ファイターズ通り応援団

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

去年は、都合が会わず行けませんでしたが、今年は東区の雪祭りさとらんど会場へ行ってきました。
天気は快晴、気温もこの時期にしては温かく、風もなく穏やかな天気で会場は親子連れ、カップルで賑わってました。

一番人気のチューブ滑りは2時間半待ちだったので断念し他のアトラクションで楽しみました。
大人も結構楽しめるものが今年はいっぱいです。
順番待ちでは、記念写真の格好のターゲットと成り、凄いお客さんに囲まれて順番に記念撮影
ちびっ子には抱っこのリクエストが多く、次々に抱っこしてあげましたが、中には泣き出すちびっ子も(笑)

でも慣れてくると何回も抱っこをアピールしてきてしゃがんで立っての連続に体力には自信が有ったのですが、膝がガクガクしてきました。更に抱っこしている時に順番を横入りで飛ばされた男の子が・・・何を思ったか?ヒグマンの股間に拳をクリーンヒット![m:246]
これには堪らずヒグマン崩れ落ちました。(苦笑)
見ていた周囲は笑うが、ヒグマン絶句!
ちびっ子にパワーは無いのですぐに立ち直りましたが、無防備状態では子供のパンチとは言え洒落になりません

更に体制が低くなったヒグマンにちびっ子が押し寄せてちびっ子たちの波に飲み込まれました。(笑)
恐るべし抱っこ要求ちびっ子軍団!
そこへ北電のキャラクターエネモ君や、さとらんどキャラクターグングン君がやって来てアンパンマン体操で引き付けてくれたお陰で子供達が分散し助かりました。(笑)
外国人の方々とも記念撮影!コチラの方はオーストラリアから・・・でもとっても日本語上手かった。

約3時間滞在して実際にヒグマンが遊んだ時間は、30分程度(笑)あとの殆んどはファンとのコミニュケーションでした。(笑)
でもとっても楽しかった[m:72]
同じ会場内でやっているバナナボートやスノーラフトは迫力でした。

そして、またしてもウッカリ名札を忘れたヒグマンでしたが、BB君と勘違いする観光客の皆さんに「この熊はヒグマンだよ」と説明してくれた地元のファンもいてくれて楽しい一時を過ごせました。
凄く広い敷地でもヒグマンを見つけて駆け付けてくれたファイターズファンの方々にも会えて
凄く幸せでした。

ファン交流の後は、食事タイム!横浜中華街からラーメンが来ていて
ヒグマンが食べたのは、角煮麺800円凄く美味しかったです。
時間が経つのは早いもので惜しまれながらもさとらんどを離れた後、今度は大通り会場へ!
目的の一つ、1丁目のスケートリンクは人人人でごった返し状態!
更に観光客に次々に捕まり「熊だ!」「熊がいる〜」とココでは無名状態(苦笑)
もみくちゃにされながらも今度は、大通り6丁目のHBC広場へ!
ここではステージを終えたばかりのHBCパーソナリティー若林聖子ちゃん
(北3ゲート中継でお馴染みの)と遭遇してきました。(嬉)
2ヶ月振りの再会! そして、newヒグマンとしてご対面! (笑)
聖子ちゃんはしっかりと整形に気付いてくれました。(笑)

この記念写真からプチ整形は何処か分かるかな?(笑)
ヒントは、口元(笑)

会場を離れる時も、ドームで会うお友達に沢山会いました。(笑)
結構皆さん、見に来てるんだね!

イメージ 1

今年で活動4年目に突入のヒグマン。

北海道日本ハムファイターズの監督も梨田監督に変わり、ヒグマンのユニフォームも監督に合わせて
チェンジ。(背番号は同じ88)
でもそれだけじゃ〜心機一転と成らないと考え、お顔をちょちょいと整形リメイク(笑)
それによって、ヒントとして一寸だけ成長したヒグマンとなりました。(笑)

どんな顔になったか?って・・・・・でもココでの発表は楽しみが減るから控えます。(笑)
今度、何処かでヒグマンを見かけたら以前の顔と何処が変わったか比べてみてください。

まあ〜そのうち写真も出てくるでしょうが(笑)

プチ整形前の顔写真は、以前の日記の中にも有りますし、著者近影にもあります。(笑)
今後、newヒグマンとの遭遇をお楽しみに!

2月9〜11日は、札幌雪祭りさとらんど会場に出没予定です。

開く トラックバック(1)

連覇Tシャツ完成

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日本シリーズ開幕戦を勝利した時に発注を出していたファイターズ通り応援団オリジナルTシャツの
第3弾!「連覇シンジテマシタ〜Tシャツ」(ヒグマンプロディユース)が完成して応援団に届いた。

本来ならこれを今日着て札幌ドームやPVで応援を繰り広げていただろうけれども未達成に終った。

団長とも相談してお蔵入りにするかどうか検討したが、リーグ連覇Tシャツとしても使えるし出来も凄く良いと言う事から、パレードやファン感、そして納会で着ても良いだろうと言う事から、大量生産体制に入った。



一度でもヒルマン監督がコレに気付いてくれたら嬉しいなあ〜。

日本一なら

ヒグマン所属のファイターズ通り応援団は、早くも日本一へ向けて始動しました。

連続日本一のあかつきには、ビールかけはもう寒いので(笑)振る舞い酒の他に、ビールかけに変る
メインイベントに昭和の懐かしき風物詩の「餅撒き」をやる事を決めました。

昭和の時代には、新築現場やお店の新店舗オープン時に良く見られた光景だが、平成になってからは余り見られなくなっていました。

連覇ならやるっきゃないしょ!と言う事で確定しました。(笑)
たくさんのファンが集まってくれたら嬉しいなあ。
お餅はたっぷり振り撒く予定です。
お餅の他にお菓子やファイターズカードも大盤振る舞いで撒いちゃうぞお〜(笑)

時間帯や詳細は今後、決まり次第報告しま〜す。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

4年前・・・北海道へ移転してきた球団にまた新たな歴史が刻み込まれた。
2007年10月18日・・・北海道日本ハムファイターズ2年連続日本シリーズ進出!(球団初)
道民の夢を見事にヒルマン監督と選手達は開花させてくれました。

レギュラーシーズン五分の戦いを演じた両チームは○●○●(2勝2敗)で迎えた第5戦!
世間のおおかたの3勝1敗の予想通りには成らず最終戦まで縺れたクライマックスシリーズの試合は、
両チームのエース対決と成った。

パ・リーグ負けなし防御率1位の千葉ロッテ・成瀬投手と防御率2位の ファイターズのエース・ダルビッシュ投手との投げ合いは、予想に反し、難敵・成瀬投手をファイターズが、たたみ掛ける攻撃とセギ様がやっと目覚めた復活弾で序盤で3―0とリード、エース・ダルビッシュの調子からこの1撃で勝利を確信したヒグマンは、惜しみながらもドームを後にして一路ファイターズ通り商店街とアリオへ。

アリオではPVの真っ最中に、エスカレーターからヒグマン登場。
場内大爆笑ながらも「ヒグマ〜ン」の声があちらこちらから掛かった。
到着した時は、8回の表の守り、ヤンヤヤンヤと盛り上がりながら、皆と勝利を確信してハイタッチの
応酬・・・・みな勝利を確信して上機嫌だった。

最終回・・・最後の最後、マイケルが粘られヤキモキしたが最後は三振で、2年連続 日本シリーズへの進出を決めた。
場内は、万歳、感動で泣く人も出て大賑わい。
ヒルマン監督の優勝インタビューでの「シンジテマシタ〜」が大流行!
一言一言に感動の拍手!アリオもドームと何ら変わらない空気が漂う。
合間合間にヒグマンも子供達との記念撮影に納まったりと大忙し。
でも・・・楽しい、嬉しい。
B☆B君と勘違いでなく、ヒグマンとして皆が可愛がってくれる。

皆と喜びを爆発させて今度は地元ファイターズ商店街へ
既にアリオでの中継ラジオを聴きかけ付けて 沢山のファンがまだかとばかりにビールかけを待つ。

ヒグマン登場で商店街のボルテージは一気に加速。
HBCラジオとSTVラジオの各局がコラボしながらビールかけは、始まった。
今回、メディアはラジオのみ! (TVは殆んどが球場へ)
生中継で全道にファイターズ通りでのビールかけは放送されました。
ターゲットは、各局女性レポーター、ヒグマン、加賀谷団長に集中した。
(HBC・若林聖子さん、STVは大吉あきこさん)

各局女子パーソナリティは、集中砲火を浴びて見事なまでの濡れっぷり。
でもマイクは離さず流石だねえ〜(笑)
ヒグマンは、冷たいビールを喰らったり、熱燗のお酒をかけられたりと、熱かったり冷たかったりと
両リアクションが大変で興奮状態でした。

でも楽しかった。
選手もそうだが、コレをやらないと優勝した気がしない。(笑)

ファイターズは、見事クライマックスを制覇して突き進んだ。
セ・リーグはまだ何処が来るかは決まっていないが・・・・・今のファイターズに勝てるチームはどちらが来ても無いと思う。
2連覇を果たし、王座を防衛したらもう一度ビールかけが待っている。

ファイターズ感動をありがとう。第2の山も制覇した。残る山は日本シリーズとアジアシリーズ。
まずは鋭気を養って次なる山をファンと共に目指して貰いたい。

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事