ご近所の自然

鎌倉中央公園を中心に近場で自然観察、たまには遠出も

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

舞岡公園 11月6日

 毎月6日の観察会に参加した。
 朝から雨が降ったりやんだりで観察会が実施か否かは微妙な状態だったが行くことにした。誰も来ていないかと思っていたらぽつりぽつり集まってきて8名になった。時折雨がパラつくので傘を差したりたたんだりしながら虫探しをした。
 最初はキリガの仲間がいた。すぐさま端末で調べてくれたがハッキリは分からなかった。
 次は先月アオスジアゲハの幼虫を観察したところにさしかかった。もう幼虫はいないなんて話していたら蛹が見えた。いつ蛹になったか分からないがこのまま無事翌春に羽化できれば大変嬉しいことだ。
 雨のやみ間に少しのチョウが飛んだ。
 瓜久保にたどり着いたときにとうとう本降りとなった。帰りは水はけの悪い道をびしょびしょになりながら帰った。

 キトガリキリガ
イメージ 1

 クコの花
イメージ 2

 オオスズメバチ?
イメージ 3

 アオスジアゲハ蛹
イメージ 4

 ウラナミシジミ
イメージ 5

 アキアカネ♂
イメージ 6

 ヨモギハムシ交尾 ハチの仲間
イメージ 7

 キタテハ ずっと飛んでいたが急に止まった。越冬体勢のような止まり方(証拠写真)
イメージ 8

 モンキチョウとモンシロチョウ(証拠写真)
イメージ 9

 

 

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

 久しぶりの一人観察会。
 落ち葉が増えてすっかり秋が深まってきた感じだ。日だまりにテングチョウが翅を広げていた。
 アキアカネが1匹水辺ではないピクニック広場で見かけた。その他のチョウは動きが活発だった。
 観察の森の外側のハイキングコースに出た。少しだけ歩いて観察の森に戻った。途中赤い実、紫色の実など植物を見ながらの散策だった。

 テングチョウ
イメージ 1

 オオハナアブ
イメージ 2

 キタキチョウ
イメージ 3

 ヤマトシジミ
イメージ 4

 モンシロチョウ
イメージ 5

 ナナホシテントウ
イメージ 6

 キタテハ
イメージ 7

 アキアカネ
イメージ 8

 アオゲラ ピクニック広場で自分のいるところに近いところでけたたましいアオゲラの声がした すぐ近くにいた 普段は鳥は撮らないのだがカメラを向けたらフレームいっぱいに写っていた
イメージ 9

 コゲラ 調子に乗ってコゲラも撮った コゲラは木の幹を掘って小さな虫を捕らえて食べた
イメージ 10

 ノコンギク
イメージ 11

 シロヨメナ
イメージ 12

 トキリマメ
イメージ 13

 ガマズミの実 一つだけ虫コブが・・・ガマズミミケフシ
イメージ 14

 ヤブムラサキの実
イメージ 15

 オオハナワラビ? ハナヤスリ科ハナワラビ属 いろいろな種類のハナワラビがある ただ今勉強中
イメージ 16


 

この記事に

開く コメント(0)

湘南平 10月31日

 もう一週間以上前のこと、チョウの観察会で湘南平に行った。晴天で暑いくらいだった。
 湘南平の南斜面はたびたび草刈りが行われ、その後に草丈の低い状態でセンダングサ、ヨモギ、ヤマハッカなどが生えている。
 もちろんセンダングサにはヤマトシジミ、セセリの仲間、ヒメアカタテハなどがが飛んできて盛んに吸蜜をしていた。食草であるヨモギにはヒメアカタテハの幼虫が多数ついていた。
 雑木林に移動すると樹液の出ているコナラがあり、スズメバチがまだ元気に樹液を吸い、その近くでルリタテハ、アカタテハ、クロコノマチョウも負けずに樹液を吸っていた。
 最後はコクサギにオナガアゲハの前蛹を仲間が見つけてくれた。きっと今頃は蛹になって春を待っている。

 キタテハ
イメージ 1

 ヒメアカタテハ
イメージ 2

 ツマグロヒョウモン♂
イメージ 3

 ウラナミシジミ♂
イメージ 4

 アカボシゴマダラ
イメージ 5

 ルリタテハ
イメージ 6

 アカタテハにちょっかいを出すスズメバチ
イメージ 7

 クロコノマチョウ
イメージ 8

 アカタテハ
イメージ 9

 イチモンジセセリ
イメージ 10

 チャバネセセリ
イメージ 11

 ベニシジミ
イメージ 12

 アゲハの卵
イメージ 13

 アゲハの幼虫
イメージ 14

 ヒメアカタテハ幼虫
イメージ 15

 オナガアゲハ前蛹
イメージ 16


 10月の末というのにこんなにたくさんのチョウを見ることができた。
 天気が良くて気温が上がればまだまだチョウに出会えるだろう。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 前回9月23日に来たときは期待していたコスモスが何も咲いていなくてがっかりだったが、満を持して10月下旬と言うことでやってきた。
 はたしてどうなのか? 畑はすっかりきれいになり来年春に開花が見込まれる菜の花の芽が出そろってきたところだった。
 またしてもコスモスがない。と思ってがっかりしたが、地元の人が通りかかったので聞いてみるともっとむこうに咲いていますよと。
 リサーチ不足で咲いているところが分からなかっただけだった。
 みな勇んでコスモス畑に来てみたがチョウは飛んでいなかった。時折セセリチョウなど小型のチョウは見るものの期待のヒョウモンチョウなどはいなかった。
 他の所に移動してから天気が回復してきて色々なチョウを見ることができた。また畑の黒い土の上を忙しく動き回っていたゴミムシの仲間を見ることができた。
 一日中晴れるという予報は当たらなかったが20種以上のチョウを見ることができた。

 ヤマトシジミ♂
イメージ 1

 ヤマトシジミ♀ 寒くなると♀の翅表が青みがかってくる
イメージ 2

 ヤマトシジミの卵 0.5mmほどの大きさ
イメージ 3
 
 モンシロチョウ
イメージ 4

 キタキチョウ
イメージ 5

 キタキチョウ
イメージ 6

 チャバネセセリ イチモンジセセリもいるのに、ついチャバネセセリばかりを撮ってしまう
イメージ 7

 チャバネセセリ この日はとても多かった
イメージ 8

 ウラギンシジミ
イメージ 9

 ウラナミシジミ
イメージ 10

 ヒメアカタテハ
イメージ 11

 ナミアゲハの幼虫 カラタチの樹に何匹もついていた
イメージ 12

 ナミアゲハの蛹
イメージ 13

 アカタテハの蛹
イメージ 14

 オオアトボシアオゴミムシと思う 少し大きめのゴミムシ 日の当たり方で金色に輝いていた
イメージ 15
 
 アカハバビロオオキノコ カワラタケなど枯れ木に生えるキノコを食べる
イメージ 16

 コスモス畑
イメージ 17

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 9月になってから3回目の3連休。この日は秦野駅から歩いて行かれる権現山〜弘法山にやってきた。
 ちょっとしたハイキングなのだ。たかだか243メートルの山だが、歩き慣れない自分にはきつい。
 平らなところに出た。するとヒョウモンチョウがひらひら、ミドリヒョウモンだった。幸先がよいと皆で観察。少し擦れてはいたが元気に飛んでいった。
 また階段があって少し行ったところで頂上が見えてきた。展望台の真下で開けたところにセンダングサやヤマハッカが咲き乱れ、ウラナミシジミやナミアゲハ、セセリチョウなどが飛んでいた。チョウも多いが人も多かった。
 頂上の広場にはハイキングの人が思い思いにシートを広げ休んでいた。そのあいだをキアゲハが数頭飛び交っていた。

 ミドリヒョウモン
イメージ 1

 ミドリヒョウモン
イメージ 2

 ナミアゲハ
イメージ 3

 ウラナミシジミ
イメージ 4

 ヤマトシジミ
イメージ 5

 スジグロシロチョウ
イメージ 6

 キアゲハ
イメージ 7

 ダイミョウセセリ
イメージ 8

 ヒカゲチョウ
イメージ 9

 ナガサキアゲハ♂
イメージ 10

 ツマグロヒョウモン♀
イメージ 11

 ツマグロヒョウモン♂
イメージ 12

 カラスアゲハ♂
イメージ 13

 ホシホウジャク
イメージ 14

 ヒメクロホウジャク
イメージ 15

 ツユムシ
イメージ 16


 曇り日ではあったが思ったよりはチョウが飛んだ。
 もし晴れていたらアサギマダラに会えただろうか。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全148ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事