過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

4年前・・・北海道へ移転してきた球団にまた新たな歴史が刻み込まれた。
2007年10月18日・・・北海道日本ハムファイターズ2年連続日本シリーズ進出!(球団初)
道民の夢を見事にヒルマン監督と選手達は開花させてくれました。

レギュラーシーズン五分の戦いを演じた両チームは○●○●(2勝2敗)で迎えた第5戦!
世間のおおかたの3勝1敗の予想通りには成らず最終戦まで縺れたクライマックスシリーズの試合は、
両チームのエース対決と成った。

パ・リーグ負けなし防御率1位の千葉ロッテ・成瀬投手と防御率2位の ファイターズのエース・ダルビッシュ投手との投げ合いは、予想に反し、難敵・成瀬投手をファイターズが、たたみ掛ける攻撃とセギ様がやっと目覚めた復活弾で序盤で3―0とリード、エース・ダルビッシュの調子からこの1撃で勝利を確信したヒグマンは、惜しみながらもドームを後にして一路ファイターズ通り商店街とアリオへ。

アリオではPVの真っ最中に、エスカレーターからヒグマン登場。
場内大爆笑ながらも「ヒグマ〜ン」の声があちらこちらから掛かった。
到着した時は、8回の表の守り、ヤンヤヤンヤと盛り上がりながら、皆と勝利を確信してハイタッチの
応酬・・・・みな勝利を確信して上機嫌だった。

最終回・・・最後の最後、マイケルが粘られヤキモキしたが最後は三振で、2年連続 日本シリーズへの進出を決めた。
場内は、万歳、感動で泣く人も出て大賑わい。
ヒルマン監督の優勝インタビューでの「シンジテマシタ〜」が大流行!
一言一言に感動の拍手!アリオもドームと何ら変わらない空気が漂う。
合間合間にヒグマンも子供達との記念撮影に納まったりと大忙し。
でも・・・楽しい、嬉しい。
B☆B君と勘違いでなく、ヒグマンとして皆が可愛がってくれる。

皆と喜びを爆発させて今度は地元ファイターズ商店街へ
既にアリオでの中継ラジオを聴きかけ付けて 沢山のファンがまだかとばかりにビールかけを待つ。

ヒグマン登場で商店街のボルテージは一気に加速。
HBCラジオとSTVラジオの各局がコラボしながらビールかけは、始まった。
今回、メディアはラジオのみ! (TVは殆んどが球場へ)
生中継で全道にファイターズ通りでのビールかけは放送されました。
ターゲットは、各局女性レポーター、ヒグマン、加賀谷団長に集中した。
(HBC・若林聖子さん、STVは大吉あきこさん)

各局女子パーソナリティは、集中砲火を浴びて見事なまでの濡れっぷり。
でもマイクは離さず流石だねえ〜(笑)
ヒグマンは、冷たいビールを喰らったり、熱燗のお酒をかけられたりと、熱かったり冷たかったりと
両リアクションが大変で興奮状態でした。

でも楽しかった。
選手もそうだが、コレをやらないと優勝した気がしない。(笑)

ファイターズは、見事クライマックスを制覇して突き進んだ。
セ・リーグはまだ何処が来るかは決まっていないが・・・・・今のファイターズに勝てるチームはどちらが来ても無いと思う。
2連覇を果たし、王座を防衛したらもう一度ビールかけが待っている。

ファイターズ感動をありがとう。第2の山も制覇した。残る山は日本シリーズとアジアシリーズ。
まずは鋭気を養って次なる山をファンと共に目指して貰いたい。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事