就職・求人の情報・ネタ帳

就職や求人、転職、退職に関する情報、小ネタ等を集めました。

福祉の仕事と求人

福祉の仕事と求人について。就職難と言われながらも、実は常に人手が足りない職種や仕事もあります。特に社会問題にもなっているのが、医師や看護師など、医療機関にかかわる仕事の人出不足です。介護保険の導入後需要が増え、福祉や看護関係の求人は、実際に非常に多いといいます。最近増加中のドラックストアの関係から薬剤師は、常に求人情報雑誌や、求人広告、ハローワークなどで目にするでしょう。求人でパートやアルバイトでの形でもホームヘルパーの場合はあります。そのメリットは、子育ての終わった主婦などは、家庭を優先にしながら空いた時間に仕事ができるということです。ケースワーカーや介護福祉士などは、資格が必要な仕事になります。このような仕事は、専門学校や通信教育などで学んで資格をとる人もあり、福祉系の大学を卒業しなくてはできないと思われがちですがそうではありません。最近の求人では、働きながら資格取得の補助をしてくれるところもあり、企業側も人材確保に力を入れています。福祉の仕事は、賃金が安い割には重労働、というイメージがありますが、人手が足りないから仕事がきつくなる悪循環もあります。このごろは求人が増加中で、法改正で賃金を引き上げるなど国を挙げての人材確保も検討されているといいます。福祉の仕事はやりがいのもてる仕事にもなりますし、はじめれば人に感謝されるでしょう。積極的に仕事の求人の多い福祉の仕事に、イメージにとらわれずチャレンジしてみるのもおすすめです。
 
【おすすめサイト】

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

リクルート社は求人情報誌を発行していた会社ですが、今はリクナビという求人情報サイトを作っています。インターネットで登録された求人情報を検索できるハローワークインターネットサービスを、ハローワークは展開しているといいます。求人募集の登録を受け付けた情報に加え、各企業の自社サイトに掲載された求人募集情報をロボットで集める検索エンジン型の無料求人募集サイトもインターネットの中に見ることができます。求人募集データベースを保有しているところの中には、求人募集の情報が100万件、30万件など大量のものもあります。最近では、ライターやデザイナーなどの専門的なスキルを持っている人専門の求人募集情報サイトも登場しています。いろいろと便利な機能が、求人情報サイトにはあるので活用しましょう。求人募集要項や案件を閲覧できるだけではなく、自分がどのような能力を持っているのかを説明した情報を登録する機能を持っている求人サイトは少なくありません。今では求人情報を企業側が発信するだけではありません。求職者側もさまざまな自己PRなどの情報を発信できる時代なのです。今までの求人広告は一方通行の情報伝達に終わっていました。インターネットが広まったことにより、双方の情報を求人企業と求職者がそれぞれの情報を発信することで確認できる便利な仕組みができました。相互に求人募集をしている企業や団体と求職活動をしている人とが情報を発信し合っているということです。インターネットが広まったことによって、相互の情報発信での求人ができるようになったのです。
 
【おすすめサイト】

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

求人募集は、今と昔とではやり方が違うようです。ネットの閲覧環境が整備されたことで、インターネットでの求人募集も一般的になっています。ネットを利用した求人募集は、様々なところで行われています。インターネットにパソコンを繋げている状況が当たり前になりつつあることが、ネットの求人募集が盛んに行われる要因のようです。ハローワークでもインターネットによる求人情報の検索サービスを開始しました。ハローワークに登録された求人情報を無料で検索することができるものです。ハローワークの他にも、民間の就職あっせん会社のホームページでの求人募集の検索もできます。これらは仕事を探している人はタダで使えます。膨大な求人情報が登録されていても、場所や規模、業種などで絞り込みが簡単にできることが、サイトの検索システムの最大の魅力といえるでしょう。求人を探している時には、非常に重宝するサービスです。求人募集サイトは、求職者だけでなく、求人をしている企業や団体にとってもいろいろなメリットがあります。会社にいながら求人サイトをチェックすることで、必要な人間を検索することができるのです。ネット環境が整ったことによって、求人募集のあり方も随分と変わってきたといえるでしょう。
 
【おすすめサイト】

この記事に

開く コメント(0)

求人募集とは、会社が新規に人を雇いたい時に出されるものです。求人募集を探したい時は、これまではハローワークで探す他は、タウン誌や無料情報誌、雑誌や新聞をチェックしていました。新規事業や新店舗を作る時などは、会社は社員を増やす必要が出てきます。その時点で働いている人の時間外労働で作業量の増加分をまかなうこともありますが、どう頑張っても納期に間に合わない時などはアルバイトで人員を増加します。未知の分野に参入するような場合は、その道のスキルを既に持っている人を採用します。新しい従業員を求人するために、学校やハローワークなどへ募集要項の掲示を行います。今でも従来からある求人募集の方法は行われています。新卒者などを対象とした就職説明会などの求人イベントが開催されることもあります。様々な求人情報が掲載されている情報誌が学生援護会やリクルートから出版されるようになってから、ぶあつい求人雑誌で情報収集をする人も増えました。また、書店などで有料で売られている求人情報誌だけでなく、無料のフリーペーパーも活用されています。フリーペーパーがよくある場所は、美容院やスーパー、喫茶店などで、出入口付近の手に取りやすい場所に置いてあります。誰でも持って帰れる仕組みです。フリーペーパーが増えるにつれ、有料の冊子は減少傾向にあります。企業サイドは、求人募集を出したいという時は、フリーペーパーや新聞、ハローワークなど様々なところに出しているようです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

円満退職するにはいくつかの注意点があります。最低でも1カ月は退職希望から希望日まで間をあけましょう。引き継ぎなどをする前に、直属の上司に退職の希望を伝えて受けてもらいます。自分が担当していた客先や取引先には、後任になる人を連れてあいさつに行きます。円満退職のためには、周りの人に真摯な態度を維持しましょう。あいさつ状なども早め早めに作っておくといいでしょう。会社によっては、退職願を書くための書類が用意されています。退職後のトラブルを回避するため、会社のやり方に沿って退職願を書きます。たてがきの白い便せんで退職願を書く会社もあります。黒色のボールペンや万年筆で丁寧に書いてください。礼儀として、適切な退職願を書くことも大事です。宛名は代表者や社長名にした上で殿をつけましょう。自分の名前はやや下よりに記入します。人間関係のもつれや待遇への不満が退職の直接的な理由だったとしても、退職届の退職理由は「一身上の都合」等と書きます。制服や身分証明書など、返すべきものは忘れず返しましょう。会社の経費で配給されたものは、持ち帰らないようにします。会社に属していたときに着用していた制服や作業服はクリーニングに出してから返却するのが常識といわれています。退職後、失業手当をもらうつもりでいる人は、退職時に失業手当を受け取りましょう。退職を証明するもので、失業給付金の受給を受けるには欠かせない書類です。すぐに再就職先に勤務し、失業手当が必要ないという場合は使わないかもしれません。離職票の他、会社からもらっておかなければならない書類に源泉徴収票があります。いくつかのポイントに気をつけるとで、円満退職をなし遂げることが可能です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

円満退職は、会社に不利益を与えず辞めることでもあります。直接の上司に問題があると思われないよう、退職の希望はまずすぐ上の上司に対して伝えます。最初に伝える人は、直接の上司にすることが大事です。もしもその人が退職を認めないようであれば、その時初めてその上の人に伝えましょう。退職したいという意向が通ったら、実際にいつ頃退職するか話し合いましょう。後の人に引き継ぐまでに必要な時間や付き合いのある人へ挨拶、社内の業務調整などを丁寧に済ませていくことで円満退職ができます。まず初めは、いかにスムーズに上司に退職の意向を伝え受け入れてもらえるかです。少し時間をくださいと上司にアポイントを取り付け、周囲に人がいない環境で退職したいことを言います。退職理由を尋ねられたら、人間関係や待遇などで不満がある場合でも、不満を理由にすべきではありません。もしかしたら、退職しないで欲しいと止められることもあります。ですが、次の勤め口が決まっているという時は初志を貫徹しましょう。円満に退職できず会社とトラブルが起きたために損害賠償を取られた例もありますので、できるだけ円満退職をしましょう。例えば、1カ月以内に仕事を辞めたいという意向と、会社側の1カ月後の納品まで待って欲しいという意向がぶつかった例があります。1カ月でその人が辞めたため、会社側は納品を期日に間に合わせることができず、請け負った金額から差し引くことになりました。この時、会社は退職した元社員に損害賠償を求めたそうです。理由は無理な退職によるものです。円満退職を心がけておけば、このようなトラブルも発生しなかったかもしれません。会社にも自分にも損をしないよう、円満退職は重要なことです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

仕事を辞める時には色々な状況があるものです。円満に退職するためのコツは一体どのようなことでしょうか。会社側に理由があって退職する人、自分自身に退職の理由がある人、年齢的な理由で退職するということもあります。以上の2つの範疇に属しませんが、円満退職という言葉があります。知人などから、円満退職して○○社に就職しましたなどという内容のはがきを受け取ることがあります。周囲に波風を立てないように退職することを円満退職といいます。日程をきちんと組んでおくこと、プランをしっかり練っておくことが円満退職のコツです。急な退職は避けましょう。円満退職をするためには、就業規則に沿って行わなければならないこともあります。少なからずの方が、会社の人付き合いや残業や給料などが原因で退職に至っているようです。しかし、先のことを考えずにその場の勢いで退職をすると、意外なところで後々に響く可能性がありますので、なるべく穏和な退職の形を目指したいものです。円満退職するには、自分のことばかりではなく、会社や会社の取り引き先の都合を十分配慮する必要があります。家族がいる場合には、家族に説明することも求められます。円満退職をするために重要なことは、会社に対して退職の希望を伝える場合は今日明日にでも辞めたいといった急な話は避けてください。最低でも、退職する時期は1カ月後〜3ヶ月後くらいにしましよう。辞めたいという場合は、まず直接の上司に言ってください。円満退職にはちょっとした心がけが大事です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

就職氷河期と求人

就職氷河期のさなかの求人は探すのが大変です。求人に関わる人にとって、今は就職氷河期に匹敵する時代だということは重要です。今までと異なり、ここ数年は転職活動も新卒者の就職活動も、希望どおりの職種に就職をすることが簡単ではありません。1990年代のバブル崩壊後の就職活動に並ぶほどの有効求人倍率の低さが、今の情勢の苦しさを物語っています。高校卒業や中学卒業で仕事を探そうにも、思うように見つけられません。求人雑誌やハローワークを訪れても正社員の募集は極めて少なく、パートタイマーや派遣労働のような非正規雇用でないと見つからないほどです。とはいえ、正社員を募集している企業は常にどこかしらに存在しています。会社が常に有能な人的資源を求めているのは今も昔も変わりません。企業側がどのような人材を求めているのか、求職者がどんな実績があるかで就職活動は変わります。就職することでどのような環境を求めているのか、特に新卒者は求人を選ぶ時には自分の希望について考えてみてください。転職活動をする場合も、これまでの実績やスキルだけに固執せず、新たな挑戦も辞さない覚悟で求人探しをするのもいいでしょう。何が何でもこの職種につきたいという固い意思があるなら、実現に向けて勉強や修養に励むことも大事です。学校に通ったり通信教育を受けることで資格を取得し、今までとは畑違いの職種の求人でも就職を目指す人はたくさんいるようです。
 
 
【おすすめリンク】

この記事に

開く コメント(0)

仕事と求人情報についてです。興味がある仕事や入社を希望する企業があっても、求人が出されていなければ応募することもできません。納得のいく会社に採用されるかどうかは、時の運やきっかけも関わってきますので、うまくいかないこともあります。バブル崩壊後の就職氷河期に匹敵する就職難の時代にいる今、新卒者の就職活動もとても難しく、有効求人倍率は1を割り込むという大変な状況にあります。企業の業績悪化による人員削減や、リストラなどで中高年の失業者も多くなっています。ハローワークは求人を出すこともに対しても費用が発生しない公共の施設ですので、ひとまず求人を出しておくという姿勢で人材募集をしている企業も存在します。仕事を探す人、求められる人材の年齢やスキルは、その時々の景況感や社会の流れで違うものです。自分のやりたい仕事につくのが、もちろん理想でしょう。実際働いてみると、自分の持っていた職場や仕事に対するイメージと違っていることもよくあります。就職活動で大事なことは、頭から自分に合う仕事はこれ意外にないと思いこんでしまわずに、好奇心をもってまずは知ってみることかもしれません。条件のいい求人だと思って応募したところ、仕事を始めて間もなく求人情報の内容と仕事との間に隔たりがあったということもあります。紹介してくれたハローワークや、求人会社はもちろんのこと、地域の労働基準監督署にも相談することができます。求人情報を集める時には、どんな仕事につくべきかを考えながら情報を分析していきましょう。
 
 
【おすすめリンク】

この記事に

開く コメント(0)

この頃は、仕事の求人情報を得るためにネットを利用することがごく普通になっています。採用情報を得るために、会社のホームページをチェックするという人が増えています。インターネットを利用しての仕事探しは、求人情報のチェックだけでなくキャリアコンサルタントの活用や人材バンクの登録などができます。インターネットなら、自分の都合のいい時間に求人情報を集められます。今の仕事と並行して新しい仕事を見つけたいという方には嬉しい仕組みです。求人は表に出ていないだけで、すぐそばにある場合もあります。求人サイトには数多くの仕事の求人がありますが、サイトによって得意な分野や地域特性、紹介の仕方などに差があります。数多くの求人情報サイトに登録しておき、広く仕事の情報収集をすると希望に沿った仕事が見つけやすいようです。扱う地域は求人サイトによって少しずつ違いますし、得意分野や不得意分野があるようです。求人情報が羅列されているだけではなく、就職活動で失敗しないための気構えや会社探しのポイント、履歴書の記入方法などが載っているところも存在します。倍率の高い求人では、すぐに応募者が集まって瞬時に求人の募集が終了していまうことも少なくないといいます。頻繁に仕事の求人情報をチェックするようにしましょう。
 
 
【おすすめリンク】
ダイエット小ネタ集
知って得するサプリメント情報
キャッシュカード・クレジットカードのお得情報

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事