わたしの五行記

旅の思い出を五行記にかえて/JX-TGのLNG火力発電所の建設をやめさせよう

清水LNG火力発電所建設反対

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年一番の暑さの中JR清水駅前で道行く人にお願いをして、シール投票を行いました。
写真のとおり反対が圧倒的に多く79票(92%)、わからないが5票(6%)、賛成が2票(2%)でした。
先月にくらべ、わからないの割合が減り、反対が増えました。
これが市民の普通の思いです。



イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


守れ愛しの清水がYoutubeにアップされました
みなさん、ご視聴ください。










この記事に

開く コメント(0)

清水駅前LNG火力発電所建設反対の署名を約12000名分集めて、2月の静岡市議会に請願の形で提出しましたが、
どういう訳か?
否決されてしまいました。

3月に市議会議員の選挙があり、市議会議員の構成も変わり、そして何としてもこの不合理な計画を止めさせるために、静岡市議会に「駅前LNG火力発電所建設計画」の中止の決議をしてもらいたく、再度署名活動を開始しました。
こんどは、さらに多くの人に署名をしていただき、集めて静岡市議会に提出したいと思います。
以前に署名をしていただいたかたも再度、以前には署名をされなかったかたも、この趣旨に賛同してもらいたく、署名をお願いします。
(ご面倒でも、下の署名用紙の画面をプリントアウトして活用ください。)

署名をしていただいたあとは、一番下の連絡先までご連絡いただけば、
取りに伺いますし、郵送していただいても構いません。
この署名用紙にご記入されたご氏名と、ご住所の情報は、他の目的には使用いたしません。
また、ご署名は静岡市に居住されていない方も有効ですので、ぜひお願いします。
ご質問のあるかた、くわしい資料がほしい方も下記の連絡先までご連絡ください。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日の市との話し合いが静岡新聞に掲載されました。
記事を読む限り、新聞記者もびっくりの市の対応です。
また、田辺市長も定例記者会見で、二月市議会で建設中止の請願が提出されたことを受け、
事業者にこれまで以上の丁寧な説明をするように働きかける考えを、しめしました。
また昨夜のあさひテレビのニースでも同様の報道に加え、江尻自治会が計画している反対住民と事業者の双方に意見を聞く会の予定も紹介されました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

5月18日 18:30より清水庁舎302号室でLNG火発問題で心配をしている市民と静岡市当局との話し合いが
もたれました。

安全問題と環境問題を中心に話し合われましたが、当局の担当者がしばしば見せる、どこまでも東燃よりの発言と、知見のなさ(勉強不足)、危機感の欠如にはあきれるばかりです。

いったい市民が安全に快適に暮していくにはどうすべきなのか、何を考えているのか何も伝わってきません。
コンビナートの安全の見直しはこれからだとか、
危機管理室の担当者にいたっては、「火発は何が危険なのか?」と市民に問い、言い出して
「危険ではない認識」とか
あげくのはてには、市議会の「志政会」が「LNG火発は危険がないと言っていた」と、その意見を聞いたのか、「危険はない」と言い出すしまつ。
たしかにこれじゃあ「危機管理室」などいらない、この部署の仕事は、いろいろあっても、それでも危険なことはないのかを検証するのが仕事のはず、事業者である東燃の言い分のみを鵜呑みにして、言うなんて、東燃のただの代弁者に過ぎない。

南海トラウ地震が起きたら、何分で津波が押し寄せてくるかわかっているのか??
もし、その時LNGタンカーが入港していたら、タンカーが何分で港から出て行けると考えているのか??
タンカーは自力航行ができるからいいと、屁理屈や詭弁をならべても、絶対に間に合わない。
そもそも、その時にタンカーが漂流したり座礁したり、さまざまなトラブルを起こす可能性はかなり多い。

さらに担当室長が、火力発電所のしくみそのものを知らないなんて、あきれるばかりです。
素人の市民のほうが、危険だから心配だから、一所懸命勉強をして得た知識のほうが多いなんて、
これはどういうことだろう。

環境局の担当者にいたっては
市長意見で、「駅前の高層住宅(タワーマンション)に特別に配慮をしなさい」といっているのに。
大気の測定器を東燃に取り付けるように言えない。
こんな簡単なことがいえない。
それで、測定もしないのに空気の汚れや、有害物質の存在がどうやって分かるというか。
不思議なことに、この担当者はわかると言う。
これは、どういうことなのか?
「あんたは超能力者か」と言いたい。
いったい、なにを東燃に遠慮して、東燃の立場でことを進め、東燃の言い分ばかりを聞いて言っているのか?
市の職員なら、もっと市民の立場によりそい、市民の心配事に耳を傾けるのが本来の職務ではないか!

こんな人達が市当局の担当者なんて、情けないと言うより、恥ずかしい限りです。

そして、彼らだって静岡市民のはず、駅のすぐ前に危険で環境を悪くし、景観だって壊す火力発電所ができることに、なんのメリットがあると思っているのか?
ほんとうに、こんなのが出来て不安や心配はないのか聞いてみたい。
おまけに、区役所の移転予定地が、駅よりさらに至近の場所だという、
そんなところで仕事をしなければならないことを、本当に本当にどう思っているのか、
問いただしたい!!!!



イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事