ここから本文です
ICHIの夢の家日記
2009年に夢の家Ⅳ(免振+柱オール檜)の家で建てました

書庫スイカ

水耕で、スイカ、しかも立体栽培は可能でしょうか?
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

こんにちは。ICHIです。

先日から急に冷え込んでいます。

これまで最低気温が22度だったのに
今日は最高気温が22度

なのに、こんな日に娘プールの約束
もっと泳げるようになりたいと約束していたのです


◆スイカ枯れる

スイカですが一気に枯れました。
イメージ 1

去年もですが9月に入ると葉ダニか、もう少し大きい虫に遣られるのですが、
今年は、9月に入ってから、一回農薬散布し、
それは1回回避出来たのですが、この急な寒さ。

葉が緑色のまま萎れて、写真撮影時は、こんな感じでカラカラ。

イメージ 2

下の方の葉はまだ大丈夫なのですけどね。

急な気温低下で、吸い上げが出来ない上の葉が枯れたものと、
考えられます。

しかし、もう秋分ですから堪能です。
近いうちに撤収します。

イメージ 3

最後の1個です。
かなり小さいし、食べれるかな。。(汗)


◆トマトのダブル房

最近、ダブル房をよく見かけます。
イメージ 4

ここもダブル房。

イメージ 5

ここは、トリプル房と、ダブル房のツーショット。

今シーズンは残暑がなく、完全に着果は止まらなかったのですが、
最近は着果も多く、ダブル房もよく見かけます。

トリプル房はさすがに、探さないと見つからないですけどね。。

ウォーリーを探せ』じゃないですが、
イメージ 6

『トリプル房を探せってか(笑)

垂直パイプは、根圏の養分の供給能力が高いので
樹勢はいつでもいいのが特徴です。

また、これから低温が問題になるシーンでも、
気温の温度変化に対し根圏の温度変化がマイルドなので、
寒さにも強いです。

しかし、サビダニが再度蔓延しています。

コロマイト2回、ダニ太郎1回は散布済で回数制限に達しました。
今年の夏は、涼しかったのはいいけど、サビダニも居心地いいのか、
ずっと来ている気がします。。

今回が油断しすぎてて、一番深刻。。
新しい農薬を買ってきました。

で、『ぜいたくトマト』を定植しました。
写真の右下1/4ぐらいが、ぜいたくトマトなハズ。

その前まで植えていたぜいたくトマトとトマトベリーは撤収して、
その後釜に、新しいぜいたくトマトを植えたのですが、
もうトマト棚が埋まった感があります(滝汗)

今シーズンは、夏は天気が良くなかったせいか、
今頃になって成長を加速した気がします。

今シーズン、大きく育ったのですが、
トマトが頑張ってくれても、育てる人が害虫対策に弱かったら
もったいないですね。

今シーズンの反省点です。。

今年の夏は変でしたよねと思った方はポチっと






ICHIです。 

ICHI家のスイカですが、
もう最後のスイカを採り終わったと思っていたのに

気がつけば

イメージ 1

と、しっかり着果。しかも3個も
というわけで、どれも勝手に着果した野良スイカ(笑)

スイカ自身の判断で受粉しただけあって、日に日にちゃんと肥大しています。 
設置したハンモックもサマになってきました。

ただし、
スイカって前半で大きさが決まって 後半で味が決まるので、
あまり大きくなると後半が心配。 

美味しいスイカで栽培が終わってほしい。。
最後、マズイので終わると、来年の栽培のモチベーションに影響するのね(滝汗)

プラス要素としては、『ひとりじめ7』って、
ひとりじめシリーズの中でも促成栽培品種。 

スイカの中では低温&低日照強いとされます。 

今シーズン、天候の悪い夏でしたが、
8月に入っても近所のスーパーや八百屋あちこちで
『ひとりじめ7』を見ることが出来たのは、
プロ農家さんも延命を試みたか?と思いました。

例年だと8月は『うり坊』などの品種の方がよく見かけますからね。 

と、上手に育てれば9月でも育てられそうな品種ですが
ICHI家のスイカの葉は 
イメージ 2

と、葉に濃淡が出来る病気と、
根元は葉ダニ系の害虫も居て気になります。 


◆育苗中のトマト 

スイカの後釜が大きくなってきました。 
じゃーん。 
イメージ 3

2階ベランダで育苗中の『ぜいたくトマト』です。 

この時期の育苗はスグ大きくなりますね。 
あくまで育苗中の苗なのですが、ICHIの目線ぐらいの高さまでに成長(汗)
定植前の苗・・・というのは難しい大きさ(笑)

で、このトマトはさっさと定植するとして、
2階ベランダで育苗しておいて垂直パイプのを見切りをつけて撤収
というクロスフェードするやり方は、
今後もICHIの栽培の定番になってくるので、

この育苗コーナーである、2階ベランダも自動給水を入れたいな。
と考えているワケです。

今、メイン栽培の垂直パイプより、2階ベランダの育苗コーナーの方が、
手間がかかっているのです。天気が良かった日は必ず水奴隷(滝汗)

垂直パイプの方は、直接、水道を引いているので、水位が下がれば
栽培マシンに勝手に水が投入されるわけですが、ベランダは枯らしちゃいます(滝汗)
1〜2日に一度の液肥遣りが育苗中のトマトにとって生命線なわけです。


◆自動給水計画

というわけで育苗マシンにも自動給水?なんて考えていますが、 
液肥タンクから栽培マシンまで自動給水してもしょうがないしなぁ。 

前に液肥タンクから給水するタイプは作ったけど、
『液肥タンク』と『栽培マシン』を 
一つの装置としてみたら、全然自動給水になってなかったし。

これを自動給水と言うなら、
ホームハイポニカの液肥巡回型って自動給水器を内臓って言えますよねぇ。。

ホームハイポニカを真似して作った液肥巡廻型の栽培マシンで
栽培していた頃となんら課題は解決していないのです。

DFTに変えたことによるマイナスがゼロになっただけ。
プラスにはなっていません。

液肥巡廻型であれば、液肥遣りが面倒ならバッファの容量を増やせばいいのです。
DFTを基準に考えると、液肥巡廻型は、最初から自動給水器を内臓。

根圏への養分供給能力の高さと、液肥巡廻型を超える給水の楽さ。
ということで、やるなら水道を直接引く自動給水器なんですが、
その為に水道を2階のベランダまで引く方法を検討中です。 

ポチっとよろしくお願いします




ICHIです。 

今週は涼しかったですね。
もうそろそろ秋?といった感じでした。

と思うと書いてなかったのがスイカ記事
トマト栽培の方がブレークスルーして、今年は大賑わい。

とは言え収量が落ちてきて、これまでのペースなら、
そろそろ累積7000個記事なのですが、
もう2樹じゃなく1樹で孤軍奮闘しているので、もう少し先になりそうです。

と言うわけで今回はスイカにスポットを。

8月後半で、スイカの収穫もボチボチに。
しかし、ここに来て美味しいのが採れています 
イメージ 1

真っ赤でしょ。 
この後食べたのですが、すんごく美味しかった!!

というのは、今年は収穫までの期間が長めでしたね。
前半は少し収穫が早すぎが多かったのですが 
フィードバックして、徐々に採るのを遅くして今頃になって激ウマのスイカ。 

特に真ん中の3歳の息子が食べながら
『メッチャ美味しいね。』
を連発。 

実際、一口食べるごとくに、食べた後、 
しばらくまだ口に入っているかのような 
甘いスイカの味が余韻として残るんですね。 

こうゆう余韻が残るスイカは味わったことがないです。 
品種はもちろんICHIのイチオシ『ひとりじめ7』 

ICHI家スイカの美味しさは、ほとんどこの品種の特性おかげ。 

スイカにICHIの栽培スキルなんてほとんどありません。 
去年から始めたとこですから。 
2シーズン連続でビギナーズラック(笑) 

去年初めてスイカ栽培してから失敗なしです。 

今年も栽培してて思ったのは『スイカ』と『水耕』って相性いいな。
ということ。

スイカって肥大期に入ったとたん、急に養分の吸い上げがあがるのですね。
土だと根の位置、土の養分の残存量を読ってえんでの追肥は大変そう。
スゴい熟練のカン。 

水耕だとEC計でカンタン。 

ガツンとECが下がればガツンと足せるんです。 
『根が養分を吸い上げ吸い上げでも養分がある。』 
という環境が素人でも作れるのですね。 


◆次の栽培マシンはダウンサイジング

ホンネを言うと、この美味しいスイカが採れたのは、
他にも栽培マシンにも成功の秘訣があると思っています。
スイカに限らず、トマトの方も結構、成功していますからね。

で、秘訣を一度、書きだしたのですが、
垂直パイプの強みを書くと、他のやり方の悪口になってしまって、
他の栽培方式の人の立場で読み返すと、イヤ〜な気分になったので、
思い切って削除!!

趣味の家庭菜園ですから、自分の好きなやり方が一番と思ってやるのが
楽しいですから!自分のが一番!それでいいと思います。

でも、『収量』、そして、『収穫している時期の長さ』という面で比較すると、
他の栽培方式よりも垂直パイプの方が、高い実績が出ていると思います。

で、今後の栽培マシンは、垂直パイプベースですが、
ダウンサイジングをしようと思っています。

根の容量、今シーズンのSuperSweetが一番大きいのですが、
それで容積10Lに到達したぐらい。

今の栽培マシンの各パイプの根の容積は16Lを設けてて、
栽培マシンの性能的にはもっと巨木も作れますが不要。。

と言うわけで、そんなに根の空間は必要なく
次作る栽培マシンは、もっとコンパクトに、
設置場所フリーなヤツを設計し、
新たな栽培場所を確保しにいこうと思っています。

栽培マシン、高性能化で一定水準を超えたら、次はダウンサイジングですね。

詳細教えて!と思った人は下記をポチっと




ICHIです。

スイカが豊作です
イメージ 1
5個も採れました

傷が付いているのは強風の影響ですね。
ハンモックがかなり揺れて表面が傷つきました。

あと、左下のスイカが割れているのは、息子が輸送中に落として割りました

去年も
と収穫中にテンションあがって輸送中に割りましたから、
1年経っても成長していない我が愚息です

しかし、今年、大きいヤツは重いです。
体重計で計ると
イメージ 2
と、

『ひとりじめ7』とは思えない2.9Kg

形もね、表面が模様に沿って凸凹しててイカツイです。
成長速度が黒いところと、緑のところと、スピードが違うのでしょうね。

あと、この大きいヤツだけは樹が違っていて、
の樹。

トマトが追って来ず、悠々と葉を広げているので実が大きくなれたのですね。
それ以外は、

の樹で、今年、想像以上に巨木化したSuperSweetに飲み込まれた樹。
SuperSweetと争った結果、負けて、葉が黄色くなって枯れてきていました。

なので、大きくならないうちに、
食べ頃サインが出たので収穫したので小さいのです。

この先も、SuperSweetが枯れそうもないので、
スイカの方を諦め撤収しました。

あと、今回の栽培は、根の長さに非常に興味。
去年は、垂直パイプなのに、根が伸びず、
直径15cmのパイプ、直径方向には一応パンパン。
しかし抜いてみたら長さ方向は20〜30cmの、なんじゃこりゃサイズ。

こんな長さで13個成ったのです。

それでは、勿体ないので、今シーズンは、根を長くする方向に意識して栽培。

すると
イメージ 3

やった
極端にやったので長くなりすぎ。
インターロッキング(レンガブロック)のサイズが10cmx20cmなんで、
こう置くと根の長さが計れます。

しかし、まぁ、予想通り長くはなりました。
もう1本も長ければ確定と言えるでしょう。
あとは味ですね。どっちが美味しいか。

スイカは経験が薄いし、トマトみたいに植物生理の情報が多くないので、
色々試しています。

いつか、スイカでも巨木やりたいです。

ポチっと応援よろしくお願いします

ICHIです。

スイカが大きく成ってきました
イメージ 1

4つ成っているのですが、

脇芽放任の方のSuperSweetが、想像以上に樹勢が強く、
爆発的に成長して、スイカも飲み込んでしまい、
スイカの葉が、めっきり黄色がかって元気がないです。

#実も大きくなりません。

スイカ vs トマトだとトマトの方が強いですね。

イメージ 2

こっちは、脇芽放任SuperSweetの猛攻から逃げてきたスイカです。

今シーズンは、3連垂直パイプは、チマチマと改造中で
お休みしているのですが、スイカをこっちに誘導することで、
逃げ切った蔓は悠々としています。

すると、実の大きさも、

イメージ 3
22〜23cm級。
こっちの蔓の実は『ひとりじめ7』としては大きい方。

スーパーの『ひとりじめ7』は何度か食べましたが、
大きさが去年より小さくて、甘さが足りないような気がするので、
なんか『ひとりじめ7』じゃないような気がします。

先端は甘いのですけどね。
最後の一口まで・・・というのが特徴の『ひとりじめ7』にしちゃ
ちょっと残念なのが多い気がします。

今シーズンは日照&気温が今年はスイカ向きじゃないのでしょうね。
6月も中旬頃まで涼しかったし。

するとICHI家の味も気になります。

ちなみに予定日は過ぎているのですが、
実のふもとのヒゲを見ると
イメージ 4

まだ食べ頃サインが出ていないでしょ
ICHIは、『このヒゲが半分枯れたら』というのを食べ頃サインにしています。

完全に枯れたら・・・という人もいるけど、
ICHIの感覚では、先に実が割れたことがあるので、
少し念を入れて半分という感じ。

品種毎、着果日数、日照&気温、等、色々と条件があるのでしょうね。
しかし、採れたてスイカ大好きです。

一番美味しいのは、少し落ち着いた2〜3日後といいますが、
ICHIは、採れたて&冷蔵庫入れて1時間ぐらいの、
まだある程度冷えたかな?
という外の気温の余韻がある程度残ったあたりで食べるのが好きです。

ある程度冷えてて、それでいて、採れたての
包丁入れると『ピシっ』と風船が割れる感覚がイイ。

そして切って皿に出すと、出した後からスイカの表面から
スイカジュースが溢れてスイカの表面をスイカジュースの液体で、
表面がコーティングされた感じになっているのですね。

そんなスイカを『カァブ』とかぶりつくのが好きです。

完熟でしかも採れたてスイカが食べれるのは、
家庭菜園の醍醐味ですね。楽しみです(^Q^)

ポチっと応援よろしくお願いします

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事