ひげ爺の備忘録

地方出張等で名所見物して思ったことを徒然に! 【最新更新:平成25年11月03日】_日記「平成25年以降 引越し」更新

全体表示

[ リスト ]

http://img.yahoo.co.kr/blog/emo/20.gif親友とのアニバーサリー・ジャーニー第2日目、層雲峡〜【旭山動物園】〜富良野〜五郎の石の家〜帯広へ・・・!(2006年7月21日撮影)

●今、超人気の旭川市の旭山動物園に寄ってみました。人気の秘密を後から知ったのですが、ちょっと失敗したのは、東門から入場したことです。
●「何故か?」って言うと、ここはその名の通り、山を切り開いて動物園にしたもので、最初はどこの動物園と変わることなく、人の入りも少なかったそうです。
●それで「災い転じて福と為す!」改造は、見せ方に工夫したとのことです。その一つが「立体展示」だそうです。動物を“上から、下から、前から、後ろから、横から”と四方八方から見れるようにしたことだそうです。動物の檻を、山の傾斜に合わせて傾斜させることで、入り口(坂の下側)を入ると、動物を下から見上げることになり、動物のお腹、足の裏、水の中の行動が見えます。順路通り登ると、今度は真横から、動物の視線で観察でき、上から見ると、背中や歩き回る軌道が観察できるのです。
●「ちょっと失敗」というのは、正門(坂の下)から入園し、順路を行けば、意識すること無く、山登りしながら、それらの特徴がまんべんなく体験できたのですが、知らずに東門から入り、他の見物客に逆行したり、スパイラルな行動になり、下ったり、登ったりの無駄な動きとなってしまったのです。
●もう一つの工夫、特徴は「生態展示」ということだそうです。動物毎に異なる生態を熟知し、その生態を最大限に引き出して見せる見せ方です。オラウンターの空中散歩、白熊のダイブ、ヤマアラシの隠れ家などなど随所に工夫がありました。
●これを機に自分のビジネスも考えてみようという、良い刺激になりました。

http://img.yahoo.co.kr/blog/emo/35.gif
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/66/7f/higejii/folder/467302/img_467302_38408632_0?2006-08-02 22:20
●旭山動物園は、上記の通り、いろんなところに工夫があります。特にとっておきの見所が、メニューとして掲示されていますので、その時間帯とマップを見比べて見学順路を決めることをお薦めします・・・!

http://img.yahoo.co.kr/blog/emo/35.gif
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/66/7f/higejii/folder/467302/img_467302_38408632_1?2006-08-02 22:20
●サルの檻の周りにある螺旋状の観察通路のいたるところにのぞき窓が設置されています。その窓の目の前が餌場であったり、遊具であったりするので、まさに手に届く位置でその生態が見られます。また各窓には時々蜂蜜を塗るらしく、サルがそれを舐めるので、口の中や舌先、手のひらや指紋までが目の前で見ることができます・・!

http://img.yahoo.co.kr/blog/emo/35.gif
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/66/7f/higejii/folder/467302/img_467302_38408632_2?2006-08-02 22:20
●サル山を上からみたところ、この図はだいたいどこの動物園でも見られますが、いろんな角度で見た後に、全体を鳥瞰するとまた新鮮な感慨があります。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事