Mighty ″O″ の模型部屋

雑誌作例の製作に戻りました。更新頻度が低くなり申し訳ございませんm(__)m
こんばんは。
無事静岡から帰還し、会社から本日有給を取得した自分はマッタリと余韻に浸っています・笑

いかん、いかん。
ここは気を引き締める為に、痛快なアノ映画でも観ましょう。

イメージ 1

岡本喜八監督、サイコ〜♪

今年もメルクールの会へ大勢の方に立ち寄って作品を観賞頂きました。
この場をお借りして改めてお礼申し上げますm(__)m
ブロ友さんも大勢駆けつけて頂き感激です!

さて赤城ジオラマは展示の間、ある仕掛けを用意しました。

イメージ 2

イメージ 3

金曜日、さかつうギャラリーさんで急遽購入した1/144ペンギンをジオラマ内にこっそり忍ばせました。

子供たちが見に来たら退屈しのぎにペンギン捜索クエストを持ち掛けました・笑

これが予想以上に評判で、多くの子供たち(及び大人の皆さん)に楽しんで挑戦頂きました。

イメージ 4

※飽くまでイメージです・汗。

子供たちには凄く楽しんで貰えたのは非常に嬉しいのですが、勢い余ってジオラマの一部が破損しちゃいました・汗
でもキラキラした眼差しで、『秘密基地みた〜い♪』と喜ぶ子供たちの笑顔と沢山出会えた事は大きな財産です・笑

ジオラマは無事修復されましたのでご安心下さいませ(^^ゞ

イメージ 5

イメージ 6


今後は雑誌作例の仕事が復活するのでブログアップは不定期になりますが、引き続き宜しくお願い致します。

ではでは

この記事に

開く コメント(52)

こんばんは。

静岡ホビーショーのモデラーズクラブ合同作品展では『南館 P列 200番』にメルクールの会ブースが御座います。ホビーショーにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ〜♪
皆様のお越しをお待ちしております。

 
無事赤城ジオラマが完成しましたので、この場をお借りして改めてお礼を申し上げたいと思います。
このブログをご覧頂いている皆様にはブログを通じて激励の言葉や様々なアドバイスを頂戴しました。
何とかモチベーションを維持できました。
本当に有難う御座います。

さて、赤城ジオラマ製作時に非常に参考にさせて頂いた資料が御座います。
中には非常に貴重な画像が含まれており製作の手助けになりました。
お礼を兼ねて幾つかご紹介したいと思います。

①『木で軍艦をつくった男』ボイジャー刊
イメージ 1


何度も当ブログで紹介させて頂いていますので既にご存知の方も多いと思います。
こちらの画像が無いと今回のジオラマは完成しなかったと思います(もしくは全く見当違いのものになっていたかも?)
本を構成された萩野様には自分の製作活動に共感頂き便宜を図って頂いたりアドバイス等頂く事が出来ました。

②インターネット航空雑誌 ヒコーキ雲(管理人:佐伯様)
此方に掲載されている『映画Tora! Tora! Tora!で九七艦攻と零戦に変身したテキサン』という記事を参考に、テキサンを改造しました。
特に府中飛行場で97艦攻へ改造中の画像は、改造内容が非常に良く判るもので製作のポイントを考える手助けとなりました。
イメージ 4
イメージ 3

イメージ 2













(Copy Right 佐伯邦昭様)
※こちらの画像は管理者の佐伯様の了解を得て掲載しています。

最後は海外のサイトです。
③"The making of TORA! TORA! TORA!"
此方はアメリカ在住のDaveさんの個人サイトですが、アメリカ側の製作内容が非常に良くわかる貴重な画像が多く掲載されています。
特に以下の記事は映画改造機ファン?の方は必見でしょう。
BT-13ヴァルティーがどの様な工程を経て99艦爆に生まれ変わるのか良く判ります。
Daveさんへお礼を兼ねてジオラマ画像を送った所、非常に喜んでくれた事も製作者冥利につきます。

以上がジオラマ製作で参考にさせて頂いた資料になります。
この場をお借りして御礼申し上げます。
有難う御座いました!!!


最後に告知を指させてください。
(画像が既に掲載されているのでOKと思いますが)5月15日発売の『艦船模型スペシャル No.64』に自分のオリスカニー製作記事が掲載されます。
ブログに掲載されているスマホ画像は全く違う、プロのカメラマン様に撮っていただいた写真は鮮明でビックリです・汗
宜しければ是非ご覧下さいませm(__)m

ではでは

この記事に

開く コメント(14)

こんにちは。
GW最終日、皆様如何お過ごしですか?
自分は家族サービスは近場で済ませて、ひたすら赤城ジオラマに取り組んでいました・汗

メイン作業はフィギュアの増産と高角測距儀の追加製作です。

一部のフィギュアには脚立を持たせたり、台車から荷物を移動するシーンを再現しました。

イメージ 1

イメージ 2


フィギュアの1人には当時のスタッフジャンパーを着せました(赤色の非常に派手なものです)。

イメージ 3

こちらは『木で軍艦をつくった男』の主人公、近藤司さんをモデルにさせて頂きました。

イメージ 4

※出典『木で軍艦をつくった男』ボイジャー刊

氏は『トラ・トラ・トラ!』日本シーンの美術監督の下、美術チーフとして赤城や長門のオープンセット建造の現場を指揮された方です。
撮影中もセットの保守に腐心されていました。

撮影スタッフの傍らで様子を見守っています。

イメージ 5


Abby氏から支援物資として頂いたダイハツ製オート三輪もプチ改造して配置しました。オリジナルは緑色でしたが自分のオート三輪のイメージに従い青色に塗装し直しました。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


追加製作した高角測距儀です。

イメージ 9

イメージ 10


完成画像です。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17


今の自分の懐具合では精一杯のフィギュアの量ですが、引き続き少しずつ増やしていきたいと思います。

途中、長期ブランクがありましたが、先ずは完成出来て安心しました。

静岡でお待ちしております(^^ゞ!

ではでは

この記事に

開く コメント(38)

こんばんは。
明日もメーデーで会社が休みなので深夜まで模型製作続けてました。

夜食を食べるシーンですが鐵さんのコメントにヒントを頂きフィギュアを追加しました。

イメージ 1

姉さんかぶりをした女性2体とお盆にうどんを乗せてエキストラに薦める男性1体です。
空間の密度が増してストーリー性も高まりました♪
鐵さん、有り難う御座いましたm(__)m

今回増やしたフィギュアやシーンはこちらです。

イメージ 2

撮影監督と周囲スタッフの集まりです。

イメージ 3

照明の電源ケーブルを準備中です。

イメージ 8

パレットに箱やケーブルを纏めています。

他にもポツポツとフィギュアを追加配置しています。

イメージ 6

イメージ 7


全体の画像です。

イメージ 4

イメージ 5


まだまだ足りませんから引き続きフィギュアを増産していきます。
ではでは

この記事に

開く コメント(26)

こんにちは。
いよいよGW突入ですね♪
とは言え我が家は遠出はせず近所でお茶を濁す予定です・笑

さて前回プラ爺さんのアイデアで撮影中の食事風景を取り入れる事にしました。
シチュエーションは夜間撮影準備しながら合間を見て夜食のオニギリを食べる、と言うものです。

こちらがオニギリを頬張るエキストラの方々です。

イメージ 1


こちらはオニギリと一緒に出されたケンチンうどん(が入った大鍋と言う設定です)・汗

イメージ 2


こんな風に配置してみました。

イメージ 3

折り畳み机の上にオニギリの皿、丼が積まれたトロ箱、鍋はパレットの上に置きました。
実は飛行甲板セットの脇には大きなスロープが設けられており、人力で荷物を甲板上に搬入する事が出来ました。

イメージ 6

※出典『木で軍艦をつくった男』ボイジャー刊

イメージ 4

イメージ 5

撮影風景の雰囲気が高まったでしょうか?
プラ爺さん、アイデア有り難う御座います。

引き続きチマチマ工作を続けますp(^^)q!
ではでは

この記事に

開く コメント(26)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事