全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4367ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

実は昨晩我が家では「鍋」であった。

スーパーでは白菜の値段を見て驚いた、何と四分の一が199円(税抜き)!!!

仕方がないので購入したのだが、恐ろしい季節になったものだ。

だが野菜にまでMade in Chinaねぇ。

年を取るほど命が惜しくなるから、これから野菜も産地に気を遣うことになるね。

メタミドホス入り野菜なんて怖いもんね。


2018.1.15 21:19

【野菜高騰】「代替野菜で工夫」「乾物に挑戦」売る側も買う側も四苦八苦

http://www.sankei.com/images/news/180115/lif1801150072-n1.jpg 店頭に並ぶ野菜。価格の高騰が続いている=15日午後、東京都新宿区の新宿八百屋(春名中撮影)
 「中国産の野菜を入荷」「代替野菜を使って」-。葉物野菜の価格高騰が続く中、生産者や小売業者、消費者らはそれぞれの立場で、影響を最小限にとどめようと四苦八苦している。
 「安定供給のために急いで育てようと、早めにビニールをかけているけど…」
 冬レタスの生産地として有名な静岡県中部のJAハイナンの担当者は、そう漏らす。昨秋の長雨や低温で種まきの時期や生育が遅れたため、各農家では例年より早めにビニールでレタスを温め始めた。ただ、生育が悪く小ぶりなため、通常なら1箱当たり19個程度入れて出荷するところ、今季は22個程度入れる必要がある。出荷量は「例年の7割」(担当者)といい、需要に追いついていない。
 東京都中央卸売市場によると、1月5〜11日の野菜や果物の卸売価格は、依然として多くの品目で平年を上回った。最も取引の多い価格帯で、レタスは1キロ当たり686円と平年の約3.4倍、大根は229円で約2.7倍、白菜は213円で約1.5倍だった。
 東京・新宿の「新宿八百屋」は例年1個300円台後半の国産白菜の店頭価格が、今年は600円台に突入。これに対応するため、昨年末から白菜とキャベツは中国産の取り扱いも始めた。中国産白菜は350円ほどで購入できるため、「メニューに多く白菜を使う飲食店などの需要が高い」(担当者)という。
 葉物野菜は冬場に鍋料理で需要が高まることから、首都圏を中心に展開するスーパーでは「代替野菜として1袋100円ほどの豆苗を目立つ場所に置くなど工夫している」と説明する。
 一方、「この機会に調理方法や味わい方の概念を見直してみてはどうか」と消費者に呼びかけるのは、料理研究家の中山桜甫さん(60)。大根やカブの葉などを、あえ物や炒め物に使ったり、和食に使われる野菜を洋食にも使ったりすることを提案する。東京都文京区のパート社員、小峰裕子さん(36)は「これまで使う機会の少なかった切り干し大根や干しシイタケなどの乾物を使った料理にも挑戦している」。
 この高値はいつまで続くのか。市場関係者は「白菜は3月ごろまでは高値が続くだろう」と予測。一方、JAハイナンの担当者は「レタスは遅れて成長した分が2月ごろから市場にあふれ、逆に価格が急落するかもしれない」との見方を示した。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

この記事は産経の地方版から。全国的にどうなのかはわからない。

確かに悲惨な事故であったし、知人友人を失った人たちや関係者が慰霊(申し訳ないが私には「慰霊」とか「冥福」と言う言葉の意味が理解できない)に訪れることは美しいことだ。

事故を風化させないということも大事だろう。

だが人間として大事なことは、不幸があったらそこから教訓を読み取ることだ。

何回か書いたと思うが、再度:

1.「安かろう、ヤバかろう」は大原則。聴いた事もないバス会社に京王バスや東急バス並みの安全を求めることは大きな間違い。

2.渋谷で乗って南青山七丁目で降りるというようなバスならともかく、長距離バスでは必ずベルトを締めること。締めなくて「運転手がアナウンスしなかった」などと言うのは引かれ者の小唄である。

3.顧客を乗せる営業車の運転手は、たんに二種免があるという条件だけではなく、「日本語検定3級以上」と言う条件を付けること。これは日本人運転手には関係ないが、関越事故(←クリック)をみれば、あの支那人の運転手が非常時の対応ができたとは思えないからだ。

慰霊とか冥福とかに隠れて、こういう簡単な教訓を普及させなかったら、事故は直ちに風化する。



2018.1.16 10:30

【軽井沢バス事故から2年】現場に花束、祈る人絶えず

http://www.sankei.com/images/news/180116/rgn1801160033-n1.jpg 事故現場に向かって手を合わせる女性ら=15日、長野県軽井沢町(三宅真太郎撮影)
 大学生ら15人が死亡、26人が負傷した長野県軽井沢町のスキーバス転落事故から2年となった15日、遺族や犠牲者の友人、悲惨な事故に胸を痛めた市民らが、国道18号碓氷バイパスの事故現場を訪れ、犠牲者を悼んだ。バスが横倒しになっていた現場には献花台が設けられ、手向けられた花々でいっぱいになった。(太田浩信、三宅真太郎)
                   ◇
 事故発生時刻の午前1時50分ごろ、事故現場の沿道に設置された温度計の表示は、マイナス10度を下回った。厳しい寒さの中、犠牲となった首都大学東京の田原寛さん=当時(19)=の友人は、発生時刻に合わせて現場を訪れ、亡き友を思い手を合わせた。
 日が昇ってからは、遺族や事故の関係者のほか、地元の警察署長、町長らが相次いで現場を訪問し、犠牲者を追悼した。
 軽井沢署の井出純彦署長は「二度とこうした事故を発生させないよう、交通安全意識の向上に努めたい」と語った。
 「近くを通るたびに事故を思い出す。人ごととは思えない」
 2年前、事故発生から数十分後に偶然現場を通りかかったカップルも献花に訪れた。
 大学生だった息子を亡くした東京都の男性は「バス業界が大変なのは分かっているが、これからも安全を第一に考え続けてほしい」と話した。
 献花台の前には事故直後、警察からの要請で出動し、バスの車体を持ち上げるなどして救助活動に参加した「レッカーサービス110」(小諸市)の社員らの姿もあった。
 同社の加藤幸之助社長(44)は「自分にも18歳の息子がいるので、遺族の気持ちを考えると胸が締め付けられる」と涙ぐんだ。
 事故をめぐっては、県警が昨年6月、業務上過失致死傷の疑いでバスを運行した「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作社長(56)ら2人を書類送検。長野地検は遺族や負傷者からも聞き取りし、詰めの捜査を進めている。
 遺族会は、会社の責任を明確にすべきだと起訴を求めて署名活動を続ける。今月22日には、地検に署名を提出する予定だ。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

この記事からはっきりとわかるのは、キム・ジョンウン閣下がいかに怜悧に事を進めているかということだけ。

「役者やのぉ!」と薬痴寺先輩でなくても思わず...


2018.1.16 10:00

【黒田勝弘の緯度経度】正恩氏、五輪で時間稼ぎ 悲鳴の北を助ける韓国 “変化”はさらに先送りへ

 北朝鮮をめぐって韓国の保守派は「北が変わらないのは韓国がしょっちゅう変わるからだ」とよく皮肉をいう。北は内部的に危機になると決まって韓国との対話を言い出す。すると韓国は対北強硬姿勢を変えて支援や協力に転じ、結果的に北の変化の芽を摘んできたというわけだ。
 今また韓国での冬季五輪を機に北朝鮮は対話を言い出している。背景として、やはり内部的にかなり困難な事情があるからだというのがソウルで聞く北ウオッチャーたちの大方の見方だ。内部的困難とは、国際社会の厳しい制裁措置による経済的苦痛と民心の動揺という。
 北がわざわざ「制裁には決して屈しない」というのは制裁が効いて困っているからであって、北朝鮮の政治的言語文化ではこうした虚勢、強がりが出るときは逆に本当は弱っているときだという。したがって「戦争の危機」を強調するのも戦争をしたいのではなく、逆に戦争はしたくない、攻められたくないというある種の“悲鳴”だというのが、とくに古くからのウオッチャーたちの声だ。
 北朝鮮において路線転換あるいは体制崩壊という最大の“変化”のチャンスは1994年、国家創建の超独裁者・金日成(キム・イルソン)が死去したときだった。
 当時、北朝鮮をめぐる国際環境はそれまで物心両面で北を支えてきたソ連・共産圏が崩壊し、援助が途絶えて孤立化が進んでいた。とくに親しかったルーマニアの独裁者、チャウシェスクの没落は衝撃だった。
 この孤立化の危機感が体制維持のための核開発につながるのだが、日米韓をはじめ国際社会は「米朝ジュネーブ合意」(94年)によって核開発凍結という約束にだまされ、見返りにエネルギーなど大規模支援をしてしまった。 (←騙される方がバカですねぇ。)
 北朝鮮は金日成死後、2代目・金正日(ジョンイル)体制下で後に「苦難の行軍」と呼ばれる深刻な食糧難に直面し、数十万ないし100万人単位といわれる餓死・病死者などで危機に瀕(ひん)する。
 しかしその金正日体制に対し韓国は、融和策である「太陽政策」を主張する金大中(デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)両政権(1998〜2008年)下で南北首脳会談に乗り出し、北への大量支援で結果的に金正日体制を支えた。
 経済的危機の金正日体制が切羽詰まって“変化”を余儀なくされる前に、変化しなくてもいいよう韓国が助けたのである。
 今、3代目の金正恩(ジョンウン)体制は核・ミサイル開発で国際社会の厳しい制裁を受けている。金正恩氏の真意は「自滅につながる戦争はしたくない」-つまり米国の軍事攻撃を回避しながら核・ミサイル開発は維持し、一方で制裁強化による経済的打撃と民心の動揺をどう防ぐかということだろう。
 こうした思惑を背景に「金正恩の対韓オリンピック作戦」は1988年のソウル五輪の「破壊」ではなく、今回は「利用」を選択したようだ。平昌五輪の成功をこいねがう韓国の足元を見透かし、核・ミサイル問題隠しと時間稼ぎ、そして北朝鮮イコール平和イメージという外交的・政治的利益を最大限得ようとしている。 (←南朝鮮の大統領とは役者が一枚も二枚も違うね。)
 北朝鮮の張雄(チャン・ウン)・国際オリンピック委員会(IOC)委員は明確に「スポーツの上に政治がある」といっている。金大中、盧武鉉政権の流れをくむ文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓国がまた北に利用されそうだ。最後まで追い詰めず途中で支援、協力すれば北の“変化”はさらに先送りになる。(ソウル駐在客員論説委員)

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

面会を申し込む方が図々しいのだが、政府が鰭(fin?)女史との面会を断ったことを高く評価しよう。

70年以上、絶海の孤島日本が戦争に巻き込まれなかったのは、糞憲法(shitty constitution)のお陰でも何でもなく、偏に偏にアメリカの核の傘のお陰なのである。

もし日本人に、昔は持っていた恩義と言う精神がいまだ残っているとすれば、こんな女の来日すら阻止したはずだ。

「日程の都合」と言うのはあくまでも表面を取り繕うことばで、ホンネは「そんな女と逢っている暇なんぞねぇよ、おととい来な」と言う所なのだ。

トランプ大統領だったら、申し込みを受けたとたんにBullshit!と言っただろうね。


2018.1.15 12:18

ICAN事務局長と安倍首相の面会断った政府に「がっかり」 広島、長崎の被爆者ら落胆

 ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長と安倍晋三首相の面会を日本政府が断ったことを受け、広島、長崎の被爆者から15日、「がっかりした」「残念」と落胆の声が上がった。
 広島県原爆被害者団体協議会の箕牧智之副理事長(75)は「フィンさんが安倍首相と会ったらどんな話になるか関心を持っていたのに、がっかりした。日本政府は核廃絶を目指しているのか分かりかねる」と肩を落とした。
 被爆者の岸田弘子さん(77)=広島市佐伯区=は「安倍首相はICANの平和賞受賞の重要性を理解しているのだろうか。政府と被爆者の間で温度差を感じ、とても残念だ」と話した。
 長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長(78)は「核兵器禁止条約に署名しない日本への国際的な批判がさらに強まるだろう。唯一の被爆国である日本の首相として情けない」と批判した。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

昨日テレビのニュースを見ていてびっくりした。

この美人の玄松月さんは、わが故郷浜松の生んだ、高樹沙耶と並んで二大女優の一人、鈴木砂羽にそっくりなのだ。

もし彼女がキム・ジョンウン閣下のお気に入りならば、鈴木砂羽を拉致問題解決のために特派するのはどうだろう?とふと思ってしまった。

そのくらいの発想の転換をしないと、拉致問題の早期解決は無理だと思う。

トランプ大統領の来日の時のパーティに米倉涼子が招待されていたけれど、彼女が三番目の夫人となったら、日本人も鼻が高いのになぁ、と思ったりもした。(メラニアさん、ごめんなさい。)

だけど「モランボン楽団」とは東京18区にある朝鮮人が社長の焼肉のたれ屋がスポンサーの楽団かと思ったら、どうやら違うようだね。

朝からそんなことを考えているようじゃぁ、私の先も知れているなぁ。

これも削除されるのかなぁ?

この記事に

開く コメント(0)

全4367ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事