https://kenbouhoushi.blog.fc2.co

https://kenbouhoushi.blog.fc2.com/に引っ越しました。

国内情勢

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

タイトル以上に言うことはありません。


ハンセン病訴訟、控訴せず 家族被害、国の賠償確定へ

ハンセン病家族被害に賠償 ハンセン病家族訴訟で熊本地裁が国に賠償を命じ、掲げられた勝訴の垂れ幕=6月28日、熊本地裁前
 ハンセン病患者の隔離政策で、本人だけでなく家族も差別を受けたことを認め、国に対して元患者の家族541人に計約3億7600万円の損害賠償を命じた熊本地裁判決について、国が控訴を見送る方針を固めたことが9日、分かった。政府関係者が明らかにした。安倍晋三首相の政治判断があったとみられる。控訴期限を12日に控えていた。
 元患者本人を巡っては、2001年5月に熊本地裁が国に約18億2千万円の損害賠償を命じ、小泉純一郎首相(当時)が控訴しないことを決断し、補償制度につなげた経緯がある。今回の訴訟でも、国の控訴見送りで判決が確定すれば、家族の被害回復に向けて大きく弾みが付きそうだ。
 6月28日の地裁判決は、らい予防法の隔離政策により、学習機会を奪われたり、結婚差別などが生じたりしたことを認め「憲法が保障する人格権や婚姻の自由を侵害した」と指摘した。国が遅くとも1960年の時点で隔離政策をやめなかったことや、その後も差別・偏見を取り除く措置を取らなかったことを違法と判断し、96年まで隔離規定を廃止しなかったのは立法不作為とした。

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

開く コメント(2)

歌劇Otelloの第3幕の終わり。その白人の妻Desdemonaのありもしない不倫話をOtelloに吹き込んで、Otelloを精神錯乱状態に追いやることに成功するIago。

そこのところのIagoの勝ち誇った台詞:Il moi velen lavora. (俺の毒が効いてきた:訳責法師)。

この場面におけるキプロスの支配層と何も知らない無知な群衆(まるで政権交代という空疎なフレイズに騙されて小沢と鳩山の民主党政権を樹立させたような無知・無恥でIQの低い愚かな賤虚民のような)との対比は素晴らしい音楽で引き立つ。

えぇ〜と、オペラの話ではない。

年金2000万円問題に火をつけたのは金融庁金融審議会。

参議院選挙を控えてどうしても安倍政権に一泡吹かせたい奴らが寄ってたかってでっち上げた問題。

こいつらは「政権交代」というアホゲタキャッチフレイズにころっと騙されたIQの低い賤虚民をたきつけるのに成功して、国の行き先を誤らせようとしている。

今頃、あたふたとしている自民党幹部に対して、「フン、俺の毒が効いてきた」とほくそ笑んでいることであろう。

第三幕の終わりではIagoは気を失ったOtelloの頭を踏みつける。

だが奸計をめぐらせたIagoは終幕(第4幕)で悪事露見に及びその身は滅ぶ。

金融審議会のメンバーに不運が訪れることを祈ろうではないか。

因みにこの審議会の座長は神田秀樹 学習院大学大学院法務研究科教授。安倍政権憎しに凝り固まっているのだろう。



【産経FNN合同調査】参院選有権者の関心は年金4割 憲法改正は4番目

本G参院選で重視する政策・争点カラー
 産経新聞社とFNNが実施した参院選の中盤情勢調査で、重視する政策・争点を聞いたところ、「年金など社会保障」が40・6%で最多だった。「老後資金2千万円」問題を受け、年金をはじめとする社会保障への有権者の関心が高いことが浮き彫りになった。一方、安倍晋三首相(自民党総裁)が議論の活性化を求めている「憲法改正」は7・1%で、「景気や経済対策」(19・4%)、「消費税率の引き上げ延期」(9・0%)に続いて4番目だった。
 老後資金が年金以外で2千万円必要とした金融庁金融審議会の報告書をめぐり、野党が政府の対応や年金制度の不安を追及する一方、与党は制度の持続可能性や低年金者への給付金などをアピールしている。
 調査では特に野党支持層で「年金など社会保障」を重視する姿勢が目立った。立憲民主党を支持するとした人の52・1%、国民民主党を支持する人の50・6%が重視すると回答した。
 ただ、自民党支持層で35・5%、公明党支持層でも48・5%を占めており、21日の投票日に向け、与党側はより丁寧な説明を求められそうだ。
 首相は参院選の争点に憲法改正議論の是非を掲げているが、有権者の関心が高まっているとはいいがたい。自民支持層でも「憲法改正」を重視すると答えたのは7・3%で、公明支持層では2・5%と伸び悩んだ。
 むしろ改憲に反対している野党を支持する人の方が関心が高く、立民支持層の7・8%、共産党支持層の14・4%、社民党支持層の16・1%が重視すると回答した。
 参院選では10月の消費税率10%の引き上げも争点の一つとなっており、賛成の自民、公明に対し、立民など野党は延期や凍結を主張している。
 消費税の延期を重視するとの回答は野党支持者の方が多く、立民の支持層で11・1%、国民で13・7%を占めた。一方、自民は5・4%、公明も5・4%にとどまった。(田村龍彦)

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

開く コメント(2)

しかし野党共闘と言うのも節操のない奴らの野合だね。

共産党も一緒と言うのが甚だ滑稽。

共産党は天皇制反対、日米安保破棄を主張する政党。

最近日米安保のコスパの悪さに気付いてきたトランプ大統領にでも応援を頼んだらよろしい。

このフリーセックスを連想させる野合という言葉がぴったりの野合連合、じゃなかった、野党連合。

ただ単に「当選」という快感を得るために、理性も何もかなぐり捨てて騒ぎまわる。まるでタンホイザー(パリ版)の冒頭のヴェーヌスベルクのような様相。

選挙民が忘れてはならないのは、こんな奴らが当選しても国会に出ればもうバラバラになるだけだ。

「闘い済んで日が暮れて」烏がねぐらへ帰るように、あとはお互い他人同士。

♪明日は他人同士になるけれど♪とテレサ・テンは「つぐない」で歌っているけれど、この野合連中は間違いなく「明日は他人同士に」なって、互いを軽蔑し、小突き回すようになることは火を見るより明白。

タンホイザーではエリーザベトは最後に死んじまうのだよ。

そして日本の劣化・堕落に貢献し助長する。

そのあたりを見抜いて、あからさまに攻撃する安倍首相の舌鋒に期待が大きい。

そして、選挙としては特殊な県とみなされる岩手県に一抹の光明が現れることにも大きな期待をしたい。

県民の皆さん、落ちぶれて国民民主党なんかにしがみつく男の時代はもうとうの昔に過ぎているのですぞ。




日米安保廃棄掲げる共産との共闘…野党の弱みつく安倍首相

参院選挙遊説 街頭演説後、有権者らとタッチを交わす自民党総裁の安倍首相=8日午後、岩手県北上市
 安倍晋三首相(自民党総裁)は8日、自民候補応援のため参院選岩手選挙区(改選数1)の3カ所で街頭演説を行った。岩手は国民民主党に加わった元民主党代表の小沢一郎衆院議員の影響が強く、自民は平成4年以来、野党勢に苦杯を喫してきた。27年ぶりの自民勝利に向け、首相の弁舌はヒートアップした。
 「『共産党と、批判ばかりしている野党は何も生み出すことができない。政策を具体的に進めていきたい…』。そう決意して3年前に自民党と立ち上がってくれた」
 首相は、岩手選挙区の自民候補が平成28年7月に民進党(当時)を離党して自民に移籍した経緯について盛岡市内でこう述べ、主要野党の姿勢を批判した。同選挙区で自民候補と競る無所属新人候補は、国民に加え立憲民主党、共産党などが推薦する。首相の矛先は共産と立民などが掲げる政策理念のズレに向いた。
 「共産党は日米安全保障条約の廃棄、自衛隊は憲法違反だから解消していくと述べている。この政党に相手候補は支えられているんです」
 続けて首相は立民幹部の多くが民主党政権中枢を担ったことを念頭に、枝野幸男代表が訴える保育士の処遇改善についても切り捨てた。
 「枝野氏は、党首討論で『われわれはもっと(保育士の給与を)増やしていく』というが、調べてみると民主党政権では保育士の待遇は引き下げられていたんです。出来もしない公約を掲げることは簡単。大切なことは財源を得て実行していくことだ」
 首相はこう述べ、自公政権への支持を求めた。

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

開く コメント(2)

2022年までは政党要件を満たさなくても無駄飯が食えるというのも困ったことだが、社民党は何といってもバカにして優越感に浸れる政党であることがブロガとしての法師にとっての唯一のレゾンデートルだ。

74にもなって肺の手術をしていたんじゃぁ、選挙も大変だろうし、立候補を見送ったというのは正しい判断だが、党首としては残るらしい。

変なの!

吉川元と言う人が幹事長なのだそうだが、違法献金の陳哲郎 (←クリックして悪行のほどを知りましょう)ほどは名が売れていないのが淋しいね。

神様の引き合わせか、仏様のものかは知らないが、先日あのアホな東京18区の武蔵境の駅前で数少ない候補者(♀)の演説に遭遇した。

誰も足を止めてはいなかった。

何か気の毒だった。

うらぶれて、袖に涙が、かかるとき、
人の情けの、程や知るらむ

記憶頼りなので間違っているかもしれないが、こんな狂歌を思い出した。

社民党ほどまで落ちぶれると、足を止める「人の情け」は消えるのだね。

野を肥やす、骨をかたみの、ススキかな。

頓証菩提南無阿弥陀仏ナンミダブツと瓢(フクベ)の酒をかけてあげよう。(形見と片身、ススキと鱸にかけた洒落が見事な句;今の噺家では詠めるだろうか?)

それにしても「野ざらし」ってよくできた落語だね。時代的には三代目柳好には間に合っているのだが、芸協の席にはあまり行かなかったので、記憶にない。

この噺、私には何といっても春風亭柳枝の色つやのある声が一番。

こうして話や発想をあちこちに飛ばせるところが社民党のありがたいところだ。「発想を飛ばす」と言うのはプレバトの夏井先生も指摘するように大事なことなのだから。


【野党ウオッチ】社民党は「政党」であり続けられるのか 崖っぷちの参院選

本C社民党の国政選挙での勢力推移カラー
 令和最初の国政選挙である第25回参院選(21日投開票)で、社民党はかつてないほどの「負けられない戦い」を強いられている。7人の候補を擁立したが、結果次第では公職選挙法上の政党要件を失う恐れがあるためだ。国政選挙で不利益が生じかねないが、不思議と政党交付金は今回の結果に関係なく令和4(2022)年まで支給されることが決まっている。政党要件の定義が公選法と政党助成法などで違うことが理由だが、一体どういうことか。
 「瀬戸際、崖っぷちの戦いであり、正念場の戦いでもある。結党以来、憲法を守ることを党是としてきた社民党。国政政党として、これからも国会で働かせてほしい」
 社民党の吉川元(はじめ)幹事長は参院選が公示された4日午前、東京・新宿のJR新宿駅南口で第一声を上げ、まばらな聴衆に切々とこう訴えた。
 危機感の根底には厳然たる「勝敗ライン」が横たわる。公選法上の政党要件として、(1)国会議員5人以上(2)直近の衆院選または参院選で、選挙区か比例代表の得票率2%以上−のどちらかを満たさなければならない。
 前身の社会党時代に衆院だけで最大160人超の議員を擁した勢いは、もはや見る影もなく、達成は容易ではない。所属議員は、今回改選ながら出馬しなかった又市征治党首(74)=当選3回=を除けば衆参両院でわずか3人だ。
 又市氏は、肺がんの手術で右肺下半分を切除し、健康不安から4選への挑戦を見送ったとみられる。党首として来年2月までの任期は全うする考えだが、トップが国会議員でなくなることは間違いなく党全体の士気に影響する。
 得票率も厳しい。前回の平成28年参院選こそ比例代表は2・74%とかろうじてクリアしたが、29年衆院選は選挙区(1・15%)と比例代表(1・69%)のいずれも基準に達しなかった。
 現在は28年参院選の比例「2%以上」でかろうじて政党要件をクリアしている状態なのだ。
 社民党は今回、改選数4以上の東京、神奈川、愛知の3選挙区に1人ずつ、比例代表に4人の計7人を擁立した。うち5人が女性で「3議席以上獲得」「比例得票率2%以上の確保」を目標に掲げる。
 ちょうど30年前に40議席超を積み上げて与野党逆転をなす大勝を果たし、土井たか子社会党委員長が「山が動いた」と表現した平成初の参院選と比べれば、隔世の感がある。
 目標を達成できなかった場合、歴史ある国政政党の看板に響くだけでなく、今後の国政選挙を戦う上で不利を余儀なくされる。衆院選で選挙区の政見放送は政党でなければ参加できず、事務所設置や選挙カーの使用、ビラ配布、ポスター掲示は政党の分がなくなり、候補者個人に限られる。
 一方で資金面は、今回の選挙結果によって即座に苦境に追い込まれるわけではない。
 政治資金規正法と政党助成法は、政党の定義を(1)国会議員5人以上(2)国会議員1人以上、かつ直近の衆院選か過去2回の参院選で、比例代表または選挙区の得票率2%以上−のどちらかに該当する政治団体としている。
 公選法と異なるのは、得票率について前々回の参院選まで含めている点だ。今回の参院選が終われば、前々回は2%要件をクリアしている平成28年参院選となり、3年後の令和4年参院選までは政党として適用を受けられるというわけだ。
 ただ有権者には分かりにくい。
 法律によって政党要件が異なる点について、日大法学部の岩井奉信(ともあき)教授は「整合性が取れていないのは問題だ。国会のご都合主義のようにも見える」と指摘する。岩井氏は「政党交付金の原資は税金であり、有権者が納得できるよう得票率の規定は公選法に合わせて一本化すべきだ」とも語る。
 仮に政治資金規正法上の政党要件を失えば、会社や労働組合からの寄付を受けられなくなる。個人からの寄付の年間限度額も、政党は2千万円だが、政治団体は1千万円に減額する。
 政党助成法上は、政党だった期間に応じて政党交付金の金額をもとに算出する「特定交付金」が出る。政党要件を失った「日本のこころ」に平成29年、4109万円が交付されたが、億単位の政党交付金に比べれば圧倒的に少ない。
 いずれにしても今回の参院選が、社民党の命運を左右する「天王山」であることは間違いない。
 吉川氏は4日夜のNHK番組で、村山富市元首相から「とにかく前に進め」と激励されたことを明らかにした。選挙後に見せるのは笑顔か、それとも…。
(政治部 清宮真一)

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

開く コメント(8)

昨日所用で中央線の某駅の前に行きましたら、やってました、選挙演説。東京18区のアホ選挙区の駅です。というと吉祥寺、三鷹(北口は武蔵野市)、武蔵境、東小金井、武蔵小金井と言うことになりますが。

やってきたのは社民党の女。

「心を込めてお願いに参りました」って何か変な日本語。「心を込めて応援します」ならわかるが、「お願い」するのは「心を込めて」に決まっているのだから、「馬のウ○コの馬糞」みたいな日本語。

いかに浅はかな東京18区でも、流石に落選が決まっている社民党の候補者の演説には足を止める人は皆無。

「ウッセーナァ」と言う顔をみんなしていた。

騒音をまき散らし、支持者が一桁にもいかない政党なんか潰せばいいのだよ。


玉木国民代表、寂しい聴衆「これが党の現実だ」 佐賀で遊説

国民・玉木代表@佐賀 佐賀県を訪れ、公認候補を応援した国民民主党の玉木雄一郎代表=6日午後、佐賀県佐賀市(中村雅和撮影)
 国民民主党の玉木雄一郎代表が6日、参院選の応援に佐賀、長崎両県に入った。佐賀は2年前の衆院選で、野党系候補が全2選挙区で勝利した全国唯一の県だ。だが、玉木氏の街頭演説の聴衆は数えるほど。低迷する党支持率を映し出したかのような現実に、党関係者から嘆きが漏れた。(中村雅和)
      ◇
 「正直な政治が危機にひんしている。国民生活の安心も壊れつつある。それらを取り戻すための戦いが、今回の参院選だ!」
 同日午後、玉木氏は佐賀市北部の幹線道路沿いで、声を張り上げた。聴衆は10人程度で、報道関係者より少なかった。
 佐賀県は、平成29年10月の衆院選で、旧民進党系の原口一博氏(1区)と、大串博志氏(2区)が当選した。野党が大敗した選挙にあって、例外中の例外だった。原口氏はその後、国民入りし、国対委員長を務める。大串氏は無所属となった。
 今回の参院選で野党は、国民の元職を統一候補とした。原口、大串両氏も陣営に入り、衆院選の再現を狙う。事実、自民党は佐賀選挙区を情勢が最も厳しい「激戦区」と位置づける。
 だが、聴衆の数を見る限り、原口、大串両氏の人気も、国民の党勢拡大には結びついていない。玉木氏はこの日、佐賀市内でもう1カ所、街頭演説に臨んだが、聴衆は20人足らずだった。
 陣営関係者は「原口氏らの人気が高い佐賀は、他県とは違うと思っていたが…。この聴衆の少なさが、今のわが党の現実ですよ」と自嘲気味に語った。
 それでも演説を終えた玉木氏は産経新聞の取材に「地元(香川県)でも、こんなものだよ。聞いてくれるだけでありがたい。うちは草の根だから、飛び込んでいかないといけないからね、大丈夫だよ」と、気にするそぶりを見せなかった。

©2018 The Sankei Shimbun All rights reserved.

開く コメント(4)

全1167ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事