Deep Snow Wolf〜詩と小説の館〜

突然のお引越し…お許しくださいませ!笑

ちょっとしたコラム

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

言葉っておもしろい!

ふと思ったことを書きます。

日本語に「星」って言葉がありますよね。
英語にすると「スター」ですよね。

日本語で「星の数ほどいる」って言ったら、「たいしたことない」って意味ですけど、
「君はスターだ」って言ったら、「才能のある輝かしい人物」ってことですよね。

同じ「星」なのに、こうも意味が反対になるって、言葉っておもしろいと思いませんか?

他にも、皆さんが思う「おもしろい(または不思議)な言葉」ってありますか?
あったら、教えて下さい(^-^)v

開く コメント(0)

ミュージックバトン!

僕のブログによくコメントをくださる、引さんからミュージックバトンを引き継ぎました。
お笑いバトンに続いて、ミュージックバトンも引き継ぐ事になってなんだから嬉しいです。笑
では、質問に答えていきます(^-^)v

.僖愁灰鵑貌っている音楽の容量

僕はけっこうPCに入れてますが、具体的な容量は答えません。笑
けっこう多いです。笑

∈J垢い討い覿

スキマスイッチの「雨待ち風」「青春騎士」など

最後に買ったCD

今は解散してしまったday after tomorrowのアルバム「primary colors」ですね。
ボーカルmisonoさんが、自分で作詞しているころが1番好きでした。

い茲聞く、または思い入れのある5曲

1.スキマスイッチ 「奏」

ラジオで流れていて、最初は気にしていなかったんですが、だんだん歌詞を聞いていったら感動してしまって、いつのまにか好きになってました。

2.day after tomorrow 「faraway」

datの記念すべきデビューシングルです。
misonoらしい元気いっぱいな「夏の恋」って感じの曲です。

3.上原あずみ 「無色」

今は活動休止しているのか、全然見かけませんが、この曲は歌詞に感動しました。
以前このブログでも紹介させていただきました。

4.奥田美和子 「青空の果て」

カラオケで熱唱してしまう曲です。笑

5.Do As Infinity 「陽のあたる坂道」

これもカラオケで歌うと気持ち良いです。笑

ゥ丱肇鵑鯏呂洪

☆The Finest Holiday☆の「アヤさん」

cafe de rikkaの「りっかさん」

つばさのひとりごと oneselfの「つばささん」

勝手に回してしまってごめんなさい!

開く コメント(6)

お笑いバトン!

え〜、この度、ブログの常連さんであるあずきさんから、お笑いバトンなるものを引き継ぎました。
内容は、お笑いに関する質問に答え、それを三人の人に回す事だそうです。
では、質問に答えます(^-^)v

●好きなお笑い芸人を5組あげてください●
スピードワゴン、江戸むらさき、オリエンタルラジオ、ヒロシ、Dice、

●1番好きなお笑いDVD(ビデオ)またはテレビ番組を教えてください●
テレビ専門なので…DVDもビデオも借りた事ないです。
好きなテレビ番組は…オンエアバトル、ゲンセキ、内村プロデュース、はねるのトびら…などなどたくさんあります。笑

●一発ギャグをどうぞ●
「若貴兄弟よ…いっそのこと相撲で決着をつけろ!」
うわぁ…一発ギャグじゃないですね。笑
許してください。笑

●次にバトンを渡す人●
ん〜、お笑い好きのブログ友がなかなかいないですねぇ。笑
では、
いちはさん、引さん、りっかさんです!
勝手に回してごめんなさい!

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

楽曲募集!

どこに書いていいか分からなかったので、自分のブログに書きこむ事にしました。

日ごろから作詞をしてみたいと思っているのですが、そのもととなる「楽曲」が作れません。
そこで、この記事を読んでいて、曲作りができる方、もしくは趣味で作曲をやっている方の中で、「曲を提供してもいい」という方いらっしゃいませんでしょうか?
作詞の腕前などについてはこのブログを読んでいただけたら分かると思います。

 突然のお願いで、とてもぶしつけかとは思いますが、コメントお待ちしております。

ちなみに、歌詞は「恋愛」が主になると思いますので、よろしくお願いします。

開く コメント(0)

最近、「作詞」というものにチャレンジしようと思うのですが、僕の中で「作詞」というと、曲やリズムなどがあって、それに言葉をつけていくという感じで、「作詩」というのは、字数の制限は基本的になく自由に言葉を並べるものだと思っているんです。
この考えは僕なりの考えなので違うかもしれませんが。
「作詩」については、このブログにも投稿しているとおり、いくつか書いているのですが、決められた字数で書く「作詞」というのが僕には難しいです。
やっぱりセンスがある人はそういう「歌詞」みたいなものって自然と浮かぶんでしょうか?
一つだけ「作詞」用に書いたものもあるのですが、完成したものを見るとなんだか自分の「作詩」のときにはあった”自分らしさ”みたいなものが消えてしまったような気がするんです。
この悩み、一体どうやったら解決できるんでしょう?

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事