いしはま通信

いしはま 石浜の現在を伝えます。
「カメルーンからの使者

写真展の出展作品その2
 これは、来年の1月早々に開く写真展の出展作品のタイトルとしました。


イメージ 1


カメルーンのケヤキの巨木からを強調するために、柱を写真のいっぱいに入れました。
 大きな神社、仏閣の柱は、かつては日本国内でまかなうことができました。それが、国内では大木がなくなり台湾などの外国に求めます。それもなくなり、世界から木を求めます。
 そして、遠くアフリカの赤道直下の熱帯雨林に求めるケヤキの巨木が見つかりました。まさに、カメルーンからの巨木の使者です。直径80センチ、長さ10メートルの66本のケヤキが奈良の興福寺で第2の生命を送っています。興福寺の阿修羅もうれしそうです。


この記事に

開く コメント(0)

「災」
2018年の「今年の漢字」に
自然災害を振り返る

イメージ 1

 日本漢字能力検定協会は、本日12月12日(水)午後2時、京都・清水寺で「今年の漢字」を発表した。森清範貫主が揮毫した漢字一字は「災」。日本各地で発生した大災害の影響で選ばれた。何と、午後2時にはTV局4局が生中継をしていたことに驚きました。それだけ、今年はどんな年だったかを知る、関心が高いということか。防災意識が高まり、多くの人が自助共助の大切さを再認識した年となりました。
−−−−−−−−・−−−−−−−−−−
 北海道胆振東部地震、大阪府北部地震、島根県西部地震、西日本豪雨、台風21号、24号の直撃、記録的猛暑など、自然「災」害の脅威を痛感した一年でした。
−−−−−−−−・−−−−−−−−−−
こんなにも多かった自然災害
 忘れてはいけないと、必死にNETで調べて振り返りました。日にちも調べました。
 1月〜3月…各地で豪雪被害、東京でも積雪し混乱
1月23日………群馬県 本白根山噴火
3月2日………西表島付近地震(震度5弱)
3月8日………鹿児島県 霧島山(新燃岳)噴火
4月9日………島根西部地震(震度5強)
4月12日……大分県 土砂崩れ
4月14日……北海道根室沖地震(震度5弱)
4月19日……鹿児島県 霧島山(えびの高原付近)噴火 
5月25日……長野北部地震(震度5強、震度5弱)
6月17日……群馬南部地震(震度5弱)
6月18日……大阪北部地震(震度6弱)

7月9日………西日本豪雨災害、堤防決壊による浸水被害多数
イメージ 5

7月7日………千葉県東方沖地震(震度5弱)
7月18日……連日40度越えの酷暑、各地で熱中症多数。死亡する子も
イメージ 3

7月29日………迷走台風12号、東から西へ日本横断
(8月半ば……毎日台風発生)
(8月15日……口永良部島の火山活動が活発に)
8月23日………台風20号被害
9月5日………台風21号被害、阪神直撃し関空水没他被害多数
イメージ 6

9月6日………北海道胆振東部地震(震度7、震度5弱)
イメージ 2
9月30日………台風24号被害、中部では119万戸の大規模停電発生
イメージ 4

10月6日………北海道胆振東部地震 余震(震度5弱)
(11月下旬……北海道で記録的に遅い初雪。遅い初雪としては128年ぶり)
(12月頭………師走で夏日。九州や大阪で25℃超えの異常気象)

この記事に

開く コメント(0)

「木、愛そのものだ!」


 これは、来年の1月早々に開く写真展の出展作品のタイトルとしました。

わが家にある、クロガネモチに赤い実がなります。
いつも、秋を感じて眺めます。
しばらくして、小鳥の楽園となります。
クロガネモチの実を餌に集まるからです。
それは冬の庭の象徴となります。
わが家には、なくてはならない木です。
私は木が好きだ。
そんな思い入れがあります。


田村隆一の「木」の一節

木は
愛そのものだ それでなかったら小鳥が飛んできて
枝にとまるはずがない
イメージ 1

−−−−−−−−・−−−−−−−−−−


木        田村 隆一

木は黙っているから好きだ
木は歩いたり走ったりしないから好きだ
ほんとうにそうか
ほんとうにそうなのか

見る人が見たら
木は囁いているのだ ゆったりと静かな声で
木は歩いているのだ 空に向かって
木は稲妻のごとく走っているのだ 地の下へ

木はたしかにわめかないが
木は
愛そのものだ それでなかったら小鳥が飛んできて
枝にとまるはずがない
正義そのものだ それでなかったら地下水を根から吸いあげて
空にかえすはずがない


若木
老樹

ひとつとして同じ木がない
ひとつとして同じ星の光のなかで
目ざめている木はない

ぼくはきみのことが大好きだ
------------------------------

この記事に

開く コメント(0)

赤い実
クロガネモチ2

 AS−S NIKKOR 58mm f/1.4Gで、我が家の冬の庭を撮りました。

赤い実の存在感を出しました。
赤い実だけに焦点を合わせました。
被写界深度を浅く取りました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

冬の庭を飾る
千両

濃い緑の葉の上に
黄色い実が固まって付いています。
庭には、
千両や万両の
ありがたい名前の
低木が冬を飾っています。

ずっと撮る機会のなかったAS−S NIKKOR 58mm f/1.4Gで、我が家の冬の庭を撮りました。

イメージ 1
黄色い実に焦点を合わせ、
浮かび上がらせました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事