町でチョウの愛好家たちと観察会。  ジュズダマにまだクロコノマチョウの幼虫がいるというので早速見に行くと2個体は蛹に、もう1個体は前蛹だった。  蛹の内1個体はもうまもなく羽化と思われ、蛹の中に翅が透き通って見えた。もう1個体はまだまだ緑色があざやかで羽化まで時間が掛かりそうだ。前蛹はくるんと丸まって蛹になる準備中といったところ。 ...すべて表示すべて表示

横浜自然観察の森 11月7日

2017/11/13(月) 午後 11:15

 やっと天気が安定してきて秋らしい日差しに包まれた一日だった。晴れるとやはり気温が上がってまだまだチョウやトンボの姿を見ることができる。  蜻蛉池に行く手前でホソミイトトンボがフラーと飛んできた。越冬あけの春の姿からはほど遠い褐色で枯れ葉の同化して見失いそうだ。日だまりに止まった。  蜻蛉池では減ってはいたが水はまだあった。オオアオイトトンボが水辺で休ん ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事