ここから本文です
ICHIの夢の家日記
2009年に夢の家Ⅳ(免振+柱オール檜)の家で建てました

書庫全体表示

記事検索
検索

全144ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

森友学園に、わんずまざー保育園。
何かとダメダメな関西に住むICHIですが、

わんずまざー保育園については、子供3人いて、
1歳から保育園に入れてて、今もリアルに3歳5歳の子供を
保育園に入れているICHIにとっては、途中で目を覆いたくなるぐらい、
保護者の方が気の毒で仕方ありません。

しかし一方で自分事で考えると、不思議に思うこともあります。

皆もそう思わない?というのが今回の記事。

◆子供、本当に何にも言わなかったの?

子供が言えないことをいいことに・・・ありましたが、
お昼足りなかったら何か言いません?

例えば、子供との会話
 『今日のオヤツ、xxやった』
とか
 『今日の晩御飯は何?お腹空いた〜』
とか食べ物の話題が出ないの?聞かないの?

2歳児&3歳児クラスの頃だと、保育園の帰りの子供との会話は、
食べ物の話題が多いのではないでしょうか?

4歳&5歳児になると『今日XXした』とか『友達との話題とか、
はたまた『勝手に遊ぶ約束してきて、双方の親が大慌てで
連絡取り合うとかもあるぐらい。それぐらいは喋るようになってないでしょうか?

少なくとも60人の中規模クラスで、
10年も行われていたんだったらざっくり600人でしょ?
誰か親に言える子はいるでしょう。

◆参観日は?

認可保育所だと参観日とかはないのでしょうか?
給食食べるところも見て帰る機会はなかったの?

もし普段と違ったら、『今日は豪華だった』とか言うと思いますが。。

また、保育園に4〜5年も入れてたら、保育園の迎え、
子供が給食中になること、なかったのでしょうか。

まだ、もうちょっと預かってもらえる』

なんてやましいことを考えず、
少しでも早く子供の顔を・・・と思っていれば、
4〜5年預けている間に1度ぐらいは給食時間にお迎えなかったのかな。


◆他の保護者とのコミュニケーション

自分の子供が言えなくても他の保護者との情報交換で、
 『そう言えばうちの子も・・・』
と給食が少ないこと。メニューがおかしいこと。
気付きが得られなかったのでしょうか。

まぁ、共働きだからこそ、保育園。
忙しすぎて、送り&迎えの中で、なかなかお話することは難しいと思いますが、

子供の口から良く名前が出るお友達の保護者の方ぐらいは、
ご挨拶して、送迎でお会いしたら一言でもお話できる関係に
なっていなかったの?

子供の口から出なくとも、いつも同じ時間に送迎してたら、
大体同じお子さんの親が送迎に来てて話しやすくなっていなかったの?

◆病院で情報収集

体調を崩すぐらいだと、病院に連れて行くと思うのですが、
お医者さんから
 『XX保育園で多いです
とか、保育園特有の情報を教えてくれなかったでしょうか?

そうゆう情報、保育所や、他の保護者と情報交換していなかったの?

などなど、

何しか、園長が異常で、先生がリーク出来ない先生ばかりだとしても、
・子供の発するアラートに気付く
・保育所のイベントに参加する。
・他の保護者と情報交換する。
・病院に行って情報収集する。
等、気付きの機会は沢山あると思うのね。

それで解らなかった・・・ということは、
親自信も子供の発する言葉や、保育園で行われていることへの関心、
もっとあって良かったんじゃない?忙しさに負けてたんじゃない?
と思いました。

・・と、他人のことは冷静に思っても、
我が子のことだと案外気付かないもんです。。

というわけで、もっと自分の子供が保育園でどうゆう待遇を受けているのか
もっと関心を持たなきゃ・・・と自戒するニュースでした。

ICHIです。

大掃除してたら・・・
一条から購入した横スライドの網戸が出てきた。。

そう言えば、まだ取り付けてなかった・・・
と言うわけで取り付けました。

取り付け前。
イメージ 1
セゾンは背が高いので、窓の上端はお隣さんの屋根の上になるので、
隣地境界50cmでも明るいです。。
これを知っていたら、もっと窓を大きくしたのに・・・

という後悔はおいといて・・・
ハニカムシェードを上まで上げます。

左右のハニカムのレールガイドも外さずなくていいです。

そして、粘着テープのシールをはがし、もぐりこませて、

イメージ 2
はい。取り付け完了♪

超簡単です♪


ICHIの建設時は、押し開き窓は、営業と設計と如何に揉めようと、
いくら『物理的に取り付けれる!』と主張しようと、
ハニカムと網戸の両付けは不可で、網戸を後付けにして、
その取り付け方法を記事で紹介したりしましたが、
そのロール網戸もなくなり、今は横スライド。

この網戸、開け閉めが一瞬で終わるので楽ですよ。




温暖化を前向きに楽しむトマト栽培の様子はこちら↓収穫もあるよ。



ICHIです。

もう一軒家を・・・。

もちろん『松竹梅』のプランの『松コースの場合で、
他に『古家や『賃貸等『竹コース』や『梅コース』もあるのですが、
理想は『松コースで、近所の土地を探していました。

で、気がついたのですが、

 『地価って上がっているよね?』

ということ。

ICHIが今の1軒目の家の土地を購入した頃は36坪で坪単価90万と、
その時成りに高いなぁ。。と思って買ったのですが、

ICHI家から50m圏内のところで探すと、
・29坪とちょっと狭めだけど十分な広さだと坪単価126万、
・24坪とカーポートはビルドインで2FがLDKの3階建てしかないよね。
 と言う土地で坪単価100万。

126÷90・・約1.4倍に上がってる・・・

普段、これらの空き地の前を通る時はショボイ土地・・と思って通っていましたが、
ICHI家より高価な土地と知った途端、
 『どんな人が住むのかなぁ。。
なんて思うようになってきました(汗)

思えば、
東京の方が不動産バブルで、関西にも余波が来ているとは聞いていたけど、
人気の土地ほど思っている以上に上がっているようです。。

中国の爆買いが不動産ファンド(J-REIT)に流れていたり、
東京オリンピックとか、色々あるんでしょうね。

ちょっと家の買い増し』の話は、クールダウンした方が良さそうです。




最近のICHI家の家庭菜園の様子はこちら↓
ICHIです。

家を新築してこの10月で7年目?
と言うことは、一条ブログ村を立ち上げて7年目なのか?
数え方おかしい?

当初の一条ブログ村は4人で、ICHI筆頭にセゾン系の施主が集まるYahooブロガーと、
i-Cuberが集まるアメーバーブログのブロガーを統合&乗り入れする意味で立ち上げた
一条ブログ村は双方のブロガーが集まる交流の場としてスタートしました。
(今何人だ?)

ちなみに、
ICHIのアバター(左上の画像)がYahooブログなのにアメーバーのアバターなのは、
アメーバーブロガーとの友好の証で設置したもの。
(とブログ村のアバターがいつの間にか外れていたので今日再設置しました。)


なにはともあれ、あれから家が建ち、住み始め、子供が大きくなり、
収納が趣味の嫁のスケールも徐々に大きくなってきました。

で、ついに、収納を買い替えるレベルを超え、一条アフターを使うレベルに。。
リフォーム工事扱いで、数日の日数が必要で、実際、監督がご近所に挨拶に行ったらしい。。
恥ずかしいぞ。

嫁の価値観を疑うしょうもない工事も多いですが、なるほどなー。
と思った工事もあったので、今回はそれを紹介。。

じゃーん、
イメージ 1

冷蔵庫上にダウンウォール収納です。

実は、パナソニックのダウンウォールなんですが、
一条純正にあるダウンウォール収納と違って2段ダウンウォール。

トリッキーな動きで2段階で降りてくるんです。

冷蔵庫の放熱の為、冷蔵庫の上を30cm空ける命令を出したため、
嫁の身長では台に登らないと、ちょっと取りにくいみたいですが、
遊んでいた空間に収納が生まれて、これはありだなぁ〜と思いました。

ちなみに、その右も、今回の工事で付けたダウンウォール収納。
両方とも下ろすとゲロゲロ〜っと出てきます。
イメージ 2

とりあえず、どれぐらい入るか、撮影の為に色々突っ込んでみた。。
余計、イメージ出来ない?

ちなみに、新築設計時、こんなとこに収納をつけようなんて思ってなかったので、
下地なんて付けてなかったですよ。

取り付け直前は、
イメージ 3

んな感じ。

壁紙の上から下地を付けて、その上からダウンウォール収納を固定するんです。

シンクの上の収納も、ダウンウォール収納を2つ付けたので、
これでキッチンはダウンウォール収納だらけ。。


ダウンウォールに取りつかれた嫁は怖い。。
と言うわけで、今回は冷蔵庫上のダウンウォール編でした。

ダウンウォール祭りはまだ続きますが、あとはしょうもない?アイデア?微妙かな。。

おかえりはこちら
一条ブログ村    

ICHIです。

旭化成、川の氾濫では賞賛を浴びて、
関連会社のデータ偽装では批判されて。
順番が逆だったら良かったのに、株価に大きなダメージを食らいました。
住宅のブランド、へーベルハウスへの影響はどうなんだろ。。

なんて思いますが、ICHIの印象としても、
へーベルハウスも営業〜設計と、建材提供だけで、
後は、外注に任せていて、
 『車を無許可でジャマなところに停める。』
 『ションベンを水路でする』
 『クレーム電話も”伝えときます。”で改善されず、のれんに腕押し状態』
 『直接クレームも、現場監督がなにせ現地に来ない』
だったので、現場と本体の乖離はスゴく感じていて
今回の事件は、あながち個人の感触とブレてない。

データ偽装はほんと腹立たしく、しっかり弁償してもらって
被害者には満足のいく解決をして欲しいと願います。

しかし、批判の中には、
・必要な土地というのは地震に弱い。
・これだけ杭が深いというのことは扇状地の可能性
 だとすると水害のリスクもある土地の可能性も高い。

そのリスクを理解して買っているのかな。
業者は説明しているのかな。

豆腐やゼリーをプルプルするとイメージがつくと思いますが、
地震の際、揺れが確実に1段階上がりますよ。。

ICHIの経験した大地震の阪神淡路大震災では、
震源地が震度7でその周辺に震度6がありましたが、
さらに少し離れたところに震度7がありました。

駅近の割には・・・という土地は、自然災害リスクを疑った方がいいかと。
ICHI地域も駅から南10分と北10分と地価が全然違ってて、
駅周辺も南側の方が賑やかで最初は駅の南側で土地探しをしていましたが、
イザ買おうと色々な観点で考えると

 『地価は自然災害リスクを織り込んでいる』

と痛感し北側で選びました。
家は命の預けるところでもありますが、
土地も命の預けるところかと思います。

杭を打ったところで杭が不要な土地にはならないことを
業者は説明し、購入する側はしっかり理解しないと。。
と言うのを感じました。

全144ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事