全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4211ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

何をどうしろと言っているのかちょっと理解に苦しむが、いじわるな解釈をすれば「直接会っての会話」をするような内容のものを近頃の若者はそれほど持ってはいない現状を指摘したいのかなぁ?


2017.9.25 05:01

【主張】国語世論調査 「対面」重視の意気や良し

 文化庁が公表した平成28年度「国語に関する世論調査」は、高度化、多様化する一方の情報社会におけるコミュニケーションのあり方を改めて問う形となった。
 注目されるのは、「最も親しい人に本音を伝えやすい手段」として「直接会っての会話」を挙げた人が9割を超えたことである。年代別では20代の94・3%が最高だった。対面型のコミュニケーションが重視されているのは健全な傾向といえよう。
 「誤解やトラブルを招きやすいと感じる手段」では「SNS(会員制交流サイト)やブログでのメッセージ」が約44%と最多で、10代(16〜19歳)は8割強、20代は7割強の高い数値を示した。2位の「パソコンなどでのメール」を含めた非対面型の手段に潜むリスクが、利用率の高い若者層に広く認識されていることが分かる。
 ただ一方で、インターネット上で批判が殺到する「炎上」現象を目撃した際、20代の10・7%が「書き込みや拡散をすると思う」と答えた。全世代平均の約4倍と突出している。誰もが世論を喚起できるSNSの特性などに鑑みれば、不安を禁じ得ない。
 ネット世界には正当な情報に交じって悪意や偏見、誤解に基づく情報も大量に出回っている。炎上した情報を匿名掲示板などでさらに拡散させれば、特定の人への中傷など人権侵害につながる恐れもある。社会全体でリスク回避を含めたネットリテラシー(活用能力)の向上を図りたい。
 伝統的には重言とされる「あとで後悔」「一番最後」といった表現について、「気になる」「気にならない」がほぼ拮抗(きっこう)した。「常日頃」や「1時間の間(あいだ)(に仕上げる)」なども日常的に用いられ、著名な作家も「あとで後悔」を使っていることを思えば、重言を一概に誤用とは断定できまい。
 とはいえ、無自覚のままどんな表現でも使ってしまおうとする態度は好ましくない。国語への関心を高め、自らの言葉遣いが世間一般に容認され得るものか否かを常に意識することが大切だ。
 「くじける」の意で「心が折れる」を、「驚き、あきれた表情になる」の意で「目が点になる」を使う人の割合は、世代間で大きな開きがある。相手に応じた表現を心掛けないと思わぬ齟齬(そご)が生じ、良好なコミュニケーションも成立しなくなる。注意したい。

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

まぁね、女性防衛大臣としては「前」と「元」ではレヴェルが確かに違うが、都政はどうなるんだろう?

原発問題を取り上げるようでは、孫三人の選挙権も左右される。

今度は自民党に投票させようかな。

小遣いを餌に買収します。


2017.9.25 22:12

【希望の党】小池百合子都知事、「希望の党」結党へ 自ら代表就任…公明党反発で都議会知事与党、過半数割れも

http://www.sankei.com/images/news/170925/plt1709250111-n1.jpg 新党の名称が「希望の党」に決まり、会見に臨む東京都の小池百合子知事=25日午後、東京都新宿区の都庁(福島範和撮影) 
 東京都の小池百合子知事は25日、都庁で臨時の会見を開き、自ら国政新党「希望の党」を立ち上げて代表に就任すると発表した。都知事のまま新党のトップとなる。小池氏は会見で「私がしっかりと旗を掲げる。結党宣言だ」と述べた。一方で都知事として国政政党を率いる“二足のわらじ”については「国政で(自分の考えを)代弁する勢力を確保するのが東京にとってもプラスだ」と説明した。
 次期衆院選での新党の擁立規模は明言を避けたが「政権選択選挙になる」と指摘。「候補者には多くの方々から手を挙げてもらっている。オールジャパンで取り組む」として、全国で擁立する意向を示した。一方で、「選挙さえしのげればいいと思っている方への有権者の目は厳しい」とも述べ、候補者選定は新人も含めて精査する考え。側近の若狭勝衆院議員を中心に進めてきた新党結成の流れは「綱領や政策を積み重ねていただいているが、いったんリセットする」とした。
 政策としてはしがらみのない政治や情報公開の徹底、アベノミクスに代わる経済戦略、原発ゼロ、9条だけにこだわらない憲法改正などを掲げた。
 小池氏の新党代表就任の意向を受けて、都議会公明党の東村邦浩幹事長は「都政に集中して改革を進めるというから知事に協力してきた。国政進出は不愉快で、関係を改めざるを得ない」と述べ、都議会最大会派で小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」との連携解消に向けた検討に入った。
 小池氏は25日、小泉純一郎元首相と都庁内で会談した。小池氏は会談内容について報道陣に「原発です」と述べた。小池氏によると、会談は約20分間に及び、小泉氏からは「頑張れ」と激励されたという。

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

同僚はなんで気付いたのだろう?

そちらの方のレポートも頼みます、産経さん。


2017.9.25 13:36

女性署員が管内のキャバクラ店に勤務 同僚気づく「軽率だった」 大阪府警

 大阪府警茨木署に勤務する20代の女性署員が、管内のキャバクラ店でホステスとして勤務していたことが25日、分かった。府警は地方公務員法で禁じられている無許可兼業に当たるとして処分を検討している。
 府警監察室によると、女性は署の総務課で事務などを担当する一般職員。今年8月下旬〜9月上旬、大阪府茨木市内のキャバクラ店に数日間勤務して数万円の報酬を受け取っていた。休日に働いたり、署での勤務後に店へ寄ったりしていたという。
 同僚が気づき、上司に報告して発覚した。女性は府警に採用される前に別のキャバクラ店で働いた経験があり、「お金が欲しくて自分から入店した。軽率だった」と話したという。

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

他人様のエントリにコメントをしたり、自分がエントリしたりすると、頻繁に下のようなメッセージが現れ、入力が妨害されます。

一応yahoo.co.jpなどののurlなのですが、何か怪しげですね。

メッセージにある”Yahoo home page"のurlはttp://us.rd.yahoo.com/400/*http://www.yahoo.comです。▽は"h"です。

いずれのリンクもこのページ上では解除してあります。

皆さんのところはいかがですか?

Yahoo - Help
Your browser sent a request that this server could not understand.
Additionally, a 400 Bad Request error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.
Please check the URL for proper spelling and capitalization. If you're having trouble locating a destination on Yahoo, try visiting the Yahoo home page or look through a list of Yahoo's online services. Also, you may find what you're looking for if you try searching below.

この記事に

開く コメント(0)


目下人質中のナンチャラ云う外務大臣がニューヨークを離れ次第、アメリカ本土を攻撃しなければなりません。

領空近くを巡行する米軍機を撃ち落すなどということは児戯に過ぎません。

ミサイルでアメリカ本土を核攻撃する。それでこそ私が「閣下」という敬称を持ってお呼びさせていただいてるではないですか。

ここで引き下がるようでは、私の「閣下」の名が廃ります。


2017.9.26 00:52

【北朝鮮情勢】トランプ氏発言は「明確な宣戦布告だ」 北外相、あらゆる対抗措置を強調

http://www.sankei.com/images/news/170926/wor1709260005-n1.jpg トランプ米大統領の一連の発言に「宣戦布告だ」と反発した北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相(ロイター)
 【ニューヨーク=上塚真由、ワシントン=加納宏幸】ニューヨークを訪問中の北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は25日午前、トランプ米大統領の一連の発言は「明白な宣戦布告だ」と述べ、米爆撃機の撃墜を含め自衛的対応措置を取る権利が北朝鮮にあると主張した。
 李氏は、米空軍の戦略爆撃機などが北朝鮮の東方沖合の国際空域を飛行したことを念頭に、「米国が宣戦布告をした以上、戦略爆撃機がわれわれの領空を越えなくても、撃ち落とす権利を含めて、あらゆる自衛的対応措置を取る権利がある」と強調した。
 一方、トランプ氏は24日、北朝鮮、ベネズエラ、チャドの3カ国を新たに米国への入国禁止措置の対象とする大統領令に署名した。10月18日に発効。大統領令は北朝鮮に関し「あらゆる面で米国に協力せず、情報共有の要件も全く満たしていない」と指摘した。

©2017 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

全4211ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事