https://kenbouhoushi.blog.fc2.co

https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/に引っ越しました。

全体表示

[ リスト ]

支那は、まずは核武装をして、次に実際にソ連と戦争をして、さらにその後も戦争をする覚悟を維持したまま核軍拡やその他の軍事力を増強した結果、支那が主張していた大部分の領土をロシアから奪い取ることに成功した!

日本も、ロシアからの領土奪還に関しては支那を見習わなければならない!



https://www.htb.co.jp/news/archives_4376.html
酒に酔い維新議員 島返還に戦争持ち出し元島民抗議
2019/05/13(月) 15:48 HTB

【HTBニュース】ビザなし訪問で維新議員が島返還に戦争持ち出し 元島民抗議  北方領土

 13日、北方四島の国後島から帰港したビザなし交流の訪問団。この訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆議院議員の発言をめぐり、元島民らから抗議を受けていました。

 丸山穂高衆議院議員は11日、現地で島返還の手段として戦争を持ち出し、元島民らから抗議を受けていました。

 同行した記者が録音した丸山議員の音声です。

 丸山議員音声「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」
 団長「戦争で?」
 丸山「ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」
 団長「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 丸山「でも取り返せないですよね?」
 団長「いや、戦争はすべきではない」
 丸山「戦争しないとどうしようもなくないですか?」 
 団長「いや、戦争は必要ないです」
 
 丸山議員とやりとりをした訪問団の団長で、元島民の大塚さんは「私は真っ向から反対いたしました。戦争で取るとか取らないか、そんなこと私は聞いたこともありませんしね」と話しています。丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」だとし、「北方領土を戦争で取られたわけですから、取り返すということに対して賛成か反対か聞いたと。別にそういう話があってもいいわけじゃないですか。それに対して何をダメだとおっしゃっているのかよくわからないです」とコメントしています。丸山議員の発言について日本維新の会の松井代表は、
 「戦争で取り返すようなことは、我々党として一切考えはありません。武力での解決というのは僕にはないですね」と話しています。

丸山穂高経歴プロフと結婚で嫁妻子
丸山穂高衆議院議員「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」

20190515丸山穂高は良いこと言ったのだから謝罪するな!島返還には、核武装した上で、戦争をする覚悟が必要
丸山「ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」


20190515丸山穂高は良いこと言ったのだから謝罪するな!島返還には、核武装した上で、戦争をする覚悟が必要
大塚小弥太団長(89)「私は真っ向から反対いたしました。戦争で取るとか取らないか、そんなこと私は聞いたこともありませんしね」

20190515丸山穂高は良いこと言ったのだから謝罪するな!島返還には、核武装した上で、戦争をする覚悟が必要
日本維新の会の松井代表「戦争で取り返すようなことは、我々党として一切考えはありません。武力での解決というのは僕にはないですね」

■動画
【HTBニュース】ビザなし訪問で維新議員が島返還に戦争持ち出し 元島民抗議  北方領土
https://www.youtube.com/watch?v=hTYj_W5bAKU






丸山穂高は現実を直視した発言をした。

それに比べて、大塚小弥太団長(89)は、完全に平和ボケしている。

今のまま安倍首相や河野外相がロシア相手に交渉しても、北方領土なんて帰って来ない!

現実的に日本がロシアから北方領土を奪還できるのは、ロシアが他国と戦争して敗北した時などが最大のチャンスとなる。

実際にソ連(ロシア)も、日本がアメリカ相手に戦争で敗北した後に北方領土を奪い取ったのだからだ。

ただ、日本としては、そんなチャンスを待っていても仕方ないので、自ら核武装して戦争をする覚悟をして奪還を目指すべきだ!

現実的には、核ミサイルを何千発も保有しているロシアに対して、日本が領土奪還のための自衛戦争をすることは無理だ!

したがって、まず、日本は核武装を実現しなければならない。

次に、日本は、北方領土で武力行使をする覚悟でロシアと対峙しなければならない。




日本にとっては、1969年の「中ソ国境紛争」と、その後1991年、1994年及び2004年に結ばれた「中露国境協定」が、大変参考になる!

1969年の「中ソ国境紛争」と、その後1991年、1994年及び2004年の「中露国境協定」こそが、「ロシアから領土を奪還するなら、まずは核武装し、次に武力行使(戦争)をする覚悟が必要だ」ということを証明している!



支那は2004年までに、支那が自国領だと主張するもののロシアが実効支配していた領土の大半を手に入れることに成功したが、その経緯は次のとおりだ。

1964年10月16日、東京オリンピックの開催中に支那は侵略した東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)にて初の核実験を行った。

1967年6月17日、支那は初の水爆実験を行い、アジア初の核保有国となった。

1969年3月、核武装した支那は、アムール川(黒竜江)の支流ウスリー川の中州であるダマンスキー島(珍宝島)の領有権を巡って大規模な武力行使(戦争)をした。(珍宝島事件、ダマンスキー島事件)。

これが「中ソ国境紛争」(戦争)の始まりだ。

1969年8月には、支那が繰り返し核実験を行っていた東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)でソ連との軍事衝突が起こった。

その後、1970年代や1980年代に支那とソ連は国境画定への協議や交渉を継続したが、当時は支那がまだ弱かったので支那は有効な成果を得ることができなかった。

支那が成果を得られるようになったのは、支那が物凄い勢いで軍事力を増強する一方で、ソ連が崩壊しそうになった頃からだった!

ソ連崩壊の直前の1991年5月16日、「中ソ国境協定」(中露東部国境協定)が結ばれ、それまで双方が管理下にあると主張してきた珍宝島(ダマンスキー島)に関し、島が支那に帰属することで合意した。

ソ連崩壊後、ロシアは、ソ連から交渉を引き継ぎ、1994年には中央アジア部分に関する「中露国境協定」(中露西部国境協定)が結ばれ、国境の西部の未確定部分54kmが画定し、中央アジア部分の国境問題は全て解決した。

残る未確定地域(総面積:375平方キロ)については解決困難とされていたが、2004年10月14日に結ばれた「中露国境協定」により、ロシアは実効支配していたタラバーロフ島の全域と大ウスリー島の西半分を支那に返還することにした。




結局、支那は、まずは核武装をして、次にソ連と戦争をして、さらにその後も戦争をする覚悟を維持したまま核軍拡やその他の軍事力を何百倍にも増強した結果、支那が主張していた大部分の領土をロシアから奪い取ることに成功したのだ!

日本も、この点に関しては支那を見習わなければならない!




今回の丸山穂高議員の発言は、上記の現実を踏まえた上での発言だったと考えられる。

それに対して、すっかり平和ボケしている大塚小弥太団長(89)などの元島民や日本の反日マスコミや日本政府や日本維新の会の松井一郎や殆ど全ての国会議員が寄って集って丸山穂高を袋叩き状態にバッシングしている。

はっきり言って、今の日本政府が今のままロシアと交渉を継続しても、北方領土なんて帰って来ない!

今回の丸山騒動は、とことん日本が平和ボケした駄目国家になっていることを改めて証明した!




丸山穂高も謝罪なんかしなけば良かったのだが、簡単にヘタレて謝罪してしまった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-05140810-nksports-soci
除名の丸山穂高議員が謝罪ツイート「今後は無所属」
5/14(火) 19:56配信、日刊スポーツ

北方領土の返還について「戦争をしないと、どうしようもなくないですか」などと発言し、日本維新の会から14日、除名処分を下された丸山穂高衆院議員(35)が同日、ツイッターを更新した。

その中で「今回の件でご迷惑やご心配をおかけした全ての皆様へ心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

また「朝方、離党届を提出し、先ほど党紀委員会等にて除名処分となりました」と除名処分を認めた上で「虚心坦懐にその処分を受けとめるとともに、これより先の期間は無所属にて活動する中で、残りの政策の実現に向けて一つ一つ前に進めてまいります」と、今後は無所属で活動していく考えを示した。

丸山氏は11日、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した際、酒に酔い、大塚小弥太団長(89)に対し「ロシアが混乱しているときに取り返すのはオッケーですか」「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと質問した。その発言が不適切だったとして、日本維新の会に離党届を提出したが、受理されず除名処分となった。

丸山衆院議員はツイッターで「会見でも申し上げたとおり今回の北方領土に関する発言につきまして、元島民の皆様を始め、領土の返還を願い、その実現に向けてご尽力されて来られた全ての国民の皆様に謝罪申し上げます」(コメントは原文のまま)と謝罪した。

◆丸山穂高(まるやま・ほだか)84年1月10日、大阪府生まれ。東大経済学部卒業後、経産省入省。約3年で退官し、松下政経塾を経て12年衆院選で初当選。現在、衆院沖縄北方問題特別委員会に所属し、その流れで今回の訪問団に参加した。衆院大阪19区、当選3回。




人気ブログランキング

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/d_02.gif
FC2 ブログランキング



●関連記事
首相「2島先行返還」軸に日ロ交渉へ・4島一括から転換・日本が核武装するまで領土問題で譲歩するな
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7288.html


(一部再掲載)

北方領土を取り戻すためには、まずは日本が北方4島だけではなく、千島列島全島と南樺太の領有権を主張すべきだ。
北方領土を取り戻すためには、まずは日本が北方4島だけではなく、千島列島全島と南樺太の領有権を主張すべきだ。

全千島列島と南樺太の返還要求こそ、歴史的・国際法的に最も筋の通る主張だし、現実の政治的外交交渉としても最高の方法だ。

日本が最初から4島しか要求しないために4島か、それとも妥協して2島かで意見が分かれて揉め、「2島返還論」が根強く出て来て領土問題が進展しない。

日本が4島は勿論のこと千島列島全島と南樺太の領有権を主張すれば、引き分けや妥協した結果が「4島返還論」となり、領土問題が解決し易くなる。


平成24年(2012年)8月22日の「アンカー」で青山繁晴も、全千島列島と南樺太の領有権を主張するべきと訴えていた。
平成24年(2012年)8月22日の「アンカー」で青山繁晴も、全千島列島と南樺太の領有権を主張するべきと訴えていた。

平成24年(2012年)8月22日の「アンカー」で青山繁晴も、全千島列島と南樺太の領有権を主張するべきと訴えていた。

最初から4島しか返還要求しないから、2島返還論などというトンデモないことが議論されてしまい、何時まで経っても北方領土を取り戻すことができないのだ。



次に、日本が核武装しなければ領土問題は解決しない。

2004年10月14日に結ばれた「中露国境協定」により、ロシアは実効支配していたタラバーロフ島の全域と大ウスリー島の西半分を支那に返還することにした。

2004年10月14日に結ばれた「中露国境協定」により、ロシアは実効支配していたタラバーロフ島の全域と大ウスリー島の西半分を支那に返還することにした。

↓ ↓ ↓

2004年10月14日に結ばれた「中露国境協定」により、ロシアは実効支配していたタラバーロフ島の全域と大ウスリー島の西半分を支那に返還することにした。
ロシア大統領のプーチンと支那国家主席の胡錦濤による政治決着で、2004年10月14日「支露国境協定」が結ばれ、ロシアが実効支配していたタラバロフ島の全域と大ウスリー島の西半分は支那に明け渡された。(大ウスリー島の東部はロシアに帰属し、また内モンゴルのアバガイト島は支露両国に二等分されることで最終決着した。)


なぜならば、支那の核ミサイルが十分に増強され、ロシアは軍事的脅威の観点から支那との紛争の原因となる領土問題の完全決着を迫られたためだ!
なぜならば、支那の核ミサイルが十分に増強され、ロシアは軍事的脅威の観点から支那との紛争の原因となる領土問題の完全決着を迫られたためだ。
なぜならば、支那の核ミサイルが十分に増強され、ロシアは軍事的脅威の観点から支那との紛争の原因となる領土問題の完全決着を迫られたためだ。

経済的にも軍事的にも膨張する支那と領土問題を放置しておくことは、ロシアの安全保障にとって放置できない極めて重要な問題となったのだ。

支那は、愚かな日本政府のようにロシアと「共同経済活動」なんて、やっていない!

ロシアが実効支配していた領土を支那に明け渡した2004年10月14日締結の「中露国境協定」こそが日本の領土問題に関する最大のヒントだ。

たとえロシアが実効支配を続ける土地であっても、核武装した上で粘り強く貪欲に正当な領有権を主張すれば、その後必ずチャンスは訪れるのだ。

領土問題を解決するためには軍事力が必要であり、日本が核武装(核ミサイルの保有)をしてロシアに日本との友好の必要性を認識させなければならない。

つまり、日本が核武装した上で、戦争をする覚悟を以て、全千島列島と南樺太の返還を強く要求することが、「4島返還」でお互いが妥協する最短の解決策なのだ。




人気ブログランキング

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/d_02.gif
FC2 ブログランキング


★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。








この記事は、FC2ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」の約1日遅れのコピーです。

ランキングのクリックや、コメント、トラックバックなどは、FC2ブログ「
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」にお願い致します。

FC2ブログへのコメントの際には、コメント欄の「名前」にはお名前を、「URL」部分にご自身のブログのURLアドレスを入力するようお願い申し上げます。

転載元転載元: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

閉じる コメント(15)

顔アイコン

deliciousicecoffeeさんのところからの転載です。
丸山議員は誓わなくてもいい断酒を誓ったうえで、ロシヤの安酒を呑んだことは責められるべきですが、言っていることは全く正しい。

2019/5/16(木) 午前 4:58 憲坊法師 返信する

顔アイコン

ロシアの高級ウオッカか根室の辛口の「北の勝」かは知らないが酒でしくじった口だな。島々を奪還するためにやらなくてもいい戦争を仕掛け、そして、ボロ負けし、北海道を攻められて、札幌、釧路などを占領されても、こんどは不法占拠とも言えなくなるだろう。核ってのは持っていてもそう簡単には使えない代物。使うときは国を潰す覚悟もいるだろう。酔っ払いの戯言ですませばいいところをまわりがその戯言を本音と言うのも考えものだ。 削除

2019/5/16(木) 午前 7:12 [ あほてろ ] 返信する

顔アイコン

日本の政治家はホントのことを言うと辞めなければいけなくなるのです。この人、維新の会も除名されてしまったし。そのうちに国会で辞職勧告決議をされて辞表を書くことになるでしょうな。しかしもう少し言いようもあったと思いますなあ・・、「武力行使も辞さない・・覚悟を持って・・」とかナントカ。しかしコレも憲法違反ですわ、イヤ、言うだけなら「言論思想信条の自由」ってとこですか。ま、「悪法も法」ですわ。

2019/5/16(木) 午前 7:31 [ ogu*ita* ] 返信する

顔アイコン

言い続けるのは良いが、憲法の国会議員の憲法順守義務には違反している。

2019/5/16(木) 午前 8:37 [ 櫻(N) ] 返信する

親睦会で酔っぱらって親睦団長に単に結論の是非だけを問うた事が拙いのです。

2019/5/16(木) 午前 9:12 [ あづまもぐら ] 返信する

顔アイコン

> あほてろさん、だから私は
https://blogs.yahoo.co.jp/higashidake/66836776.html
で藤あや子を引用したのです。

2019/5/16(木) 午前 9:41 憲坊法師 返信する

顔アイコン

> ogu*ita*さん、TPOと言い方に問題があるのは確か。
だから修辞学を学校で教えなければならないのです。
松下政経塾では話にならないね。

2019/5/16(木) 午前 9:44 憲坊法師 返信する

顔アイコン

> 櫻(N)さん、憲法自身が憲法の変更を可能にしているのだから、それは当たらないと思います。
国会議員が憲法を順守しなければならないのなら、憲法九十六条は矛盾していることになります。

2019/5/16(木) 午前 9:47 憲坊法師 返信する

顔アイコン

> あづまもぐらさん、まさに
https://blogs.yahoo.co.jp/johgashima_takatori/19219300.html
でおっしゃっているTPOの問題です。

2019/5/16(木) 午前 9:48 憲坊法師 返信する

顔アイコン

無防備にも酔って問題提起をしてしまったことが問題なのでしょうね。
しかも同席していた朝日の記者に録音されていた。
トラップに絡め取られてしまったようですね。

戦争は極限まで避けるべきとは思いますが、武力を所持することでしか解決しない問題があることも愚民は理解すべきです。

2019/5/16(木) 午後 0:36 立花家蛇足 返信する

顔アイコン

> 立花家蛇足さん、武力を保持することを嫌うものですから、ロシア、南北朝鮮、支那にいいようにあしらわれるのです。

2019/5/16(木) 午後 3:43 憲坊法師 返信する

顔アイコン

北方領土奪還について間接侵略以外に良い方法を思いついたw
時と場合いよっては火事場泥棒も必要ですね

2019/5/16(木) 午後 10:15 [ 陸奥掃部助 ] 返信する

顔アイコン

かなり酷い言論弾圧ですよね。
現実問題として今の日本政府の交渉では領土を取り戻すことはできません。
日本が核武装した上で、戦争をする覚悟を以て臨まない限り絶対に無理!

2019/5/16(木) 午後 11:51 coffee 返信する

顔アイコン

> 陸奥掃部助さん、そのためにはこちらも同等の武装をしないと。

2019/5/17(金) 午前 6:59 憲坊法師 返信する

顔アイコン

> coffeeさん、仰る通りです。交渉と言っても外務省がバカばかりですから、どうにもなりません。

2019/5/17(金) 午前 7:00 憲坊法師 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事