ここから本文です
旅の思い出を五行記にかえて/JXTGエネルギーのLNG火力発電所の建設をやめさせよう

書庫清水LNG火力発電所建設反対

記事検索
検索

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

きのう(1月14日日曜日)今年二回目の街頭署名活動を静岡駅地下コンコースで行いました。

大勢の市民が行き交う地下通路で、清水の街のまん中に計画されているとんでもない火力発電所の非常識さを訴えました。

この活動には、九名が参加して、132名から建設反対の署名をもらい、ビラは450枚ほど手渡しました。

署名活動を企画してくれたKさんの感想です。

本日13時30分より約2時間静岡駅前北口地下通路で
署名活動を行いました

8名の参加があり132筆署名をいただきました

偶然でしたが静岡のSさんが通り そのまま署名活動のお手伝いをしてくれました ありがたかったです

東京のご婦人が紙幣をカンパして下さりました  チラシは450枚ほど配布しました

最初はチラシを手にしてくださっただけでしたが用事を済まされお帰りにチラシを読んで署名して下さったという方もいました

出足は 良くなかったですがさすが県都ですね次第に通行量も増えてきました
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さん明けましておめでとうございます。私達清水LNG 火力発電所建設に反対する住民は今年も反対の声をあげ続けます🙋
早速今日(1月2日)6名で秋葉山公園で反対署名集めをしました。58名のかたから署名をいただきました

この記事に

開くトラックバック(0)

本日(12月23日)清水港日の出埠頭に入港した地球深部探査船「ちきゅう」にあわせ、この埠頭のすぐ先にJX TG がまだ建設計画を諦めていない「清水LNG 火力発電所」の不条理さと危険を訴えて、署名活動をしました。

12時半からおおよそ2時間、7名の参加でビラ配布350枚建設反対の署名は114名のかたからいただきました。

 最近の署名活動では、すでに署名済みの人もかなりいて、建設反対運動の広がりをかんじました。
「ちきゅう」も外部からですが見学してきました。
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりに五行歌を作ってみました。
清水LNG火力発電所建設計画がいかに道理にあわないものか、意味のないものかを書いてみました。

・こじつけの  理由はとうに 見抜かれて
  火発を作る 意義何もない

・世のためと  うそぶく理由 並べても
  街守りぬく 正義は吾らに

・住民に 迷惑がられる ものつくる
  一流企業の プライドどこに

・もし仮に 火発ができたら この街は
  気温があがる 灼熱の夏の夜

・大量の 冷却水を 蒸気にし
  湿度がふえて むしぶろ状態

・排ガスで ぜんそく増えぬ 保障なし
  火発なければ 空気はきれい

・調査した ウメノキゴケが さけんでる
  清水の空気を そのまま続けろ

・逆転層 突き抜けるには 600mの
  煙突必要 作るつもりか?

・街をゆく デモの叫びは 人々に
  シュプレヒコールの 声をとどけて

・街角で 火発反対 訴える
  署名する人 次からつぎから

・この街が いい街と思い 越してきた
  とんでもないもの 作らないでよ

・知事さんも 市長さんも みな反対
  それでも進める? 火発計画

・住民に 火発について 問いかける
  ほぼ9割が 建設反対

・住民に なんの得ある 火発作り
  あるのは不安と 心配ばかり

・だれでもが 不安と心配 もっている
  火発はそんな めいわく施設

・あまりにも 街に近すぎ 火発計画
  だれもが反対 至極とうぜん

・税収も 雇用も増えぬ 火発でき
  経済効果は なんにもない

・客船が  港に入って ながめても
  えんとつ邪魔して 富士がだいなし

・ひんぱんに タンカー入港 訪れた
  クルーズ船と ミスマッチング


この記事に

開くトラックバック(0)

JR清水駅東口からわずかなところにJXTGエネルギーが建設を計画している「清水LNG火力発電所」について、地元自治会のひとつ伝馬町自治会(江尻地区)は、独自に自治会員(住民)の意向調査を行ないました。
自治会加入世帯数は137戸です。
約72% 99世帯の自治会員(世帯)が回答を寄せています。
いかに地元住民の関心が高いかわかります。

回答のうち、「建設反対」と答えてのは87世帯じつに88%という圧倒的な世帯です。
そして、その建設反対意見(理由)も、市民ならしごく当然に不安をいだいたり、普通に心配するまっとうな意見(建設反対の理由)ばかりです。
「わからない」と答えたのは9世帯(9%)です。
そして「建設賛成」と答えたのはわずか3世帯(3%)にすぎません。

JXTGはこのような地元住民の不安や心配を取り除くことができない以上、建設計画は白紙に戻して、即とりやめるべきです。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事