ここから本文です
ICHIの夢の家日記
2009年に夢の家Ⅳ(免振+柱オール檜)の家で建てました

書庫全体表示

今日は休みで電動ハニカムを作っているけど、
息抜きにふと見つけた以下の記事

さすけさんのところの本でみつけたi-smart批判:Q値の必要十分条件の記事で、
ピクっとしてコメを書き出したら長文に。。

ってことで、画像を追加して
自身の記事にしちゃいます
久しぶりの記事だったのでコメしようと思っていたけどゴメンね >さすけさん

で、ICHIの思う
 『建ててから思う、家の最適なQ値』
が今回の記事。

◆住宅本

いい家が欲しい等、こういった本は、
何処のHMの繋がりがある人間か、
すなわち、ステークスホルダー(利害関係者)によって
本の内容が変わるので、
一概に
 正しい
とは思わず
何を信じればいいか
は、自分で判断するしかないでしょう。

そもそもQ値がいくつかがいいか?
について、
  次世代省エネがxxだから、その半分のQ値は断熱過剰
はムチャかと。

一応数字では語っていますが、
大手HMが結託して自分達が建てれる断熱性を定め、
その数字の半分とか1/3だからうんぬんって
施主が欲しい断熱性とは全く関係ないです。

だから、そうHMが勝手に決めた基準で、
それからの相対値で言われても、HM側の視点かと。

◆施主視点での最適Q値とは

施主側視点で語る、
しかも最適なQ値とは何をモノサシにすれば良いでしょう

ICHIは、
その地域の寒暖で最適Q値とは、
住んだ時の

  夏の電気代と、冬の電気代が等しい。

これだとどうでしょう

家の電気代は、冷暖房費だけではありませんが、
Q値がお住まいの地域にあっていないと、
冷暖房費以外が誤差になるぐらい電気代の高い/安いが
冷暖房費で決まるようになります。
そのような家は地域の寒暖に合ってないQ値の家かと思います。

◆実際数字を出すと・・・

ICHI家の満2年間の実績で、
ICHI家が地域の寒暖とQ値が合っていたか、
数値を出すと、

ICHI家は、
・関西(Ⅳ地域)
・セゾンⅣ
・オール電化
・太陽光なし
ですが、

夏のピーク8月は8千円弱
(一応23年の8月も右に明細載せますが、子供産まれて妻が実家帰省中で独身モード

イメージ 1











冬のピーク1月1.2万円ぐらい




(22年1月は1.15万)







22年の1月分の電気代は1.15万でしたが、
この頃は明細残してない ブログにも明細載せてない
で証拠はないんです
と、冬の方が電気代かさむんです。

ただ、その差4000円なので、割とイイ線は行っているかと。
でも、どっちか言うと、まだ冬の方が苦手な家であることには違いありません

ちなみに、ICHI的には、一条で家を建てて
思ったより断熱性がイイとは感じませんでした。

ICHIの頃はあまり一条工務店に関して情報がなく、
ICHIも最初、
Q値が次世代省エネの半分以下だから
さぞ断熱オーバー、

  夏の方が電気代かかる家

だろうなぁ。
(でも冬、寒い家はイヤだから、ガマンできるよね
ぐらいで一条の家にしましたが、

結局、冬は夏以上にエネルギーが必要な家でした。

いえ、当然、床暖で快適ですよ。
日が射し込もうものなら、
この時期でも小春日和ですし。

そうゆう意味じゃないんです。
電気を使って得られる快適性なんです。

エアコンで暖めた空気じゃなくって、床暖なんで、
無音&無風で、Q値の実力のように錯覚しますが、
電気代は冬はしっかり夏+4000円かかっています

というわけでⅣ地域の寒さでは夢の家Ⅳぐらいでは、
まだまだQ値は不足で、I-Smart、i-CubeでもOK

というか、

 思っているよりもQ値は良いめにした方がいい

と思います。

夏の方が電気代かかる家って、具体的には、
冬の暖房費より、夏の日射取得+生活家電の排熱の処理に
かかる電気代の方がかかる家・・・になるのでしょうか。

それを達成するにはどれぐらいのQ値が必要なんでしょうね。

確かに断熱性もっと欲しいですよね
と思った方は下記をポチっ
一条ブログ村

  • 顔アイコン

    Qさん、こんにちは。
    Qさん好みでしょ(笑)

    >さてさて、家を出入りする熱量は、Q値だけでなく、家の内外の温度差にも影響を受けま

    もちろん、そうですよ。
    Q値って意味のある値で、単位はW/(m2・k)ですからね。
    ひらたく言うと、単位延べ床の内外温度差1度辺りに逃げる熱量のワット値
    といったところでしょうか。

    内外の温度差が1度から10度になれば、逃げる熱量は10倍になりますし、
    同じQ値でも家の広さが2倍になれば、2倍熱が逃げますね。

    [ ICHI ]

    2011/12/30(金) 午後 8:08

  • 顔アイコン

    つづき。

    で、
    >冬場:室内20℃、室外0℃の場合で温度差20℃
    >夏場:室内25℃、室外35℃の場合で温度差10℃

    >冬のほうが夏よりも温度差が大きくなりがちなので
    >逃げる熱量がかなり大きくなります

    そう思うでしょ。
    もちろん、それはそれで正しいのですが、
    さらに、
    ・人の熱、生活家電の排熱が、冬はプラス、夏はマイナスに働く。
    ・窓からの日射取得による熱も、冬はプラス、夏はマイナスに働く
    という熱量も考慮しないといけません。

    冬、内外20度差で、毎時2KWの熱量が逃げても、
    生活してて2KWの熱を排出していれば無暖房でOK。

    夏、内外10度差で、毎時2KWの熱量が入ってきて、
    生活してて2KWの熱を排出していれば合計4KW、
    エアコンで排熱しないと一定の温度が保てません。

    この家の場合、夏の方が遥かに電気代がかかります。

    ちなみにコレが無暖房住宅・・と呼ばれるヤツですが、
    冬は無暖房でも、夏は無冷房ではありません(汗)

    [ ICHI ]

    2011/12/30(金) 午後 8:38

  • 顔アイコン

    というのがありながら、残念ながら、
    ICHI地域の冬の寒さ+セゾンでは、
    『無暖房(=夏暑い)』
    どころか、
    『夏&冬均衡』
    どころか、
    『普通に冬の方が電気代かかる家』
    なんですね(ToT)

    で、乎楼茲隆┐気北瓦硫鉢犬任錬冀預りなくない?
    と思うんです。

    あとお気に入りありがとうございます。
    こちらからも登録しますね!

    [ ICHI ]

    2011/12/30(金) 午後 8:39

  • 解説ありがとうございます。
    そうですね〜。生活熱も考慮しなきゃいけませんね〜。

    なるほど。かなり納得です。
    LED照明や効率のよい冷蔵庫などに買い替えると、生活熱が少なくなるので、暖房に必要なエネルギーが増えるということですね〜。
    でも、この場合は照明や冷蔵庫に必要なエネルギーは減るので、トータルは得なのでしょう。
    冬場は部屋で筋トレをして発熱量を増やすとするかー(笑)

    こういうことを追及すると面白いのかも…
    勉強になりました!

    [ Q ]

    2011/12/30(金) 午後 8:43

  • 顔アイコン

    Qさん、こんにちは。
    でしょでしょ。
    ちなみに、コメ、一部計算間違っていました。
    >夏、内外10度差で、毎時2KWの熱量が入ってきて、
    >生活してて2KWの熱を排出していれば合計4KW、

    じゃなくて、

    >夏、内外10度差で、毎時1KWの熱量が入ってきて、
    >生活してて2KWの熱を排出していれば合計3KW

    ですね。
    内外の温度差が20度で2KWの熱が逃げる家は、
    内外の温度差が10度では熱の逃げは1KWですから。

    あと
    >LED照明や効率のよい冷蔵庫などに買い替えると、
    >生活熱が少なくなるので、暖房に必要なエネルギーが増えるということですね〜。

    ということですね。
    ヒートポンプは冷房にせよ暖房にせよ
    COPが3〜6で得れますから、
    生活家電の期待しない排熱(COP1未満)より
    効率良く、トータルエネルギーは少なくて済みますね。

    [ ICHI ]

    2011/12/30(金) 午後 9:04

  • 顔アイコン

    あっ、あと、コメに書き忘れましたが、
    ・夏一番エアコンがガンバるのは『デイタイム』
    ・冬一番エアコンがガンバるのは『リビング or ナイトタイム』
    と言うのもあるんですよ。

    って感じで、何かと冬より夏の方が、
    『電気代』がかかる要素はあるんですよ。
    それでも冬に電気代がかかる家は何かとQ値足りないです(←しつこい(笑))

    [ ICHI ]

    2011/12/30(金) 午後 9:04

  • ICHIさんメソッドですねw
    何人の営業さんが、うなずいていることでしょうw
    と想像すると、楽しいかもです。

    確かに、冬にかさむのはQ値足りないかも。
    現状最高でも、よりよくしてくださいね、ですよね。
    zionは、スェーデンやノルウェーの輸入住宅に興味をもったことがあって、
    でも、日本では一条さんが肩を並べられる唯一だったのと、
    やっぱ、床暖半端なく安かったのもあり、即決したようなもの。

    でも、もっとよくなったら、やっぱいいかも。

    zion

    2011/12/30(金) 午後 9:45

  • 顔アイコン

    こんちゃ♪
    ご無沙汰です〜

    夏の方が電気代が掛かるなんておもしろいですね。
    ICHIさんらしい発想です。
    長くなりそうなので、端的に持論展開します。

    Q値ですべてが決まるわけではないので、C値やμ値辺りも考慮したいですよね。
    夏は日射と産熱が原因の大部分で、冬は気密が大きく影響しているようです。
    もちろん冬の方が、外気温との差が大きいから当たり前ですよね。
    それを逆転するには、鬼のようなC値がいるでしょ。
    仮に、産熱や電気使用時間帯を考慮しても、C値が0.3cm2/m2程度じゃないと、空想も現実にはならないと思います。

    外気の影響を受けやすいと酷評されてるi-cubeですが、
    使い方次第みたいです。
    昨季は普通に生活してみましたが、今年はいろいろチャレンジしているので、暖房費半分以下です。推定ですが。
    ICHIさんの考え通りに、熱の放出を少なくして、COPの良い物使えば改善できるっしょ♪

    [ ちでとかチーデーとか ]

    2011/12/30(金) 午後 9:59

  • 顔アイコン

    500字制限ってなんじゃあああああああ

    続きです。
    C値1.0cm2/m2&Q値1.0以下は最低基準としても、C値0.5cm2/m2&Q値0.8が当たり前に建設されている以上、現状に満足するわけにはいきません。
    もっとももう建っちゃいましたから、手を加えるにも限度がありますが。
    一条さんも、C値の改善に努力されているようなので、後発ロットの方が快適でしょうね。i-smartは除きますが。

    てなわけでQ値のみで、必要不必要を考えることはできません。
    それでも論じるなら、i-cubeのQ値では足りません。
    サッシの性能向上をお願いしたいですね。
    C値0.3なら十分勝負できます。
    換気装置でうんぬんかんぬんはやめましょう。
    って言い始めて2年経ちますが(笑

    やっぱ長くなりますね。
    最後になりましたが、本年もお付き合いいただきありがとうございました。
    来年もよろしくお願いいたします。
    お風邪などひかれませんように。

    快適な一条の家だから大丈夫だった(照

    今から長期外出しますので、書き逃げっす〜

    [ そんなの ]

    2011/12/30(金) 午後 10:00

  • 顔アイコン

    Q値は、半分くらいにしたいですね。

    実際、住んでつくづく思いますが、冬の暖房比は、i-cubeでもまだ高いと感じますね。
    自宅で計算したら平均気温5度として温度差15度維持しようと思ったら36kwh相当の熱量が必要でしたので、冬季なのでCOP3としても生活廃熱引いても10kwh相当の電力が必要でした。これだと、深夜電力の恩恵は、まだ必須だと感じます。
    私は、深夜電力なくなるころには、太陽光の売電もなくなってるでしょうから自前の電力でCOPUPを考えています。
    夏にしてもエアコン使用前提ならQ値が高いに越したことないですからね。外気より暑い部屋で夏を過ごすのだったら話はべつですが・・・
    Q値が高すぎるから良くないとかいいより。、むしろ、Q値を上げたら壁が厚すぎるとか窓がないとかもっと別の都が問題になるでしょうから、施主は、そっちを気にすべきと思います。
    だから、私も高断熱な壁とサッシを希望します。

    [ gama ]

    2011/12/31(土) 午前 9:18

  • 顔アイコン

    zionさん、こんにちは。
    ICHIメソッド(笑)
    誰にでも解るシンプルで的を得ているような気がしませんか?

    ヌクヌク族にとっては無暖房住宅はイイんですが、
    冬は無暖房でもその分夏にしわ寄せが来るからイキすぎ。

    一般的に好まれるラインは、夏も冬も同負荷、
    しかも電気代的に見て同じ・・ぐらいが好まれるラインかと。

    なんで、それすら達成してなく、普通に冬の方が
    電気代かかる家ではまだ不満。
    ホント、もっと高性能な家が出てきて欲しいですよね。

    って出てきても、もう一軒建てるのはシンドイですが(苦笑)

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:08

  • 顔アイコン

    チーデーさん改めチデさん改め最近はまた別の名前?さん、こんにちは。

    久しぶり〜♪
    話がズレてますが面白いし役立つ人も多いからOK

    とりあえず
    確かにC値やμ値も影響しますね。
    C値は解るんですが、μ値はHMの選択に関係ないっしょ。

    その説明からすると、

    μ値は窓の明るさに直結するので、
    もしそのHMのサッシがμ値が小さいなら、
    大きい窓にしなきゃいけないし、大きいなら小さな窓でいいし、
    HM同士を比較するときは採光の量を同一として、
    比較しないと公平な比較にならないので同一にすると、
    μ値は関係ないハズ。

    μ値は間取りで決まる事柄・・・って思った方がいいと思います。
    すなわち、HM選びではなく、施主側が自由に決めるところ。

    ちなみにQ値が同じだったらμ値が大きい方が、
    冬に強く、夏に弱い方向に転びますよね。

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:21

  • 顔アイコン

    あとましてや、産熱なんて、さらにHM選びには
    関係なく、人の問題では?

    確かに、設計打ち合わせで
    設計士『あなたの産熱はいくつぐらいですか?』
    施主『xxぐらいですぅ〜』
    設計士『んじゃ、Q値、C値は、これぐらいに持っていきますね。
    あと、窓は、今のままでは日射取得が高すぎですので
    南面の窓を1枚減らすか、μ値の低いサッシに
    交換した方がいいですよ。』

    なんて打ち合わせが出来れば楽しいですが、
    まだまだ家の気密性&断熱性が低いんで、
    こんな打ち合わせが出来るのは、まだまだ先ですねぇ〜

    それともi-Cubeなら、C値次第では、こんな打ち合わせが
    出来るレベルにあるかもしれませんね(笑)

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:26

  • 顔アイコン

    あと無暖房住宅についてはどう思いますか?

    >C値1.0cm2/m2&Q値1.0以下は最低基準としても、
    >C値0.5cm2/m2&Q値0.8が当たり前に建設されている以上、
    >現状に満足するわけにはいきません。

    この辺のクラスの家になると、
    ICHIの乎楼茲世函△修蹐修輒誼繁悉斬
    (=夏は無冷房じゃない。)
    と言ってもいいゾーンに入っていると思うのですが。

    少なくとも、躯体がこの性能出してくれるなら、
    ICHIの工夫間取り+引き渡し後の工夫で、
    無暖房に出来る自信があるのですが。
    (というかこのスペックなら、断熱オーバーまでイケそう。)

    しかるに、
    >それを逆転するには、鬼のようなC値がいるでしょ。
    は違っているというのがICHIの感覚かな。

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:33

  • 顔アイコン

    ちでさん>

    書いてて思ったけど、記事とは違うところに
    喰いついたのかな?

    記事の内容は、さすけさんのところで紹介された本の
    著者は、i-Smartは、次世代省エネの断熱性の1/3のQ値だから
    断熱オーバーだ。
    ってところで、違うでしょ。というのが本記事です。

    電気代が夏より冬の方がかかっている以上は、断熱不足だ。と。

    で、チデさんが言われている
    >C値1.0cm2/m2&Q値1.0以下は最低基準としても、
    >C値0.5cm2/m2&Q値0.8が当たり前に建設されている以上、

    という家は自分に適切か?適切でないか?

    その判断は、住んでみて、夏と冬とどっちが電気代かかりますか?
    ・イコールなら適合
    ・夏がかかる⇒断熱オーバー
    (ちでさんの言う他のパラメータもオーバー)
    ・冬がかかる⇒断熱不足(ちでさんの言う他のパラメータも)
    という意味です。

    結局、高高住宅って、何処まで求めればいいんでしょう?
    の指針に、
    誰でも解る簡単な調べ方に、
    『夏&冬の電気代がイコール』
    を挙げた。という意味です。

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:40

  • 顔アイコン

    あとサッシ?
    当然そのうち変わるでしょ?
    日進月歩の一条工務店ですから。

    とりあえず、
    ---LowE3mm------
    クリプトンガス8mm
    ---FL3mm---
    クリプトンガス8mm
    ---LowE3mm---
    ぐらいを希望(言迷)

    ICHIは、設計打ち合わせで、
    あと100万出すから、特別に全窓3重サッシにならへん?
    って話ししてたのが懐かしいです。

    もし出ても窓のサイズが変わることは
    考えにくいですから、既存施主も、
    バージョンアップが可能なのがイイですね!!

    #既に何処のサッシを変えようか考え済みだったりして(笑)

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:49

  • 顔アイコン

    gamaさん、こんにちは。

    i-Cubeでもまだ厳しいそうなんですね。
    でも、その計算、日射取得量が入っていないことないですか?

    太陽光発電が効率15%とであっても5KWとか発電するんですよ。
    太陽からの日射取得量って偉大です。

    また、この日射取得量が冬の暖房費削減、夏の冷房費高騰に転びますね。

    あと、夏&冬のイコールを電気代ではなく、
    エネルギーで持っていこうというのは、
    志が高いですね!さすが!!!

    本当は、エネルギー量で、夏&冬イコールが達成できたら
    最高ですね。

    でも、誰でも解る基準としては、解りにくい。
    (特にメリットが。。)
    というのと、実は電気代でイコールに持って行くのより、
    エネルギー量でイコールに持って行く方が、
    基準としては厳しいと思います。

    でも、電気代も、深夜電力の方が、ホント、
    言われるように、これからジワジワ上がり始めますから、
    エネルギーで夏&冬イコールの考えは大事なんですけどね。

    そうじゃないと、建てた時は、電気代イコールでも、
    住んでいるうちにイコールじゃなくなる・・
    とかにな

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:55

  • 顔アイコン

    っちゃいますからね!!

    [ ICHI ]

    2011/12/31(土) 午後 3:56

  • 顔アイコン

    ICHIさん、こんばんは

    I-cubeと言っても窓の多い我が家のQ値は、0.9くらいですからよ。

    計算の中味ちゃんと説明してなくてすいません。
    必要な熱量36kwhは、
    自分で自宅のQ値を計算したときに導いた我が家の熱抵抗100w/℃から導いてます。100w/℃x15℃x24h=36kwhです。

    必要な熱量は、生活廃熱が5kWhほどあるので30kwhくらい投入する必要あると考えてCOPを3として10kwhは、必須と見積もりました。
    実績ベースで見ても10kwh程度床暖房で消費しています。

    日射取得は、冬季で5kwhくらいと温度上昇から見積もってますが、これは換気のロスでキャンセルかなと思ってます。

    私は、そんなに志高いわけじゃないですよ。
    エネルギーで考えているのは、ちょうど今、冬季の深夜の床暖房のCOPを可能なかぎり高効率で運転させよう試行錯誤しているので、たまたま今朝、この計算やってたんです。

    住んでるうちにというのは、今、2人暮らしですが、今日、7人のお客さんを迎えてポカポカお家になったので痛感しました。

    [ gama ]

    2011/12/31(土) 午後 5:24

  • 顔アイコン

    gamaさん、こんにちは。
    他に大人の基礎代謝が一人1600Kcalとして、
    一日家に居ると1.86KW、二人で4KW、36KW必要なら、
    そのうち1割は、人の基礎代謝だけでイケますね。
    7人来たら、そりゃ暑いハズですね。

    ウチも人来たら、大抵暖房しすぎで失敗します(汗)

    [ ICHI ]

    2012/1/2(月) 午後 3:13

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事