ここから本文です
1/72サイズで翔鶴艦橋周辺のジオラマを製作中です。来年の静岡展示に向けて頑張って作ります(^^ゞ
ご無沙汰しておりますm(__)m
相変らず作例製作が続いており途中経過を全くアップ出来ない状況です。

そこで今回は掲載誌の宣伝・告知をさせて頂きます。

本日発売(一部地域を除く)の『艦船模型スペシャル No.70』に掲載されている1/700 ミッドウェイを担当させて頂きました。特集の珊瑚海海戦とは全く関係無いですね、ワハハハハ♪
オレンジホビーというメーカーのレジンキットですが非常に素晴らしい内容です(但し少々お高いです・汗)。
懐に余裕がある米空母大好きな皆様には是非お薦めなアイテムとなっています。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

年内は現在制作中のもの(またまた米空母です・汗)が完成すればひと段落つきそうです。
落ち着いたらいよいよ翔鶴艦橋ジオラマを再開しますので(余り期待せずに(笑))お待ち頂ければと思います。

ではでは~♪

この記事に

おはようございます。
4か月以上振りの更新になってしまいました…m(__)m

去る10月27日~28日のメルクールの会展示会が無事終了しました。
当日は大勢の方に見に来て頂き感謝感激です。
更に当日作品を持参頂き展示会を盛り上げて頂いた皆様にもこの場をお借りして御礼申し上げます。
イメージ 1
次回は2020年ですが更に素晴らしい展示会になるように精一杯頑張って製作に励みたいと思います!

近況について。
モデルアート 2018年10月号にフラーホーク製のドイツ駆逐艦G-39の作例を掲載頂きました(2ヵ月前の発売ですが…)。
イメージ 2
イメージ 3
第一次大戦時のマイナーな分野ですが非常に面白いキットでした♪

来月の11月15日に発売される【艦船模型スペシャル】にも某海軍の航空母艦の作成を担当させて頂いています。
イメージ 4
自分なりに持てる力を存分に注ぎ込んでみましたので宜しければ是非お読みくださいませ~♪m(__)m

現在も年末発売の某雑誌(バレバレですが)向けの作例を製作しており中々プライベートのモデリングを紹介出来ませんが、落ち着いたら翔鶴ジオラマを再開しますの気長に待って頂ければと思います(^_^;)

あ、でも途中途中でこんなの作ってました(笑)
イメージ 5
イメージ 6

ではでは。

この記事に

皆様、大変ご無沙汰しておりますm(__)m
1ヵ月以上ブログを放置してしまいました…。
(Twitterはちょこちょこやっていたんですが・大汗)

順次皆様のところへも訪問再開させて頂きますので宜しくお願い致しますぅぅぅ。

さて先月無事納品が終わり今月のモデルアートに作例を掲載して頂きました。
一部の方は既にご推察されていましたがお題はCV-6エンタープライズです。
トランぺッター製の新作で1/700スケールになります。
イメージ 1
イメージ 2

艦橋周りは非常にカッコいい雰囲気なのですが船体の艦尾形状はダメダメでしたのでペーパーでガシガシ削っています。トラぺのキットは生まれて初めての経験でしたが(汗)、結構楽しんで作る事が出来ました。
(あ、製作納期が非常に短くて納品前夜は貫徹した事は内緒です・笑)

現在は次ぎの作例に取り掛かっています。
こんなのや、
イメージ 3
こんなのを作ってます。
イメージ 4

ある新キットと組み合わせて、ちょっとしたプチジオラマになる予定です。

引き続き頑張りますので何卒宜しくお願いします。
ではでは

この記事に

Das Boot続編撮影

皆さまこんにちは。
今回は模型とは関係ありませんが、自分が放送を今か?今か?と待ち焦がれているドイツドラマ『U-Boat(2018)』の情報についてお知らせします。

公開されている映画のイメージは以下の2つです。
イメージ 1
イメージ 2

更にオープンセットをフランスのラ・ロシェル港(ブンカー跡が現存している港ですね♪)へ搬入するニュース映像も見つけました。

セットの画像を見る限りでは旧映画と同じⅦ型の様ですね。但し艦橋には有名な鋸サメのマークはありません。

ネット情報では2018年のドイツ国内TV放送とありますので気長に待ちたいと思います。

最後に『U-Boat(旧作)』の撮影風景を。
イメージ 3
イメージ 4

また新情報が確認出来たらご案内致しますね~♪
(久しぶりにブンカージオラマ作りたくなってきました。今度は1/144で!!)

ではでは(`・ω・´)ゞ


この記事に

早うございます。
静岡ホビーショーも無事終わり、余韻にも浸れず昨日から作例製作を再開しています・悲
改めてましてメルクールの会ブースにお越し頂いた皆様へお礼申し上げますm(__)m

来年は翔鶴ジオラマ完成させますんでお楽しみに〜♪

<以下は模型とは全く関係の無い内容ですので、ご注意を!>





さて静岡ではブログ友達の皆さんとの再会を楽しみましたが、その中に蓮樹さんご夫妻がいらっしゃいました。
ご主人蓮樹さんは性格ナイスでハンサムな方、奥様はそれはそれはハリウッド女優をそのまま連れてきた様な美人の方で、傍目にも非常に羨ましい組み合わせのご夫婦です。
イメージ 8

※蓮樹さんご夫婦(イメージ)

その中で奥様(なおみんさん)の悩みを打ち明けられました。
曰く『アタシが愛情込めて料理した炒飯を旦那は食べてくれない・悲』というもの。

ご主人に色々理由を伺うと原因がわかりました。
ここでは詳細は割愛しますが、まさしく【妻による家庭内料理ハラスメント】とも呼べる内容で呆れ奉るものでした。

そこで奥様からのリクエスト【アタシにも簡単に美味い炒飯が作れる方法をブログにアップして!!】にお応えすべくご紹介します。

材料
ごはん1.5人分(普段使っている茶碗1.5杯でOKかと。炊き立てを使いますよ。1〜
2人前を調理するのがコツです)
卵1個
ハム1枚
ネギ適量
調味料:昆布だし、オイスターソース、味の素、ウスターソース、ごま油(塩・コショウはお好みで)量は適当です。余り濃くならない様にするのが良いと思います。

イメージ 1

イメージ 2
因みになおみんさんが言っていた【炒飯の卵は甘くする】というものが本当に美味いか否かを検証する為に卵には砂糖を小さじ1杯入れました・笑
イメージ 3

イメージ 4

熱したサラダ油(煙が出る位)に卵を投入、素早くかき混ぜます。
油は大サジ2杯位(気持ち多めです)
イメージ 5
油と卵が馴染む様にかき混ぜて表面に半熟が残る位の時に全ての材料を投入します。

イメージ 6
卵の半熟部分とごはんを絡めながら木しゃもじで素早くかき混ぜます。
酢飯を冷ます要領で横方向にかき混ぜる事がコツです。

ごはんがパラパラになったら調味料を投入します。

イメージ 7
最後に紅ショウガを載せて出来上がりです。
上手くいけばご主人のなおみんさんを見る目が変わると思いますので頑張って下さい(`・ω・´)ゞ

尚、甘い味付けの卵を使った炒飯のお味ですが…。
(毒味(笑)した嫁さん曰く)『結構美味いんじゃね???』でした・笑

TO:蓮樹さん
奥様、もしかして天才かも????

以上、お粗末様でした~♪


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事