全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4687ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

安全である限り、国民、消費者、納税者は安くて質のいい農産物が入ってくることには大賛成だ。

日本農業は日本人の胃袋の40%すら満足させていないのだ。

クルマの輸出の方が、100万倍重要。

農業団体も反発する前に、自給率を高める努力をして結果を出したらどうなんだ!


2018.9.22 13:48

日米、通商交渉入り視野 米政府と協議

 日本政府が米国との関税交渉入りも視野に、米政府と協議することが22日わかった。米国が求める2国間の関税交渉と引き換えに、自動車輸入制限の回避を狙う。日米両政府は米ニューヨークで現地時間24日(日本時間25日)に開く閣僚級の新しい通商協議(FFR)で詳細を議論。26日(同27日)に開かれる安倍晋三首相とトランプ米大統領による首脳会談で関税交渉の是非も含め協議し、日米が目指すべき今後の交渉の方向性を示す成果文書を公表する見通しだ。
 24日のFFRは、茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が出席。これまで安倍首相は国会で、FFRについて「日米自由貿易協定(FTA)交渉と位置付けられるものではなく、その予備協議でもない」と説明している。
 このため、仮に2国間の関税交渉入りを受け入れる場合も、国会答弁との整合性を保つため日米FTAという枠組みではなく、幅広い品目の関税や投資拡大などで協議を開始するとの合意にとどめる見通しだ。
 関税交渉入りは米国が検討する自動車輸入制限で、日本を対象外とすることが前提となる。日本政府が“お手本”にするのが、米国と欧州連合(EU)の貿易協議だ。EUは7月に米国との関税協議入りで合意した際、米国に自動車輸入制限の一時凍結をのませた。
 ただ、仮に関税交渉に入れば、米国は農産品で関税の引き下げを迫るとみられる。日本は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱前の米国に示した条件が譲歩できる最終ラインとの立場を崩していないものの、農業団体からの反発は必至だ。来年夏の参院選を控え、安倍政権は難しい判断を迫られる。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

間違えてはいけないのだが、共産主義というのは宗教であり、キリスト教や仏教、あるいはイスラム教とは相容れない。

だからペキン政府はチベットやウイグルに対しては目も当てられない弾圧を加えている。

規模は小さいが、血に飢えたスー・チーがロヒンギャに対してやっていることも同じ種類のこと。

カトリックの総本山であるヴァティカンが暫定同意をしたのだが、それは間違いだね。

ヴァティカンとしては支那から何らかの利益を得ようとしていることは明らか。

一方支那としても、一帯一路に好影響を期待していることもこれまた明らか。

双方の助平根性がどういう結果をもたらすか高みの見物と行こう。



2018.9.22 20:29

中国、バチカンと司教任命で暫定合意

4月18日、中国から来たグループと謁見する法王フランシス=バチカン(AP)
 【北京=藤本欣也】中国外務省は22日、キリスト教カトリックの総本山、バチカン(ローマ法王庁)の代表団と北京で会談し、中国内の司教の任命に関して暫定合意に達し、文書に署名したと発表した。バチカンは欧州で唯一、台湾と外交関係を保持しており、中国は今後、バチカンとの国交樹立を目指し台湾に圧力をかけることになる。
 中国外務省は「中国とバチカン双方は意思疎通を継続し、関係改善のプロセスを推進する」と発表した。
 中国では、中国政府が公認するキリスト教団体が独自に司教を任命、法王に権限があるとするバチカン側と長年対立してきた。
 暫定合意の内容は明らかではないが、米メディアなどによると、中国側が中国国内においても法王をカトリックのトップとして認める代わりに、バチカン側は中国が独自に任命した司教の正統性を認めることで最終調整が進んでいた。
 中国では最近、プロテスタントを含む政府非公認のキリスト教会「地下教会」の閉鎖が相次いでいる。習近平政権はバチカンとの対立を解消し、9千万人以上ともいわれるキリスト教徒への統制を進める意向との見方もある。
【用語解説】バチカンと中国
 バチカンはイタリア・ローマ市内にある世界最小の独立国で、1951年に中国と国交を断絶した。司教任命問題で、バチカンが司教の任命権は法王にあるとするのに対し、中国が「内政干渉」と反発。中国が法王の反対を押し切って独自に司教を任命すると、バチカンは破門宣告で対抗し対立が続いた。法王フランシスコは2013年に即位後、対中関係改善に意欲を示し対話が進められてきた。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.



2018.9.23 00:50

中国、宗教の締め付け強化 「歴史的」合意も思惑不一致

22日、中国政府が認可した北京市内のカトリック教会で洗礼を受ける信徒(AP)
 中国の習近平指導部がカトリック総本山のバチカンと関係改善を進めているのは、対立解消をテコにキリスト教会への統制をさらに強める狙いがあるとみられる。
 4月公表の宗教政策白書によると、国内の公認団体のカトリック信徒は約600万人、プロテスタントは約3800万人。このほか数倍の信徒が非公認の「地下教会」に属しているとみられる。白書は、「国外勢力が宗教を利用して侵入することを食い止める」と危機感をあらわにし、習指導部は一党支配が揺らぐことへの危機感から、公認施設も含めて教会の十字架を「違法建築」として破壊したり、インターネットでの聖書の販売を規制したりするなど宗教活動への統制を強めてきた。
 中国はバチカンとの関係改善を進め、バチカンのお墨付きを得た公認団体を通じて地下教会への管理を強化するとみられる。
 中国共産党は、キリスト教信仰が民主主義の浸透につながるとの警戒感が根強く、中国の社会主義に適応した思想への転換を求めるなど「宗教の中国化」を主張する。中国憲法が名目上「宗教信仰の自由」を標榜(ひょうぼう)しているにもかかわらず、無神論を掲げる共産党は党員約8950万人の宗教信仰を禁止しているとの矛盾を抱えている。
 中国政府は1951年、バチカンによる司教任命が「内政干渉」だと反発して断交。その後は政府公認の団体がバチカンの承認抜きで任命してきた。今回、司教任命に関する暫定合意に達したことで、半世紀以上にわたる両国間の対立が解消に向かうことは大きな成果であるのは間違いない。
 しかし、合意が中国に対する“譲歩”だとして地下教会の信者に失望が広がる可能性もあり、直ちに両国関係の正常化につながるかは不透明だ。(北京 西見由章)

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.



2018.9.23 10:22

中国が「地下教会の信者らに“服従”迫るのでは」 香港の枢機卿、バチカンとの合意で危惧表明

 香港民主派の重鎮でカトリック教会香港教区の元司教、陳日君枢機卿は23日までに、バチカンと中国が司教任命権問題で暫定合意したことを受け、中国政府が合意を利用し非公認のキリスト教会「地下教会」の信者らに「服従」を迫るのではないかと危惧する内容の文書を自身のブログで発表した。
 陳氏はこれまで、バチカンと中国との協議は「信仰に対する裏切りだ」と繰り返し反対を表明。「バチカンは地下教会の信者を中国共産党に売り渡そうとしている」と批判していた。
 陳氏はブログで「地下教会の司教も、中国政府に新たに任命されることになるのだろうか」と懸念を表明した。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.


2018.9.23 01:29

バチカン 中国に大きく譲歩か 宗教弾圧続く中「悪いメッセージ」の懸念

22日、中国政府が認可した北京市内のカトリック教会で洗礼を受ける信徒(AP)
 【パリ=三井美奈】バチカン(ローマ法王庁)は22日、中国と司教任命に関する暫定合意を結び、対中接近に動いた。習近平政権がキリスト教徒の「地下教会」や少数民族ウイグル族のイスラム教徒への弾圧を続ける中、カトリック教会内で「対中譲歩は悪いメッセージになる」との懸念が強まっている。
 法王庁のラジオ局「バチカン放送」は同日、暫定合意について「制度的対話への前向きなプロセスを促し、中国のカトリック教会に貢献するよう希望する」とした声明を伝えた。台湾との外交関係の行方には言及しなかった。
 法王フランシスコは2013年の即位後、米国とキューバの国交樹立で仲介役を務めるなど「教会外交」を進め、中国との関係構築にも熱心だった。法王は14年、中国が法王機の領空通過を認めた際、習近平国家主席に「神のご加護を」と親善メッセージを送った。
 メディアのインタビューでは、中国訪問の可能性について「彼ら(中国)が招待状を出せば、私の意図は分かる」と述べ、意欲を示した。暫定合意の背景には、中国のキリスト教徒が9千万人以上に膨らむ中、対中対話の窓口を閉ざしたままでは「地下教会」への弾圧をとめられないとの懸念もあったとみられる。
 ロイター通信によると、将来の司教任命は、中国側が地元のキリスト教会と候補を提示し、法王が最終決定する制度になるという。
 イタリア誌レスプレッソのバチカン担当、サンドロ・マジステル記者は「法王が何度拒否しても、中国政府が選んだ人物しか司教になれない制度ではないか。教会は政治圧力からの脱却をめざしてきた。大きな後退になる」と指摘する。
 カトリック界にも、対中譲歩への懸念は強い。香港教区の前最高指導者で名誉司教の陳日君・枢機卿は今年になって、記者会見などで「国家に隷属する教会など、もはやカトリック教会ではない」と発言。教会内ではタブーだった法王批判スレスレの抗議を行い、波紋を広げていた。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

とにかく豪華なキャスティングだ。

しかも脚本が櫻井武晴だから十分面白い。

中でも北村一輝が正義の味方、指定弁護士の相棒の検事という役が面白かった。彼はふつうこういう役をやらないと思う。「アクのある役」が多いというのが私の印象。

如何にもテレ朝でモリカケに引っ掛けていたが、それとこれとは別問題。

時間の制約もあったかもしれないが、テレ朝のことだから、これに絡めて進優子のようなキャスターか記者を出せばもっと面白かったと思うが、テレ朝にはそこまでの勇気と露悪趣味はないのだろうね。

楽しめました。

この記事に

開く コメント(0)

今夜は中秋の名月

このあたりでは雲のあいだから出たり入ったりです。

やれぇ〜ん、お月様でもよぉ〜、
バクチをなさるとよぉ〜、
雲のまにまに、テラ、テ〜ラとよぉ、
やれさよいよいよぉ〜

三十石、夢の通い路、浮かれの舟歌から。

この噺、三遊亭百生のものが一番雰囲気が出ていましたね。

「相乗り幌かけホペタがぺっちゃり、テケレッツノパ〜」

百生師は高座で何度聴いても楽しい雰囲気を漂わせていました。


2018.9.24 19:32

雲がかかり幻想的 中秋の名月

満月をバックに飛行する航空機=24日午後、羽田空港(桐山弘太撮影)
 「中秋の名月」の24日、帯状の雲がかかり幻想的な雰囲気の月をバックに航空機が飛行していた。
 国立天文台によると、今年は24日が暦の上では中秋の名月にあたるが、地球と月、太陽の位置関係の微妙なズレにより、天文学的な意味での満月は25日と、1日ずれるという。

©2018 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

この記事に

開く コメント(0)

スーパーの買い物かごやキャリアーをくすねるじじばばもチョン臭いんだよなあ


世界で唯一?韓国のスタバのマグカップに書かれた注意書きに、韓国ネット「恥ずかしい」
https://www.recordchina.co.jp/b646370-s0-c30-d0058.html
2018年9月20日、韓国のインターネット上で、スターバックスのマグカップに書かれたある注意書きが話題となっている。

韓国のインターネット掲示板に最近、「スターバックスのマグカップの近況」と題するスレッドが登場した。スレッド主は、スターバックスの代表的なマグカップの写真を掲載している。白ベースのマグカップの中央にはおなじみのロゴマークが描かれているが、その下には「店舗用のマグカップです」と書かれたシールが貼られている。 

韓国では最近、「一部のカフェで紙のカップの使用を減らしたところ、店内用のマグカップを持ち帰る客が増加し、店主らが頭を悩ませている」との報道が出ていた。そのため、これを見たネットユーザーからは「そんなにたくさんの人が持ち帰るの?」「なぜ持ち帰る?恥ずかしい」「ロゴを消せば誰も持ち帰らないだろう」などのコメントが寄せられている。中には「ある銭湯の店主は盗難対策として、タオルに『盗んだタオルです』と書いていたよ。スタバも『盗んだマグカップ』と書いた方が効果ありそう」とのコメントも見られた。 
 

転載元転載元: 色々言いたいことあります

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

全4687ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事