https://kenbouhoushi.blog.fc2.co

https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/に引っ越しました。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

これが日本政府、とりわけ外務省の実力だと思うほかはない。

外国から売られた喧嘩は負けるが一番、外務官僚どものメンタリティというかマインドセットはそういうものなのだ。

我が国の最大の国賊は、民主党でもなく、朝日新聞でもなく、外務省官僚なのだ。

これまでこの種の売られた喧嘩で、日本が勝ったことがあるか?尖閣だって敗色同然。アメリカ様の一声で何とか保たれている。

朝鮮淫売婦の文書が登録されなかったといって喜んでいるバヤイじゃない。世界各地に淫売婦像はどんどん建立され、何も知らない少女たちの淫売婦への憧れを助長している。

将来は銅像になるような淫売婦になりたいと思っている少女がいても不思議ではない。

多くの同じ方向のBloggerの皆さんは、ユネスコへの分担金の支払いを止めよとか、支那へのODAを中止しろとかまっとうなご意見だ。

だが問題は政府である。安倍晋三はこれまでの首相としては卓抜な存在であることは言を俟たない。

とりわけ小沢、鳩山、菅の民主党政権の後では雲に聳えるように見える。

しかし、分担金の棚上げとか支那へのODAの中止とかに至るまでの成長を遂げているかどうかは未知の領域だ。小泉さんならやっただろうがね。小泉さんは堂々とやった8月15日の靖国参拝。安倍晋三を評価する一つのクライテリオンだ。

期待はするが登録解除まではいかないというのが法師の見立て。

ユネスコだって、兵糧を絶たれたくらいでは撤回はしまい。何しろハニートラップや賄賂が効いている。

南京も朝鮮淫売婦も日本側から見れば事実ではない。「あれは事実ではない」と繰り返し言い募るのも大事だが、支那や南朝鮮の「あることないこと」もしくは「ないことないこと」を事実として喧伝して実績を上げている手法こそ見習うべきだ。

「事実ではない」ことをも日本側は創作して言い募る必要がある。たとえば「朝鮮淫売婦が、1955年に日本政府にあてた感謝の手紙」くらいでっち上げてもいいだろう。

何しろ落語の世界には小野小町が清水の次郎長にあてた恋文や頼朝の幼少のころのシャレコーベ(頭が小さい)だってあるのだ。

そういう機智を考えないところに日本人の弱さがある。

「沈黙は金」とか「ペンは剣より強し」というのは19世紀までのことだ。

情報戦争の21世紀、潔癖こそが愚者の最大の自爆兵器であることを忘れてはならない。

日本人よ、口惜しかったら、支那と南朝鮮に学べ!


2015.10.11 07:00

【世界記憶遺産】中国の嘘への反論足りず 日本は歴史問題で主張し続けなければならない

http://www.sankei.com/images/news/151011/plt1510110006-n1.jpg 30万人という犠牲者数を記した南京大虐殺記念館の壁=5日、中国江蘇省南京市(共同)
 中国が記憶遺産に登録申請した「南京大虐殺文書」は認められ、「慰安婦関連文書」は登録されなかった。その違いは何だったのか。日本人自身がどれだけ、中国や韓国がねじ曲げた「歴史」を正す努力をし、国際社会に声をあげてきたかの差ではなかったか。 (<−すべて外務省の無能のせいだ。)
 慰安婦問題についていえば、ここ数年で「慰安婦募集の強制性はなかった」「慰安婦は性奴隷ではない」という事実は、これまでにない規模で国際社会に発信されるようになった。昨年、朝日新聞が、慰安婦狩りを証言する本を書いた吉田清治氏の記事を取り消したことも大きかった。史実を伝えようとする民間の動きは格段に拡大した。
 一方、南京事件については慰安婦問題ほどの取り組みはまだみられない。
 南京事件が「南京大虐殺」として国際的に定着することに大きく影響したものがある。昭和46年に朝日新聞で連載された本多勝一記者(当時)の『中国の旅』と、中国系米国人、アイリス・チャン氏の著書『ザ・レイプ・オブ・南京』だ。日本兵が残虐だったというイメージは前者によって国内で広がり、後者は世界中に衝撃を与えた。
 しかし、この2つを含む南京事件に関する中国の嘘は日本人の歴史家などがことごとく暴いてきた。中国のプロパガンダへの反証材料はそろっており、民間人が自発的に英語で発信する取り組みも始まっている。
 問題は日本政府、特に外務省だ。今回の記憶遺産をめぐっても外務省内からでさえ「対応はひどかった」との批判がある。7月の世界文化遺産もそうだったが、中韓から売られた“歴史戦”への対応が相変わらず不十分なようだ。
 「南京大虐殺文書」が登録されたことには「負の遺産があってもいい」という声がある。真実なら「負の遺産」もいいが、「嘘の遺産」はあってはならない。日本は官民挙げて、真実を国内外で粘り強く主張していかなければならない。いかに時間のかかる作業であったとしても。
 (田北真樹子)

©2015 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

閉じる コメント(6)

顔アイコン

だから中共が言う「山の様な動かぬ証拠」というやつを出せと言うべきなのです。これは日本軍による「殺人事件」。殺人事件にはまず「死体」がなくては。何でも南京市には、「ナンチャラ記念館」とかいうのがあって、そこには「日本軍により惨殺された同胞の遺骨」が展示されているとか。なんでそれを検死、司法解剖しないのですか?かれこれ45年以上そこで見世物になってるじゃありませんか。このままじゃああの「記念館」なんぞ、「遊園地のお化け屋敷と同じだ」くらいは、日本の外交官なら、言ってもいいでしょ。ユネスコには、どんな「証拠」を見せたんですかね。

2015/10/12(月) 午後 4:47 [ ogu*ita* ] 返信する

顔アイコン

> ogu*ita*さん、おっしゃることは誠にごもっともなんですが、外務官僚が支那からのハニトラや賄賂をもらっているとしか思えませんので、期待しても無理でしょうね。

2015/10/12(月) 午後 5:30 憲坊法師 返信する

顔アイコン

南京大虐殺は古代支那から明朝や太平天国の乱など何度もあったので、骨を出せと言われれば幾らでも出てくる。
共産党が潰れる時、また何千万人何億人骨になるやらw

2015/10/12(月) 午後 10:28 [ 陸奥掃部助 ] 返信する

顔アイコン

> 陸奥掃部助さんそんな昔に遡らなくても毛沢東や胡錦濤のやったことから骨はいくらでも供給できますよ。
共産党がつぶれるときは骨壺業者が儲かりますが、彼らも骨にされてしまうかもね。

2015/10/13(火) 午前 9:46 憲坊法師 返信する

顔アイコン

まずは支那へのODAを即刻やめなければなりません。
そして、ユネスコへ分担金の拠出も即刻拒否しなければなりません。
また、日本は、国連からの脱退する方が良いです。
あと、政府の「非戦闘員の殺害があったことは否定できない」という無知丸出しの見解を変更しなければなりません。

2015/10/13(火) 午後 11:54 coffee 返信する

顔アイコン

>deliciousicecoffeeさん、日本の害になる機関や国家への拠出金ほどマゾヒスト日本を象徴することはありません。日本はもっとサディストになって、害をなす国家群や機関を壊滅しなければならないのです。

2015/10/15(木) 午後 10:45 憲坊法師 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事