ファイターズ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2008 開幕戦

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

2008年3月20日ファイターズファンにとって長い1年がスタートしました。
2年ぶりの地元開幕!しかも今年は開幕から6戦連続で札幌ドームでの開催。
パ・リーグの覇者に君臨して3シーズン目!今年も期待しちゃいますね!

さて今年最初のファイターズ絡みのオファーはSTVラジオさんから。
札幌ドーム前のラーメン屋さんから生中継!みなさん聞いてくれたかな?(笑)

生中継までの間は、ドームに足を運ぶ方々と暫し触れ合いタイム。
多くのお客さんがヒグマンに会いに来てくれました。(嬉)

ラジオが終ると今度はテレビ!(笑)HTBイチオシさんがインタビューに来ました。(笑)

あれこれして会場時間になttのでドームに向かうと・・・・うひゃ〜〜〜〜何だこの列は??
開場は11時30分、ヒグマンがドームに到着したのは12:30なのに長蛇の列にビックリ!!!
なるほどこれじゃ開幕戦のチケットが売り切れるわけだ!

渋いオープニングセレモニーに始まり、見事な投手戦!
相手のミスを衝き、稲葉選手の併殺崩れの間に奪った先取点の1点をダルビッシュ投手が4安打完封!
梨田新監督に公式戦初戦で勝ち星をプレゼントした。

幸先良いスタートを切った我らがファイターズ!
開幕ダッシュで突っ走れ!

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

昨日参加した田中幸雄選手の2000本安打達成記念祝賀会ですが、とても素敵なパーティーでした。まあ〜ミーハー的なファンでは無い、落ち着いた方々の招待客が多かったせいか?静かな落ち着いた雰囲気で終止和みました。

ゲスト参加した、金子誠選手会長、金村さん、建山さん、奈良原さんも実にリラックスムードで田中幸雄選手の爆笑エピソードを惜し気もなく話してくれました。面白過ぎて、盛り沢山だったので、全部書けませんが、幸雄選手の携帯電話の仕方、最後の選手納会での裏切り話、主食は缶コーヒー話、ホモ伝説等、会場は、笑いが絶えませんでした。

また、主賓である本人が、テーブルを一つづつ周り、来て頂いた方々へ挨拶をして廻ってくれました。ヒグマンの所にも来てくれたので、2000本安打達成を祝い、22年間お疲れ様でしたと伝え、近い将来には再度、日ハムのユニフォームを着て欲しいと言う願望には、「そうなりたいと思います。」と強く語ってくれました。
そして握手をしながらヒグマンと写真撮影もしてくれました。また、ゲストに来ていた選手も気軽に写真撮影に応じてくれて、撮影マナーも順番をきちんと待ち、ルールを守りサインをせがむ人もいませんでした。久しぶりに会った中日ドラゴンズコーチの奈良原さんもヒグマンを覚えていてくれて、とっても嬉しかった。

最後には素敵なプレートをお土産に頂き、凄く素敵な宴は終わりました。

今後は少し、ゆっくりするとの事だったので、充分に酷使した体を休めて、新たなる力を充電して貰いたいと思いました。

22年間!本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

消防法の関係で(笑)観衆発表は42222人ですが・・・
この日ばかりはいいじゃないですか(笑)
43000人を超える球場全体での稲葉ジャンプは奇跡を生みました。

9回裏のファイターズファン総立ちでの稲葉ジャンプは奇跡を生んだ。
ダルビッシュ投手と田中マー君の投げ合いで始まった地元最終戦だったが、エラーや失策で序盤にピンチを迎えたファイターズだったが、ダルビッシュ投手が踏ん張り最小失点で堪え、味方打線の逆転を願うも9回1死までマー君の前に2安打のファイターズ・・・・・。

地元で最終戦で完封負け?
それだけマー君が凄いのか??と思っていた矢先、賢介が四球を選び出塁するとランナーが1塁なのに稲葉ジャンプの大合唱
が始まった。

マウンドの楽天田中マー君も冷静ではいられなかったのか?
しきりに賢介を警戒!(気持ちは分かるなあ〜)

2度目の稲葉ジャンプが始まったその瞬間!稲葉選手のバットがマー君の渾身の投球を弾き返した打球はライトの頭上を越え
賢介選手が余裕でホームイン同点タイムリー!
盛り上がり最高潮の札幌ドームは先ほどまでの完封負けムードを払拭一気にサヨナラムードへ

セギ様が敬遠で歩かされ1死1,2塁で代打!坪井選手
日本一のその翌日に人生のどん底に落され、その後、苦しい選択をして惨めな思いをしても自ら険しい道を選びファイターズへ戻ってきた男!

坪井選手がコールさせると稲葉ジャンプに負けない位の大声援が坪井選手を迎えた。
この声援に応えるべく、ライト前へ抜ける打球を放つと2塁走者の紺田選手がタッチを掻い潜りギリギリながらホームイン
(タイミングはアウトと微妙だったが・・・)

奇跡の逆転サヨナラ勝ちでレギュラーシーズンの地元最終戦を飾った。
札幌ドームのロケット砲からは青と金色が見事に放たれた。

試合後には地元最終戦終了のヒルマン監督の挨拶があり、
皆感動の涙を流していた。
この勝利で優勝マジックは『5』となり優勝へまた一歩進んだ

ゴールはもうすぐそこだ!頑張れファイターズ!!
優勝を決めて北海道へ凱旋する日を待ちたいと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

球場にて無料で配られている北海道日本ハムファイターズの2007年度版の選手名鑑。
左が今までのもの、右が新しくなった改訂版。
(表紙にセパ交流戦1位と記載)

実は、セ・パ交流戦1位バージョンとして、新たに作り直されていてトレードで来た選手や新獲得選手の顔写真も入ってバージョンアップされていました。(笑)

応援仲間が教えてくれなかったら、今までに貰ったのと同じと思い、このままずっとスルーしてしまう
所でした。(笑)

意外と気付いていない人も多いみたいです。

イメージ 1

野球ファンならずとも本日は注目が集まる中、札幌ドームで行われた楽天戦に我らが、
北海道日本ハムファイターズは見事な勝利でガッチリ首位をキープ。
本日の先発は、この所、野球意外で世間を何かと騒がしているダルビッシュ有 投手。

注目を受ける中、先発のマウンドをしっかりと守り、ゲームを作り8回途中で降板したが、後を任された後続の投手が要所を締め見事にダルビッシュ投手が勝利投手となり、35000人の観衆と東京から
駆けつけて来た芸能リポーターやカメラマンが見守る中、お立ち台へそこでファンの前で自ら堂々と
結婚を前提にお付き合いをしている事や子供が出来た事を報告した。

チームの勝利に貢献し、勝利し自ら宣言!かっこよすぎるぜダルビッシュ!
こうまで完璧なダンドリは、狙っていても中々出来る事ではない!(それをやってしまうから凄い)
本当に立派ですダルビッシュ投手!

まあ〜世間体から言うとほんのチョットだけフライングしてしまったが、きちんと報告も受けたし
今後は、安心してこれからは応援して見守って行くだけ。

二人を幸せにと思うのなら、そっと見守るのが本当のファンとしての礼儀なのではないのだろうか?
今はシーズン中、優勝目指して突き進むだけ!頑張れファイターズ!2連覇目指して

帰宅途中、ドームの前はテレビ局の撮影クルーがダルビッシュ投手の結婚報告の感想を聞こうと
躍起になってファン争奪戦をしていました。

ヒグマンも声を掛けられたけどそっと見守りたいので遠慮しました。(笑)
本音は、素で出るのが嫌だったのかな?(笑)

開く トラックバック(1)

全33ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事