北海道・食の旅180

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15

イメージ 15

5月18日(日)早朝札幌を出発して目指したのは、上湧別のチューリップ公園。
日帰りでオホーツク海を目指すのは少々厳しいかと思いましたが、旭川を超えるとそこから先には
高速道路の無料区間が有るので、車は渋滞する事なく、3時間半で上湧別に到着。

現地では、ブログ仲間のきたきたさんがお出迎え。
チューリップ公園は、この日が満開のピークで案の定、開催中最高の人出。
駐車場に入る入口も大混雑していたが、地元の利を生かし特別な道(笑)から会場にメチャ近い場所へ。

まずは、他のブログ用に屯田兵の資料館を取材。
そして、お待ちかね(笑)ヒグマンin上湧別チューリップ公園。
取材と言う名目のオファーを取り付け、いよいよチューリップ公園内へ。

7ヘクタールの土地に120万本のチューリップにはメチャ感動。(圧倒された)
チューリップなんてわざわざ上湧別まで出かけなくても見られると言う人もいるかも知れないが、品種の違う、一本、一本、丁寧に手間暇かけて向きを揃えて植えられたチューリップを見たら、そんな発想は生まれて来ないと思ったね。

やがてチューリップに夢中だった観光客もヒグマンに気付き写真撮影を求めて集まって来たので
一緒に撮って交流しました。(笑)

中でも一番ウケたのが、チューリップ畑に熊(笑)の構図。
本来はチューリップ畑に入っては、いけないのだか取材なので特別な計らいで実現。畑の周りを観光客に囲まれ出るに出られなくなった。(笑)
一緒に中で撮りたいと最初は子供だけだったが、次々に大人も畑に入り出したので畑が荒れては
不味いので脱出した。
約、2時間滞在し交流とチューリップの撮影を満喫し次なる目的地へ向かった

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22 イメージ 23 イメージ 24 イメージ 25 イメージ 26

イメージ 26

10月1日天候は晴れ。
朝5時30分に札幌を出発して池田町のワイン祭りに行って来ました。
朝靄が凄い中を日勝峠を越えて3時間40分・・・・(遠いなあ〜)
池田町のワイン祭り会場へ到着!
!!?そこには既に長蛇の列が・・・・・(札幌ドーム北ゲートの端から端位)
でもそれはほんの一部でした・・・ヒグマン一行が並んでからそれの3往復分の観光客が列を作り
会場の開くのを待ちました。(凄げえ〜)
この日の池田町気象庁の発表は22℃でも体感温度は27度??毛皮では死んでしまうと・・・・
新庄マスクで対応する事に。(笑)

会場後は、一目散に場所をキープしてメイン料理の牛の丸焼きの列に並び、美味しく焼けた肉を
堪能して同行の仲間はワインもしこたま飲みました。
食べても食べても減らない肉、肉、肉・・・・・・・飲んでも飲んでも減らないワインにジュース
には流石の大食漢を持つヒグマンをしてもギブアップ!!暫く肉は見たくない位、食べました(笑)

食後はワイン城横に出来たドリカムの博物館を見学(撮影厳禁)吉田美和さんのステージ衣装が
沢山展示してありました。(ふとん圧縮袋の様な袋に入ってペッタンコ状態で)

更にあれだけしこたま食べたのに女性陣がパパラギのアイスが食べたい〜♪との事で
有名なパパラギ農場へGO!・・・・その途中でヒグマン人生初体験の検問に捕まりました。
(なんだか嬉しい〜〜〜〜)
池田町でのワイン祭りでしこたまワインやビールを飲んで運転しないか?張っていたんですねえ〜
勿論、ヒグマンは飲んでいないので問題無し!!お巡りさんに「検問初体験です。」と笑顔で答えると
「そうですか〜捕まらないのが何よりですからねえ〜♪」と笑顔で対応。

その後、帯広方面に来たのだからと幸福駅へ
ヒグマンは実に10年ぶりの訪問・・・懐かしい
今も駅舎の中には写真や名刺がいっぱい張ってあってヒグマンもHPの名刺をペタリ。(笑)

最後は帯広市内の藤丸で江パートでパパラギのアイスを食べて今回の旅は終了♪

往復14時間の旅は今回も大満足でした。

開く トラックバック(1)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19

イメージ 19

積丹を離れ札幌方面へ戻る事約30分で余市へ到着。(古平はまた時期をずらして訪問予定)
余市と言えば、リンゴ!とスペースシャトルに搭乗した日本人初NASA宇宙飛行士 毛利衛さんの
出身地と言う事で余市宇宙記念館(スペース童夢)にやってきました。
ここにある施設は道の駅(スペースアップル余市)と一緒になってます。
売店にちょっとした平行感覚を惑わされる施設がありますよ。(無料)

○余市宇宙記念館 http://museum-dir.tokyo.jst.go.jp/01-106/01-106.htm

お子様連れなら是非、宇宙体験を楽しむと良いかもしれませんがヒグマンは食の旅と言う事で
隣に隣接するニッカウイスキーの工場を見学。
ヒグマンはお酒も飲みますが・・・・しいて言うとウイスキー系は苦手。
モルトの匂いだけで酔いそうになります。(笑)当然、ウイスキーの工場ですからある程度の匂いは鼻に
付きますが酔うほどでは有りませんので御安心を。

施設内は到る所に貯蔵されたウイスキーが有り、原酒や試飲のコーナーもある。
原酒のコーナーでは25年物のモルトウイスキーの匂いを嗅いだだけで頭がクラッときました。(笑)

今回はヒグマンがドライバーなので、試飲は出来ないのでカメラマンのはっしー君が試飲。
結構、イケル口だが、度数の高い洋酒は結構すぐにポワッと来るらしい。
ヒグマンと飲めない秘書はりんごのホッペジュースをグビグビぷはあ〜と飲みまくりました。
(試飲ですが何杯飲んでもOK!・ヒグマンは8杯飲みました・笑)
お土産も試食出来る物も結構あり、買い物だけでも楽しめるんじゃ〜ないかな?


お土産にワインケーキとアップルワインを買って工場の外へ出てくるとスペース童夢が閉館時間になってて間に合わなかった家族が外で記念撮影をしていたのでヒグマンもちゃっかり仲間に入って記念撮影
女の子はとても喜んで暫く手を離してくれませんでした。(笑)

道の駅の売店では面白い小腹をくすぐるアイテムを発見!adidasならぬ鯵das(アジダス)
pumaならぬKUMA(3人は大ウケで3着購入・7/2にドームで披露します。)

余市の中心街を少し離れた所で道の駅の売店で売り切れていたミルク工房カウベルの店舗を発見!
ソフトクリームと焼きプリンを買いました。ソフトクリームはチーズクリームソフトでほんわりと
チーズの匂いと味が口に含むとするソフトで350円、焼きプリンは280円でした。
そしtここの近くの道路にて高校の看板を発見!北星学園余市高校。
ヤンキー先生母校へ帰るの舞台となった義家弘介教諭がいた学校です。
とても綺麗な学校でしたが日曜日と言う事で誰もいなかったので
校門の前で記念撮影させていただきました。

そしてヒグマン一行は次なる地、小樽を目指しました。(小樽編へ続く)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20

イメージ 20

今月のヒグマンの食の旅は、ウニ漁解禁に合わせ積丹へ、ウニ丼を食べにヒグマン&アテンド一行で
向かいました。
朝8:30に札幌を出発して積丹で今年開催される第1回積丹ソーラン味覚祭りの記事を新聞で見付けたので向かいました。場所は、積丹美国漁港〜やってきました会場は朝9:00〜夜9:00のロングランで行われるお祭りと有って会場はよさこいの踊り子さんも元気に舞い大賑わい。(1枚目〜5枚目)
会場には姉妹都市の高知県からも人気物産が来ていました。(鰹のタタキ旨かった〜♪)

さて本日の真の目的は解禁になったウニ漁に合わせた海栗を食べる事!!てなわけで積丹の中心街に入り食堂を探したのですが時間が正午を回り、周囲の店は車が一杯、更には味覚祭りで浜鍋や海栗の炊き込みご飯を食べていたせいもあり・・・(ややお腹が満たされていて)ならばと言う事で積丹観光決定!
ヒグマン&アテンド一行は、それならば思いっきりお腹を空かしてから食べようと言う事で向かったのは
ココ!積丹岬の島武意海岸で〜す。(6枚目〜10枚目)絶景のポイントを見る為には約100mの崖の様な階段を下りなければこのポイントは見れません(笑)ヒグマンも勿論下りましたが・・・・酸欠で
息切れ状態の為、手だけで御勘弁(周囲の方には沢山素顔も写メされました・笑)岬の出口には小さな
海産物を扱った個人のお店がありそこで買ったタコの燻製は絶品でした。

そしてもう一箇所、神威岬にもやって来ました。駐車場から770m歩かないと見られない先端の
大パノラマは実際に歩いてみれば更に感動♪(大絶景〜達成感に満足)
達成感に満足しお腹もペコペコになったので飛び込んだお店がココです。「うしお食堂」
パッと見はお土産屋さん?って感じのお店でしたが出てきた料理はコレ!!
ヒグマンが食べた「うに大盛り丼¥3500」、はっしーカメラマンが食べた「うに・いくら丼¥2200」、
そしてヒグマン秘書めぐちんが食べたのは「うしお丼スペシャル¥1800」どれも美味しくて本当に
ウニが「甘〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い」(スピードワゴン・井戸田風絶叫〜♪笑)大満足の料理を後に次なる街余市へヒグマン一行は向かいました。(余市編に続く)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8

イメージ 8

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものでクレイジースパイスでの一時を終えて外に出ると夕方になっていました。(笑)さて夕飯はどうしようという話になったが、「今、食べたばっかりでまだ要らない」、「流石に今すぐは欲しくない」と言う事で帰路に着きながら考えようと言う事に。

てな訳でブログ仲間の方から教えて頂いた旭川ラーメン博物館にも興味は有ったのですが、それはまたの機会にとなりました。(情報頂いていたのにスミマセン)

旭川鷹栖インターから高速に乗り暫し走るとアテンドのI・稀哲46君が砂川に是非ヒグマンに食べてもらいたい物が有ると言う事で砂川インターで休憩。

砂川ハイウエイオアシスにあるショコラノヲルHORIに立ち寄りました。
夕張メロンピュアゼリーで有名な、株式会社HORIが経営する北海道で唯一の本格チョコレート専門店です。ここのシュークリームとホワイトチョコソフトクリームが最高ですとのI・稀哲46君の奨めで大の甘党のヒグマンは超楽しみに買いに行ったがなんと・・・・どちらも売り切れ(ガーン)
(後日、この2点だけを食べに再度訪問しました・画像はその時の物です。)

旨い〜〜〜のなんのってあんた・・・・ヒグマンシュークリームランキングとソフトクリームランキングでも共に1位を奪取!!素晴らしいです。売り切れに成るのも判るような気がします。
その他にもマシュマロの中にチョコが入った物や、オレンジが入ったチョコなど空港や百貨店にも卸していないという砂川ハイウエイオアシスのみの店舗と言うのも凄い拘りだ。
☆株式会社ホリhttp://www.e-hori.com/
この日は、結局、別なソフトを食べて砂川を去りました。(物凄く残念でした。)

そして今度は美唄で高速を降りて、最終地の晩御飯に焼き鳥たつみへとやってきました。
☆焼き鳥「たつみ」http://www.bibai.net/tatsumi/ 
ここのお勧めは何と言っても鳥のもつ串焼き1本80円とリーズナブルで、しかも旨い!!
ヒグマン一行4人はココで今回の旅の打ち上げをしました〜♪車移動なのでアルコールは無しでしたが
4人で焼き鳥を40本&鳥飯2人を平らげ、更にお土産用にヒグマンが150本、仲間がそれぞれ20本づつをお土産にして帰った。150本と聞くとビックリするかもしれないが・・・実際このお店に買いに来るお客さんの殆んどの単位が50〜100本単位で買いに来ます。(アテンド仲間も実際に見てビックリしてました。)画像で味が伝わらないのが非常に残念です。
有名芸能人も沢山過去に来店もしていて、TV等でも数多く取り上げられています。
一度是非御賞味ください。

北海道180食の旅2はこれで終わりです。今回も沢山の街で美味しい物を堪能出来ました。
ファイターズの応援活動をドームでしっかりやりながら試合の無い週末はまたどこかの街へ出かけて
ブログを見て貰える皆さんに美味しい情報を伝えたいと思います。
北海道食の街制覇まであと173市町村

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事