ここから本文です

書庫全体表示

 
フリーターの徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車内で、女子中学生に「痴漢」に間違えられる。

まったく身に覚えのない徹平は、話せば分かってもらえると思い、おとなしく駅の事務室に行った。

しかしながら、そのまま警察に連行されてしまい、留置所暮らしを余儀なくされた徹平は、無実を訴えるべく、裁判で戦うこととなる・・。


 『それでもボクはやってない』  2007

監督: 周防正行
製作: 亀山千広
脚本: 周防正行
出演: 加瀬亮/役所広司/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/田中哲司/光石研/尾美としのり
     /大森南朋/鈴木蘭々/田口浩正/清水美砂/竹中直人/本田博太郎/小日向文世 etc...



こちらの作品、26歳フリーター男性が、「痴漢冤罪」によって裁判で争う様子を、丹念に丹念に描いた、世の不条理を問う社会派ドラマでございます。

事の発端はこれ、満員電車で痴漢に間違えられた、という、一見些細な出来事のようにも見える、「事件」であるのですね。

示談金数万円を支払えば、罪に問われることなく解決する話を、加瀬亮演じるフリーターの徹平は、「やっていないのだから」と、身の潔白を貫き通すのでありますね。



本作の見どころのひとつとして、フリーター徹平の強い意志によって生み出される、「一貫して曲げられることのない主張」、があると思います。

やっていないものはやっていないと、当たり前のことが当たり前のこととしてまったく通用しない、警察や裁判所に対しての「批判」は、本作品が世に放つ紛れもない「メッセージ」でありましょう。



またドラマとしては、裁判所での質疑応答が最大の見せ場であるのでしょうが、26歳フリーターの青年からしたら、「非現実的」な「現実」は、大変な重みがあり、加瀬亮演じる主人公の醸し出すやるせなさ、憤りには、非常に共感を覚えます。

ストーリーの結末として用意された「事実」には、不条理さを感じながらも、2時間強の物語をサスペンスタッチに、またリアリティ溢れる描写で見せきった周防正行監督の「意気込み」には、清々しく、心地の良い印象もございました。





サムソン満足度  94点
  

  • 顔アイコン

    SHIGEさん、ども♪ はい〜、周防監督の偉大さ、自分も感じましたです。
    加瀬さんの迫真の演技もよかったです。 TBどうもです ^^

    サムソン

    2008/3/9(日) 午後 1:08

  • 顔アイコン

    xiumeiさん、ども♪ たしかに専門用語が多かったですよね。
    裁判を体感したかのような、疲れすら感じるような作品だったと思います。
    加瀬さんの演技は迫力がありましたよね ^^

    サムソン

    2008/3/9(日) 午後 1:11

  • (●´∀)●。_。)●´∀)●。_。)ウンウン
    現実と非現実!って感じでしたね
    やるせなかったり、しかし現実を考えると・・・
    理不尽なもんなんだなぁって思いました
    TBしますねww

    [ 翔syow ]

    2008/3/9(日) 午後 8:50

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ はい〜〜、現実と非現実がわからなくなるような感覚でした〜。
    ほんと、理不尽な話ですよねぇ〜。 TBどもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/3/9(日) 午後 9:45

  • 顔アイコン

    確かに、可能性としては、有り得ると思いますが、
    この作品のケースは、最悪の場合の寄せ集めですよね。
    面白い作品であったことは、間違いありませんけど。。。。
    TBさせてください。

    ■Doobie■

    2008/3/9(日) 午後 10:59

  • 顔アイコン

    Doobieさん、ども♪ まあ、身近なテーマだとは思いますが、フィクションの「ドラマ」として、楽しむことができた作品でありました。
    TBどうもです。 ^^

    サムソン

    2008/3/9(日) 午後 11:33

  • していないことについての証明・立証って難しいんですよね。
    そこを論点に争わなきゃいけないんですから、相当の覚悟と意志の強さがいるんだと思います。
    裁判員制度が始まることもあって、色々考えさせられそうな作品みたいですね。

    Fummy

    2008/3/10(月) 午前 9:51

  • 顔アイコン

    Fummyさん、ども♪ そうですね〜、証明の難しさもこの映画の面白みのひとつでしょうか。
    この映画を観て、裁判員制度は無理! って思っちゃいました ^^;

    サムソン

    2008/3/10(月) 午後 9:54

  • 顔アイコン

    おっご覧になられましたね〜劇場で観ましたが、ホント周防監督渾身の一作だと思いました。TBさせてくださいm(_ _)m

    [ - ]

    2008/3/11(火) 午前 5:31

  • 顔アイコン

    yaskazさん、ども♪ はい〜、観ちゃいました〜 ^^;
    ほんと、渾身の一作って感じですよね〜。 加瀬さんの演技がまたこれ、よかったっす。
    TB、どもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/3/11(火) 午後 10:00

  • これはみていてむかついてしまうっていうか・・理不尽ですよね〜
    実際、傍聴席で聞いてるような錯覚を覚えました。難しい問題ですね。TBお返ししますね

    LAGUNA

    2008/3/12(水) 午前 0:21

  • 顔アイコン

    らぐなさん、ども♪ はい〜、傍聴席にいるような感じはありましたね〜。
    まあ、理不尽なお話でしたね。 TB、どもです〜〜。

    サムソン

    2008/3/12(水) 午後 10:28

  • 顔アイコン

    遅くなり失礼しました〜
    裁判官と検察官の面子問題とか日本の法の問題とか
    基本的にたくさんのナゾに包まれている日本の法社会の一部を見事に切り取って映画にしてくれました。
    なるほど。26歳フリーターという彼の背景の弱さ、悲しさもありましたね。TBさせてくださいね

    car*ou*he*ak

    2008/3/22(土) 午後 8:44

  • 顔アイコン

    Cartoucheさん、ども♪ いえいえ〜〜。 ^^; はい、包まれた「法」を見事切り取ってましたよね。
    26歳フリーター、まあ、自分と近い感じです (^.^;汗
    TB、どうもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/3/22(土) 午後 11:46

  • 疑わしきは罰せずというこれまで当然だと思っていた事が夢物語だったということが分って愕然とした作品でした。裁判官や検察官が保身や体面のために無実の人を有罪にしてしまうなんて…。衝撃的な作品でした。
    TBさせてくださいね。

    つらら

    2008/3/23(日) 午後 11:00

  • 顔アイコン

    つららさん、ども♪ そうですね〜。 体面のための裁判、というのは驚きますね〜。
    ほんと、衝撃的な作品でした。 TB、どうもです ^^

    サムソン

    2008/3/24(月) 午後 9:52

  • 映画の本数を撮る監督ではないなと思っていたら、こういうものを世に出してくるんですから、さすがですよねえ。。
    自分が日本の司法制度のこと、何も知らないのを思い知らされました。少しは勉強せねば。。^^;
    トラバさせて下さいませ。

    恋

    2008/3/24(月) 午後 11:25

  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ はい、本数少ないのがちと残念ですけど、まあ、さすがですよねぇ。
    思い知らされた映画でしたね。 TBどうもです ^^

    サムソン

    2008/3/25(火) 午後 10:23

  • これは、恐ろしいですよね〜
    自分も、いつ巻き込まれるか分かりませんもんね。。
    一人で電車に乗るのが怖くなります。。。
    TBさせてね☆

    ゴルバチョフ剛

    2009/11/7(土) 午前 9:35

  • 顔アイコン

    ブーキーさん、ども♪ はい〜、他人事ではないですよね〜。
    巻き込まれないようにしたいですね。^^;
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2009/11/7(土) 午後 11:47

開くトラックバック(30)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事