正月の都内某所

このカラフルな車列
偶然遭遇した ロータスエリーゼの皆様です
30台を超える集団を見ると中々の結束力を感じます。
お台場のハズレでオフ会してました

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

地方によってはかなりの積雪と聞くが、茅野の山は、今年はまだ雪が少ない、久々、おそるおそる山に入ってみた。それでも、前日に3-4cmほど積もったようで、溶けずに残っている固い根雪の上に丁度いいふわふわの雪質が絡んで、比較的タイヤの喰い付きはよく、制動もまずまず効いた。チェーン使用せずに到達。











イメージ 2









外気温はマイナス8℃ほど。駐車スペースに雪は無く、スコップワークも不要だった。

イメージ 3

マカンでの雪道走行、、だんだんなれてきた。  
かつて、グラチェロで完全横向きの30mほどの横滑りの経験から、入山にはかなり恐怖心は持っている。マカンで山を攻めるようになるとは思わなかったが、確実に経験値は上がってきている。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)




前から来たいと思っていましたが遂に到達。
ベンツ3輪車から始まり 年代順に 世界中の車が 美しく 動く状態で 陳列されていた。 以前は国産車と外国車と分けて陳列していたのだそうだ。
イメージ 1






ここを右折して到着
イメージ 2





まつやまたかし氏の イラスト展 が企画展示で 楽しめた。 その拡大部部分が このような感じ
フランス車が たくさん 走ってます。
イメージ 3




全体像は
イメージ 5








まず目に入るのが ベンツの三輪車    これはレプリカですが、これが自動車のはじまりらしい。
イメージ 8





キャデラック エルドラド ビアリッツ 写真では表現できない、大きさ。 鳥肌ものです。
4畳半 どころでなく 6畳間 の大きさと表現すべきか。
イメージ 4










石川県の自動車博物館の展示車の台数には及びませんが、すべてが動態保存というところに敬意を抱きます。



ロールスのこんなものも、写真で見ると、マーそんなものかという印象かもしれませんが、目の当たりにすると、、でかい。巡洋艦みたいな大きさ。本当に、鳥肌が立ちます。
イメージ 6












展示室のスペースの使い方がとても贅沢でゆったり。こんなすてきな博物館、、、もっと、人気がでてもいいのでは、、、。車たちは、新車のようにぴっかぴか。
イメージ 7




あまりにきれいに展示し、メンテしてもらえている車たちを見て、担当者に、、、アヴァンタイム、展示する話がでたら、わたしのアヴァンタイム、寄贈しますよって思わす言ってしまった。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

何だったんだろう

イメージ 3

ツタヤの中にこんなものが、、、

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

大阪かー  ちょっと見に行くというわけにはいかないなー
日本には赤いのは2台存在すると言われているのだが  コレ程度がとても良さそうだな   そんな感じ
 
左ハンドル  MT  だよね、、、
イメージ 1

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事