ここから本文です

書庫全体表示

    
仕事も恋愛もビミョーな28歳のフリーライター、明日香(内田有紀)は、ある日目が覚めると、見知らぬ部屋にいた。

そこは「クワイエットルーム」と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから、薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれた、と説明される。

さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく・・。


『クワイエットルームにようこそ』  2007 

監督: 松尾スズキ
原作: 松尾スズキ
脚本: 松尾スズキ
出演: 内田有紀/宮藤官九郎/蒼井優/りょう/妻夫木聡/大竹しのぶ/塚本晋也/ etc...



こちらの作品、監督や俳優、作家、舞台演出家として、マルチな才能を発揮し続ける松尾スズキが、芥川賞候補となった自身の同名小説を映画化した異色コメディー、でございます。

映画の舞台となるのは、精神科の「閉鎖病棟」でありまして、睡眠剤の飲みすぎによって運び込まれた主人公の明日香(内田有紀)が、「再生」するまでの14日間を、ブラックで、尚且つヘヴィに綴った物語でございます。



設定が設定だけに、登場人物の背景は重いんですけれど、これ、痺れるくらいに痛快に、ブラックユーモアが炸裂しているんですよねぇ。

看護婦役のりょうは、患者にノドを刺され、廊下に倒れてヒクヒクしていたり、明日香の恋人役、宮藤官九郎は見舞いに来た際、お尻を出してと要求され、撫でられて、相手を落ち着かせて、また自分も落ち着く、と言った具合なんですねぇ〜。

んんっ、、 ブラック。。



映画終盤、行き過ぎたブラックユーモア、とでも申しましょうか、心にズシーーーン。。。 と響き渡る、へヴィなラストが用意されているんですよね。

明日香役の内田有紀が言い放つ、「生きてゆく。。」 という言葉がこれ、超・リアルに胸に迫ってきます。

多彩な顔をもつ松尾スズキは、脚本家、そして映画監督として、「快心」の仕事を成し遂げた、という印象でございました。





サムソン満足度  96点
   

  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ あら、反乱ですか ^^;
    危なっかしい話はあとにして、さあ、出かけましょ。 (どこへ?)
    (・∀・;;)ヒョヒョヒョ...

    サムソン

    2008/5/3(土) 午前 3:26

  • これ本読みました。ブラックですよね(笑)
    クドカンのお尻が観たいです♪(笑)

    [ - ]

    2008/5/3(土) 午後 8:54

  • 顔アイコン

    amy viviさん、ども♪ おお、原作読んでますか〜。
    自分も読んでましたが、これかなり、原作に忠実に描かれてました。
    あ、お尻は、自分も見たいです。。 (・∀・;;)フフ...

    サムソン

    2008/5/3(土) 午後 11:57

  • 顔アイコン

    引き続きお邪魔いたします。TBありがとうございました。恋の門に引き続き、素晴らしい作品でした。内田有紀さんも一皮剥けました感ありましたね♪

    [ - ]

    2008/5/5(月) 午前 1:29

  • 顔アイコン

    髭ダルマさん、ども♪ こちらこそありがとうございます。 ^^
    『恋の門』もよかったですよね〜。 内田有紀さんは弾けてましたね ^^;

    サムソン

    2008/5/5(月) 午前 3:16

  • 顔アイコン

    最初はええ?どうしてこんなところに??と思っていたら次々と
    色々なことがわかっていく・というつくりが面白かったですね。
    それにしても松尾スズキさんってなんてすごいの!
    ナレーターとしてもご活躍ですね。
    TBさせてください。

    car*ou*he*ak

    2008/5/5(月) 午後 10:34

  • 顔アイコン

    Cartoucheさん、ども♪ はい〜、松尾スズキさん、多彩な方ですよね〜〜。
    映画監督としても、この映画で才能が炸裂、といった感じでした ^^;
    ストーリーのつくりも絶妙でした。 TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2008/5/5(月) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    これ面白かったですよね〜〜高得点に納得です!松尾スズキのセンス才能に脱帽。それとやはり内田有紀の今までにない弾け方もすごく良かったと思いますね〜

    SHIGE

    2008/5/10(土) 午前 9:08

  • 顔アイコン

    SHIGEさん、ども♪ はい〜〜、松尾スズキさんのセンス、いいですよね〜。
    内田さんの弾けぶりもよかったですね。 ^^

    サムソン

    2008/5/10(土) 午後 10:19

  • とりあえず反乱起こすのはやめて、DVDでやっと鑑賞出来ました♪
    さすがですね〜松尾スズキさん〜^^
    キャストのみなさんも実にお見事^^笑いながら考えさせられ、感心しちゃいました。トラバさせて下さいませ。

    恋

    2008/5/25(日) 午後 9:17

  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ あ、反乱中止、ですねぇ〜〜。 ^^;
    いや〜、松尾さんのセンスは素晴らしいですよね〜。 キャストの方々の演技もハマってましたよね〜。 イイですっ。 ^^
    TB、どうもです〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/25(日) 午後 10:29

  • 顔アイコン

    ん〜〜、誰でしょう〜〜。

    サムソン

    2008/5/26(月) 午後 10:44

  • やっと借りてみれました!やはり松尾スズキの描く世界って、自分と近い感覚だなーと思いました。これは「恋の門」よりシリアスに描かれてて、衝撃だったんですが。。。
    高評価ですね〜。それでも生きていく・・・というのにジーンとしました。TBお返ししますね。

    かりおか

    2008/6/25(水) 午前 1:06

  • 顔アイコン

    かりおかさん、ども♪ あっ、自分も、自分と近い感覚だなと、思いました〜 ^^;
    『恋の門』も面白かったですよね。 軽くブラックで。 ^^;
    ラストのセリフはジーーン..ときましたね。 ^^;
    TB、どうもです〜。 ^^

    サムソン

    2008/6/25(水) 午後 10:12

  • 顔アイコン

    クドカンは内田有紀におしり触られてましたね。うらやますぃ。
    「生きていく」という真摯なメッセージ性をコメディでしか語ることのできない松尾スズキの性(さが)が可笑しくもあり、切なくもあり妙に心に残る映画でした。
    TBさせてくださいませませ。

    [ 柴多知彦 ]

    2010/3/31(水) 午前 0:13

  • 顔アイコン

    Cinema365さん、ども♪ そそ、触られてましたね。 たしかにうらやますぃです。^^;
    真摯なメッセージもコミカルに、、ですよね。 自分は松尾スズキの性、好きですねぇ。
    TB、どもです〜。^^

    サムソン

    2010/4/3(土) 午後 11:21

  • これ当時の男と見ました。軽い気持ちで見たらヘヴィで。
    ちなみに彼、昔の彼女との間に水子がいたので、見終わってから沈んでました…。

    [ VIOLET ]

    2010/7/26(月) 午前 0:29

  • 顔アイコン

    VIOLETさん、ども♪ はい〜、これはヘヴィな一作ですよねぇ〜。
    水子って、なんすか?

    サムソン

    2010/7/26(月) 午後 10:05

  • 水子ってあんまり言わないですか?彼、昔の彼女が妊娠した時に中絶させてるんです。
    すいません、過去の男のことをグダグダと…m(_ _)m
    コメ返しありがとうございます(^^;)

    [ VIOLET ]

    2010/7/27(火) 午後 11:40

  • 顔アイコン

    VIOLETさん、ども♪ あ、そうだったんですね。
    こちらこそ、たびたびコメントどうもです。^^

    サムソン

    2010/7/28(水) 午後 11:18

開くトラックバック(19)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事