https://kenbouhoushi.blog.fc2.co

https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/に引っ越しました。

全体表示

[ リスト ]

5月16日にこういうことを書きました:

そしてdeliciousicecoffeeさんのエントリも転載しました:

丸山穂高は「ほかに方法がありますか?」と聞いただけのことで、「戦争をやりましょう」と言ったわけではない。

「言っていいことと悪いことがある」と言うのは明らかに憲法で保障された言論の自由に対する挑戦だ。そういうことを言うのなら支那や北朝鮮のように言論の自由を保障する憲法を改正すればいい。

結局火事場泥棒に戦争のどさくさに紛れて盗まれたものを取り返すには、戦争以外に何か方法があるとでもいうのか?

ヘタレ日本 丸山議員の言葉で大騒ぎ これじゃぁ北方領土は手放したも同然 」でも藤あや子を引用して書いたように、今の日本じゃ火事場泥棒のおそロシア相手に戦争するには弱すぎる。

まず核武装宣言から始めないで、「話し合いで」と言うのはチャンチャラオカシイ。

大体がだ「話し合いで」などという奴らに限って英語も支那語もできない、日本語ででもまともにディベイトができない。

そんなに話合いが有効だと思うのなら、「お前が行って話合いをしてこいよ」と言いたくなる。

旧島民が生きている間に北方領土が「耳をそろえて」帰って(敢えて「返って」と言う単語は使わない)来るかどうか、ロンドンのブックメーカーあたりの格好の材料ではないのかなぁ?


北方領土、棚上げ鮮明 露外相、日本と立場正反対

日ロ首脳会談へ詰めの調整  河野外相との会談を終え、共同記者発表するロシアのラブロフ外相=5月31日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)
 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのラブロフ外相が31日の日露外相会談後、「(日露の)国境画定の問題は平和条約の締結後に検討する」と発言し、北方領土問題の解決を棚上げする姿勢を鮮明にした。日本政府は「北方四島の帰属問題を解決して平和条約を結ぶ」としてきた。「平和条約」をめぐる双方の立場は正反対で、安倍晋三首相が目指してきた早期の条約締結は難しい情勢だ。
 安倍首相は昨年11月、プーチン露大統領との間で、日ソ共同宣言(1956年)に基づいて平和条約締結交渉を加速させると合意。日本側は、同宣言が言及している色丹島と歯舞群島の返還に向けた協議が進むと期待した。
 ラブロフ氏は、日ソ共同宣言には、「平和条約の締結後」に2島を引き渡すことが記されていると強調。同氏はさらに、共同宣言では2島引き渡しが「ソ連の善意」として扱われており、「宣言に署名した時点で双方は(北方領土を)ソ連領とみなしていた」との主張も持ち出した。
 平和条約は本来、戦争終結を宣言し、領土や賠償金などの講和条件を規定する。ラブロフ氏の発言からは、ロシア側が国境画定を伴わない善隣友好条約のような内容を目指していることが浮き彫りになった。
 ラブロフ氏は、北海道−サハリン(樺太)間のビザ(査証)撤廃が優先課題だとも主張。日米安全保障条約が平和条約交渉の障害になっているとし、日本側に改めて揺さぶりをかけた。

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

閉じる コメント(4)

"話し合い"に就いて話し合おうとすると話し合いわずに"話し合い"のゴリ押ししかせぬ"話し合い"派。

2019/6/2(日) 午後 0:43 [ あづまもぐら ] 返信する

顔アイコン

> あづまもぐらさん、IQ低い派。

2019/6/2(日) 午後 3:24 憲坊法師 返信する

顔アイコン

話し合いで・・・・なんていうのは「俺は万能だ」と言っているのと同じです。
拉致問題同様に「お前は行って取り戻して来い」と言いたくなりますね。
ブックメーカー?賭けになりません

2019/6/3(月) 午前 0:10 [ 陸奥掃部助 ] 返信する

顔アイコン

> 陸奥掃部助さん、安倍さんも「外野うるさいっ!」と言えばいいのにねぇ。

2019/6/3(月) 午前 8:28 憲坊法師 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事