ご近所の自然

鎌倉中央公園を中心に近場で自然観察、たまには遠出も

全体表示

[ リスト ]

 長雨の季節が過ぎて、秋らしい天気が続くようになった。大雨の後だがそんな気配は何もなかった。ただいつもの水たまりが少し大きくなっていた。小さな流れにオニヤンマがツーッと行き過ぎていく。その先の小さな池にトンボいた。眼の青さから推測するとアオイトトンボだ。トンボの生態図鑑にあった写真の撮影地が茅ヶ崎市となっていたので何年も前からこの里山公園で探していたのだ。いてくれて感激!だが少し距離があってオートフォーカスが効かない。やっとマニュアルで撮った。この後寄ってくるどころか遠ざかってしまったのでいったんいつものコースへ回った。
 昼食をとるために谷戸に家に立ち寄ったのだがそこでミドリヒョウモンを撮ることができた。
 谷戸の家を出て田んぼエリアをぐるっと回った。所々にヒガンバナが咲いていて秋の風情を満喫した。
 もう一度アオイトトンボのいた池に戻ると今度はアキアカネがいた。まだ一頭だけだがやっと出会えた。アキアカネが去るとアジアイトトンボが出てきた。それにつられてアオイトトンボも出てきた。先ほどよりは近いがまだ距離があった。水際まで近寄ったので三脚も立たない。大量に撮った中に一枚何とか写っていた。帰りはじゃぶじゃぶ池を通って帰ってきた。

 稲穂に止まるシオカラトンボ♂
イメージ 1

 最初に撮ったアオイトトンボ♂ 
イメージ 2

 ミドリヒョウモン
イメージ 3

 キアヤヒメノメイガ
イメージ 4

 ミスジマイマイ デンデンムシとかカタツムリと呼ばれているごく普通種、先日のトラマイマイはこのミスジマイマイと同じ種だがごく限られた地域のみ産するものだった
イメージ 5

 ヒガンバナ
イメージ 6

 キマダラセセリ
イメージ 7

 眠そうなアマガエル
イメージ 8

 アキアカネ♂
イメージ 9
 
 アジアイトトンボ♂
イメージ 10

 アオイトトンボ♂
イメージ 11

 もう一枚 等倍で切り出してみた もう少し成熟が進むともっときれいな青い複眼になる 胴体の白粉も増す
イメージ 12

 アマガエルよりは大きい ウシガエルかな?
イメージ 13

 じゃぶじゃぶ池のギンヤンマ♂
イメージ 14

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事