ここから本文です
ICHIの夢の家日記
2009年に夢の家Ⅳ(免振+柱オール檜)の家で建てました

書庫全体表示

こんばんは。

太陽光発電の導入を検討しているICHIです。

ここ記事2回ほどは、調査ネタで、


◆『近所の太陽光発電』と『我が家の電圧』との関係
≪概要≫
近所で太陽光いっぱい発電されたら、こちらからの売電が
流れていかないことが起こるという話(=電圧上昇抑制の話))

◆【太陽光発電】売電電圧での損得【事前解説編】

≪概要≫
ICHIの近隣で、太陽光発電の影響で、電線の電圧が上昇していたら、
ICHI家のコンセントの電圧も上昇しているハズ・・・ということで、
晴れ&曇りと天気が目まぐるしく変わる平日に、天気とコンセントの
電圧の変化を一日見てみました。

という記事を書きました。

この過程で感じた疑問は、

・家の近くにトランス(変圧器)があると、電線の電圧が上昇しにくいのか?
 (=パワコンが電線の電圧が107Vに上がったのを検出して、
売れる電気があるのに売電を止めてしまう現象が出にくいのか?)(電圧上昇抑制機能)

・売電のメータは『電流』で回るのか?『電力』で回るのか?
(=需要が少なく電線の電圧が上がり、パワコンの電圧も上がった際、
電圧を上げて出力すればするほど、電流は細りますが(電力=電圧x電流)、
電流が細ると売電は損するのか?


の2点で、これを電力会社に電話で聞きました。

応対してもらった最初の2名は、複数の方が、トランス逆流は『しない』と回答されるが、
その理由を伺うに、メチャクチャな理論だったので、指摘し続け、
やっと専門の部署に回してくれました。

事実を求めているので、どっちでもいいのですが(それぞれに応じた対策をすればいいだけ)
真実を教えてもらわないと、無意味な対策をしてしまいます。 
昔、マンション巡り、HMめぐりをしていた頃も感じましたが、
解らないことを、ごまかし適当な回答をする姿は、知っている人が聞いていると滑稽に映ります。
わからないなら、とわからないとサクっと言って、他のわかる方に転送して頂き、
わからない分、社内の人脈の豊富さを見せて頂きたいものです。

できる営業さんほど、自分の答えれる範囲をしっかり把握されており、超える範囲は無理には答えず、
サクッと持ち帰って答えてくれます。
(=いつも、感動していたのが、某マンションの不動産の営業の方で、躯体や構造の細かい質問になると、
  いつもその場で、社内の技術部門にTELして聞いてくれていました。)

で、回答ですが、

・電柱の低圧線(100V or 200V)から、高圧線(6000V〜6600V)に逆流できるか?
 これは事実との。
理由も、前回推測した、
【太陽光発電】売電電圧での損得【事前解説編】
がビンゴらしい。

  ・柱上トランスと言えど、容量が違うだけで、仕組みは電子工作で使うようなトランスと同じものらしい。

  ・柱上トランスは1次の電圧をn分の1にするだけ(=固定降圧)。
   時間帯による電圧の制御はさらに上位の変電所から6000V〜6600Vの電圧をいじることで行うらしい。

    ⇒そうゆう意味である程度まとまったエリア単位で調整しているようですね。
    ⇒トランス毎の個別の電圧調整は、関西電力限定かもしれないが、
        一年に一回電圧を調べて調整して回っているらしい。
        (=維持&メンテをやっているらしい)
    ⇒ICHI家の近くにトランスが入ったのもそういった調査の一環で入ったのかも。

  ・というわけで、トランスが近くにあると、高圧側をドライブしようとし、
  低圧側の30倍、60倍と言った電圧・・すなわち、相当の電力が流れている
  高圧をドライブすることはほとんど出来ず、低圧側の電圧は102Vとか、そうゆう電圧に
  抑え込まれるような動きをするものと思われます。
  (ただ、抑えれる、抑えれないは電力次第ですので、地域全体が、太陽光発電をしてたり、
  多ければ多いほど、1次側(6600V側)の抑えが弱くなり、徐々に6600V側も
  電圧は上がると思われます。
  ただし、6600V側の電圧上昇は、そのさらに上の2万2000Vから、
  6600Vに減圧する配電用変電所が近ければ配電用変電所に抑えられて・・以下同文。)
    ⇒ってことで、近くに柱上トランスがあれば、電圧上昇抑制がかかりにくい。
    ⇒ICHIの地域は、大型トランスが減って、小型トランスを増やす傾向がありますが、
      太陽光をする人に備えているのかもしれません。


・同じW数の電力を売電するにも高い電圧だと電流が減るので損?
  ⇒これは大丈夫との。
  ⇒電流だけでなくメーターは、ちゃんと電圧も見てるとの。
      ⇒よって、ちゃんと電力で売れている。
  ⇒逆に買電も一緒。
    ⇒よって、高い電圧で来ているから、ちょっと得とか、そうゆうのもない。



という結果でした。
電力会社内でも、最初の部署に応対に当たった人は、1次側に逆流はしないという人が多かったので、
ネット上には両方の意見があって全然不思議ではないですが、
ICHI調べでは逆流可でしたね。
(=といっても、上記にも書きましたが実際は2次側が1次側に押さえつけられるイメージですが。)

というわけで、土地選びの際、
・南側の人はトランスがあると影問題が出て邪魔者にされる。
・でも大電力を売電する人にとってはトランスは必須
  ⇒電圧の低下量は、
    以前、別件でICHIブログでも書きましたが、
   
       V=IxRブイ(V)っと屁をこいたのは(=)、私(I)ア〜ル(R)

   の法則で、

     電圧降下量(V)=電流(I)x電線抵抗値(R)
        (電流(I)は発電した電力÷売電電圧)
  
  ですから、電線抵抗値は、具体的な値は解りませんが、長さが2倍になると、
  抵抗値も2倍になります。
   (=よって電圧降下量も2倍になります。)
  ですね。

  大電力の売電を考えられている方は、100Vのパワコンじゃなく、
  200Vで売電するパワコンを使う方が、
  同じ電力でも電圧が2倍になる分、電流が半分になります
  (電力=電圧x電流)
  ので、オイシイかも。

ICHIは、載せて6KW程度ですが、100VだとMAX60A。
これって結構大電流ですよね。

◆おまけ
  あと売電するのに、パワコンに売電時、何Vまで電圧上げますか?
  と設定する設定値があります。

  これは、必ずしも、その値で売電する・・ってわけではなく、乾電池に負荷のかかるモータを繋げると、
  電圧が下がっていくのと同様、売電時も、チュルチュルと売電されている状態なら、
  実際はこの設定値よりも低い電圧でつながっていると思います。

  ただし、大容量のパネルを積んじゃうと・・例えば、9.88KWとか
  補助金上限まで設置しちゃうと、100VではMAX100Aまで流れるので、
  電線の電圧をドライブしきるどころか、需要電圧を超え、設定電圧まで、
  電圧が上がる状況になりがちです。

  で、この売電電圧の設定値を上げることでも解決できます。

  ちなみに、三洋パワコンは上限が107V、109Vの2択、
  田淵製のは107〜114Vまで上げれるという情報を聞いたことがあります。

  一般的に、この設定値は、売電時の電圧は107Vまでで、それ以上は
  抑制する(=売電をやめる)機能(電圧上昇抑制機能)がついていますが、
  ICHIの調べた上記パワコンに対しては、それ以上の設定も可能っちゃ可能みたいです。

  ただし、107Vを超える電圧は、お隣の家の電化製品を壊しかねない設定ですし、
  (というか自分の家の家電も・・)
  電圧は、毎年、電力会社の定期点検しているそうなので、見つかると罰せられる話ですので、
  電力会社と合意取った上で、太陽光パネル設置メーカーが行うべきです。
  まぁ発電所になるという自覚を持て。というヤツでしょうか。

  なので電圧上昇抑制の対策としては、

  1)パワコンの売電電圧を200V系の太陽光システムを選択し、電流を半分に減らす。
     (=これで電線の距離による電圧低下量を半分に減らせます。普通200V?)
  2)トランスを自宅前に設置してもらい、一次側に電圧を押さえつけてもらうようにする。
      ⇒30分の移動平均で107Vを超えると無償で電力会社がやってくれる。
        微妙な電圧のときは微妙。。10万円払えばやってくれるとか言う情報も。。
      ⇒電力会社にはそれ以外の解もいっぱい持っているそうで、それ以外の対応をされちゃうことも。。
  3)売電の電圧を上げる。
     ⇒上記パワコンの設定値をイジってもらう。

    があるようです。

発電所になるには、色々知識必要だなぁ〜と思った方は
下記をポチっ




太陽光の情報がいっぱい
  電気の自己消費を減らすには高気密&高断熱な一条の家

  • さすがですね。
    電話掛けて調査まではさすがにやらないなぁ〜(^^)

    電柱に付いているトランスでは電圧制御は出来ないでしょうね。
    きっと最寄りの変電所に大型トランスがあるので
    そこのトランスはタップを持ってるので
    電圧制御が可能でしょうね。
    低圧側の電圧を抑制というよりは
    102Vが設定電圧ならば、設定電圧になるようにトランスのタップが切り替わり制御してると思われます。
    なので例えば108Vになるようであればタップが切り替わり降圧され102Vになります。

    太陽光パネルの影響があるのはたぶん最寄りの変電所まででしょうね。
    でもご近所さんはパワコンがしっかり制御してないと家電が壊れちゃいますね(≧∇≦)

    電線のロスは家庭用が200Vになってきた理由の1つですよね。
    まぁ売電メーターまでの電線を大きくするっていう手もありますよ(^O^)

    という僕は何も考えずつける予定ですけど(笑)

    [ takemaru ]

    2010/12/28(火) 午前 9:00

  • な〜るほど!って理解してませんが。
    ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
    気になって我が家のシステムも調べてみました。電力会社より連系前(調査日は設置工事前でした)に送られて着た「系統連系に対する検討結果回答書」にみんな記されてました。変圧器柱の番号は引込柱の次の番号で実際に目視しても隣でした。パワコン出力電圧は202V。電圧上昇抑制は整定範囲106〜110Vで、整定値109Vとの事です。
    ICHIさん情報的に良さそうで安心しました。ちなみに晴天時のコンセントの電圧は105Vでした。発電してない時も今度測ってみます。
    では、また凝ったお話しお待ちしてま〜す。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    [ ブーちゃん ]

    2010/12/28(火) 午前 10:13

  • 顔アイコン

    Takemaruさん、こんにちは。
    ちょっとコメがわかりにくかったですが、
    一部が108Vになるだけで、配電用変電所が自動的タップをかえる・・は
    かなりイメージしにくい
    (と。いうか108Vに上がっていることも検出不可なんじゃないかと)
    です。

    ICHIは、タップでいうなれば、柱上トランスを定期的に見直し、タップを上げ、1次線の巻き数をあげることで、2次から逆流の昇圧率を上げ、
    6600V側の負荷(他の柱上トランス達)を需要側にし、
    ドライブしきれないことで、2次側の電圧を押さえるイメージです。

    いわば内部抵抗の話ですね。

    線を太くは当然です。
    ICHIはパワコン〜電柱間だけでなく、
    パネル間の配線も普通の2倍にすべく、
    普通より太いCD管を通してもらっています。

    [ ICHI ]

    2010/12/28(火) 午後 0:28

  • すみません。
    中途半端過ぎな例えで(^_^;)

    変電所で制御できるのは6600Vなので
    6600Vを一定に保つようにタップが自動的に変わります。
    電柱のトランスは固定比で降圧しているので
    1次側(6600V)が一定なら2次側(100/200V)も一定
    1次側が変化すれば2次側も変化するという事です。

    100/200V側は確かに監視不可ですね。

    たぶんICHIさんが思ってる通りだと思います。

    電柱トランスの定期点検では2次側を規定電圧にするためにやってるみたいですね。

    ICHIさんCD管太いの引いてるなんて準備がいい♪
    実はこの記事内容建てる時から知ってたんでしょ(^^)

    [ takemaru ]

    2010/12/28(火) 午後 1:33

  • 顔アイコン

    ブーちゃん、こんにちは。
    ICHI家が近所の太陽光発電の電圧が来てなかったので、
    自身が開催されている方のコンセントの電圧は興味ありますね。

    ICHIの場合、最寄の太陽光発電からもトランス3個は越えないと
    いけないので、きっとトランスに押さえ込まれて来れないんだと思います。

    補助金が少ない地域の数少ないメリットですかね〜(汗)

    [ ICHI ]

    2010/12/28(火) 午後 6:27

  • こんばんは。
    いつもながら、徹底的に考えられてるな〜と感心してます。
    半分以上理解出来てませんが…(滝汗)
    うちもちっちゃな町工場なのですぐ横の電柱にトランスが上がってるんですが、数年前にトランスに落雷があって機械壊れまくりました。
    (動産保険で直しましたが、立て替えが大変でした。)
    トランスあると雷落ちやすいとかってあるんですかね?

    やまぞ〜

    2010/12/28(火) 午後 10:44

  • 顔アイコン

    takemaruさん、こんにちは。
    了解。同じことを言ってたようですね。

    電線に抵抗がある限り、家が建ったり、
    オール電化する家が出る度に、柱上トランスのタップ調整は必要でしょうね。
    101±6Vの範囲でいいとされていましたが、
    太陽光が流行ると101±2Vぐらいに押さえて欲しいものです。

    [ ICHI ]

    2010/12/29(水) 午前 8:47

  • 顔アイコン

    ↑あと、ここ3回の記事、電気回路を趣味程度の知識はあるので、
    これまでは『推測』はしていました。
    でも、推測の域を出なくって、今回、電力会社にTELして
    『確信』というか『確定』に変わったという感じですね。

    あとCD管は、ムダになるかも。。
    今のICHIの考えだと、パワコンは野外が理想です。
    またこれも記事にしようかな。

    [ ICHI ]

    2010/12/29(水) 午前 8:51

  • 顔アイコン

    やまぞ〜さん、こんにちは。
    柱上トランスをはじめ、電線には落雷がないように、
    電柱の一番上の線は避雷線なんですが、ICHIの家の前の電柱も
    そうなんですが、避雷線がないです(汗)
    一番上の3本線が6600Vで、その上に1本線があれば避雷線です。

    [ ICHI ]

    2010/12/29(水) 午前 8:59

  • 顔アイコン

    太陽光発電について、詳しくなりました♪
    アリガト───(人´∀`*´∀`人)───♪

    ベビ

    2010/12/30(木) 午前 5:34

  • 顔アイコン

    こんにちは
    電気の話だったのでコメントしてみました^^

    電圧降下の計算には電線の抵抗値を使った正確なものもありますが、面倒なので、簡易的な計算方法を載せてみますね

    電圧降下V=17.8×電線の長さm×電流A÷(電線の太さmm2×1000)
    ※単相3線式(100/200の電圧が使えるやつですね、太陽光なら一般的だと思います)の場合
    単相2線式の場合は17.8が35.6と倍になります

    あと、電圧がそれほど上昇しないのはトランスの配電範囲のなかで消費されているからだと思いますよ、消費する家庭が少ないか、発電する家庭が多くないと隣の配電範囲まで行かないと思います

    またマニアックなネタお待ちしてます〜^^

    [ key ]

    2010/12/30(木) 午前 10:02

  • 顔アイコン

    ベビさん、こんにちは。
    伝わったようで良かったです♪
    この手の記事、どう書けば多くの人に伝わるか
    いつも難しいです。

    [ ICHI ]

    2010/12/31(金) 午前 7:37

  • 顔アイコン

    keyさん、こんにちは〜。
    電気の話がお好きなようで♪

    17.8は何の係数か気になりました。
    式的には、伝導率かな?と思ったけど、銅はもう少し小さい値だったと思うし。

    しかし、上がるか上がらないかは、需要と供給のバランスですよね。
    ICHI家の立地は、供給より、需要が多い。
    よって太陽光やるのにプラスの立地。
    そんなところかな。と思っています。

    [ ICHI ]

    2010/12/31(金) 午前 7:47

  • 顔アイコン

    明けましてオメデトウございます!
    記事を読ませていただきました、とても突っ込まれた記事で勉強になりました!
    自分で考えてた対策もあながち間違いではないようでしたので一安心です(^^;
    一番のツボは「ブィッと屁をこいたのは私でア〜ル!」
    家族の前でオナラしちゃったら、この件を使わせて貰います!

    [ まか ]

    2011/1/2(日) 午後 9:27

  • 顔アイコン

    あけましておめでとうございます
    ウチでは子供が目を離せないためレス遅くなりました
    会社のPCのほうが落ち着くかも^^;

    17.8とか35.6は定数なのですが、たしか銅線の1mm2、1km当たりの抵抗値だと思います。電圧降下 計算でググると出てくる一般的な値です、あくまで簡易的な計算用ですので本来の交流回路に出てくるリアクタンスや力率を無視してます
    会社でも電圧降下やケーブルの太さを決めるときの参考に使ってます

    [ key ]

    2011/1/3(月) 午後 0:52

  • 顔アイコン

    まかさん、こんにちは。
    大電力売りは、色々考えないといけないと思いますが、
    リターンも大きいですね。
    V=IxRは、子供に教えてあげて下さい(笑)

    [ ICHI ]

    2011/1/3(月) 午後 3:40

  • 顔アイコン

    keyさん、こんにちは。
    なるほど。
    あと、このオーダーの抵抗値を持っているという感覚は重要ですね。
    100m&1Aで1.78V、10m&10Aで1.78V。
    2mm2でも、20m&10Aで1.78Vって、結構売電にも効いてきそうですね。

    [ ICHI ]

    2011/1/3(月) 午後 3:43

  • こんにちは、お友達のブーちゃんよりご紹介いただき訪問させていただきました。
    頻繁に電圧抑制がかかります、私には難しすぎて理解しきれていませんが、業者さんからは、頻繁に抑制掛かれば中電に電話してくださいと言われていました・・・・私などが電話した所で、知識が無くては、話にならなかったですね・・・・我が家のコンディショナーがどのようになっているのか?電圧は?などなど、調べてみたいと思います。
    また、お邪魔させて頂きます・・・ブログ勉強になります。

    [ ねこ ]

    2011/1/10(月) 午前 10:19

  • 顔アイコン

    ねこさん、はじめまして!こんにちは。
    頻繁にかかるのですね。
    なんとかしないともったいないですね。

    左の『太陽電池』のタグにも色々ヒントはありますが、

    ・業者にパワコンの出力抑制値を聞いて
    ⇒或いは自分で調べる調べ方を。

    ・パワコンが抑制中になったときの家の電圧をテスターで調べて
    ⇒感電に気をつけて下さいね。

    ・中電に文句を言う
    ⇒家の電圧がxxVになるからなんとかして欲しい。と。
    ⇒常時102V以下になることが望ましいです。
    ⇒その時、うまく家の前に柱上トランスを設けてもらう方向に
    話が運べれば理想です。

    って感じかな。
    なんかあったら、相談乗りますよ。
    ICHIも先行してトラブルを経験したいので♪
    ガンバって下さいね。

    [ ICHI ]

    2011/1/10(月) 午前 10:34

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事