Toscanini

すべて表示

今年はGershwin誕生120年

George Gershwinの作品は20世紀音楽として避けては通れないものだ。 私は三つの作品しかよく聴かないのだが、Gene KellyとLeslie Caronで映画化された「パリのアメリカ人」(この映画確かたくさんのアカデミー賞を取ったと記憶している)はかなり知られている。 それから https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/66661366.html でも紹介しましたRhapsody in Blue。 ここでは美人のピアニスト(カミサンに言わせるとIngrid Bergmanに似ているそうだ)に目が移ってしまうので、上記と同じToscaniniの演奏で。 ここでクラリネットを拭いすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

バカが読む朝日新聞のくやしさがにじむ記事だ。 しかしこの期に及んで、いまだに「日韓議員連盟」なんかが存在すること自体がおかしすぎる。 よっぽどうまい蜜を吸っているのだろうね。 額賀はともかくもノコノコついていくやつらはどいつもこいつも国賊だね。 額賀が本当に真剣な表情で文在淫にメッセージ ...すべて表示すべて表示

引用した記事の産経の副見出しは「領土や憲法、政局に埋もれ」というもの。 安倍首相がどれだけ憲法改正や領土問題に必死なのかはわからないが、結局そういう根本的に重要な問題は先送りされてしまった。 どの程度まじめに考えているのかなぁ?という疑問が残った。 結局は重要なことを討議させなかった夜盗(含む公明党)の勝 ...すべて表示すべて表示

日本政府のこの及び腰の態度は、ファーウェイの製品は安全だと保障するような誤解を与えるもの。 買い控えが生じたっていいじゃないか。 はっきり言わないところに、政府関係者へのハニトラ、ゼニトラの影が見えるのだ。 笑点の歌丸の後継に昇太が決まった時、圓楽が思わず昇太に(打合せすみのセリフだろうが)「いくら払った ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事