サボテン写真館

すべて表示

花は一番少ない時期

今日は晴れて暖かくなる予報だったのに、朝から夕方までまったく晴れず、一時小雨まで降るような肌寒い一日でした。でもこんな日は温室の中で作業する分には返って快適なので、夏の間開放していたところを塞いだり、一部内張りをしたり等、冬越しの準備をはじめました。

今の時期、サボテンの花はもうほとんど咲いてませんが、その分、花に惑わされずに(?)サボテン本来の魅力というのか(好みは人それぞれですが)、その姿や刺の美しさに目がゆくような気がします。
↓魅力の連発でちょっとくどいかもしれませんが(汗)

鶴巣丸 :長い刺が魅力。でもこの刺はあんがい脆いので植え替えのときは気を使う。
イメージ 1




















大鳳玉 :こっちの刺は長いけれども豪快に湾曲しているのが魅力。
イメージ 2




















瑞鳳玉 :これは白点に覆われた美肌が魅力。刺はもっと長くなるのもあるが、この個体はちょっと貧弱。
イメージ 3




















赤鳳 :これはまだ実生5年目くらいの幼株。魅力はやはり赤い刺で将来が楽しみ。
イメージ 4




















日の出丸 :晩秋から冬に掛けて花が咲く種類。この固体はそれほどでもないが、豪快な幅広の刺が魅力。
イメージ 5


.


みんなの更新記事