ここから本文です

書庫全体表示

パンズ・ラビリンス

     
1944年、スペイン。

内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。

内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。

この地でゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍と母が、再婚したのだった。 冷酷で残忍な義父に、恐怖と憎しみを募らせるオフェリア。

その夜、彼女は昆虫の姿をした不思議な妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる・・。


『パンズ・ラビリンス』  2006  El laberinto del fauno

監督: ギレルモ・デル・トロ
製作: アルフォンソ・キュアロン/ギレルモ・デル・トロ/ etc...
脚本: ギレルモ・デル・トロ
撮影: ギレルモ・ナヴァロ
出演: イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ/アリアドナ・ヒル/ etc...



こちらの作品、童話が好きな女の子オフェリアが、森の奥深くにある「迷宮」へと足を踏み入れる、ダーク・ファンタジーでございます。

とはいってもこれ、スペイン内戦を色濃く描いた、戦争映画でもあるんですよね。

厳しい現実からの「逃避」、という形でこれ、少女オフェリアの空想(?)による、不思議な旅が描かれているんですね。



この映画の面白みは、迷宮の守護神がオフェリアに与える、「3つの試練」でありましょうか。

「試練」のシーンになりますと、グロテスクでユニークな妖怪(?)が登場いたしまして、映像的にもこれ、ファンタジックな楽しさが満載、でございます。 でもこれあくまで、「ダーク」です。 はい。

3つ目の試練はちょっとこれ、胸打たれる、といいましょうか、少女オフェリアの強い意思がこれ、胸を打つんですよねぇ。 (同じこと、2回言った?)



え〜〜、、 スペイン内戦を背景にした、「大人たち」のドラマの方もこれ、ストーリー構成も巧みに、見応えは充分でございました。





サムソン満足度  88点
   

  • ラストがショックでした。
    オフェリアはきっと幸せの王国へ旅立ったのだと信じることにしたのです。
    心にズンと来る映画でした〜
    TBさせてくださいね。

    [ ake*omy*ujo*3 ]

    2008/5/7(水) 午後 2:25

  • 顔アイコン

    明星さん、ども♪ はい〜、ラストは切なかったですよね〜。
    ほんと、ズーンとくる映画でしたよね。
    TB、どもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/7(水) 午後 10:37

  • 顔アイコン

    私もキャラクターはグロくても、少女の冒険を描いたファンタジー映画なんだと思っていたので、スペインの内戦色が濃いのにびっくりしました;;;
    で、ほんと、3つ目の試練は……(><)
    そんなこともあって、強く印象に残っている映画です;;;
    TBさせてくださいね。

    kim

    2008/5/8(木) 午前 2:28

  • 顔アイコン

    kimさん、ども♪ そそ、自分も思ってた内容のとのギャップに驚きました ^^;
    3つ目の試練は、、 切ないですねぇ〜〜。。 印象に残る映画ですねぇ。
    TB、どもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/9(金) 午前 0:03

  • 監督さんはスペイン内戦の哀しみを描き続けるのでしょうか。
    空想の世界に身を置くしかなかったオフェリアの思いは哀しかったですね。
    子守唄の美しさが心に響きました。TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2008/5/9(金) 午前 4:54

  • 顔アイコン

    pu−koさん、ども♪ あ、この監督さんは、前作でもスペイン内戦を描いていたようですね。
    オフェリアの想いは、切なかったですねぇ。 異色な感じのする映画でした。
    TB、どもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/9(金) 午後 10:10

  • 顔アイコン

    おお・・この怪物がメインのポスターって初めて観た・・恐すぎるでしょ〜^^しかしこんな不思議でダークな反戦作品って観たことがなかったですね〜。ラストは切なくて胸を引き裂かれるような気持ちになりましたよ。あの美しい映像が余計に切なかったです。。TBさせてくださいね。

    SHIGE

    2008/5/10(土) 午前 9:11

  • 顔アイコン

    SHIGEさん、ども♪ はい〜、反戦映画としては、異色ですよね〜。
    ファンタジーもまた、ダークでしたしね。 ^^;
    けっこう好きな作品でした。 TB、どもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/10(土) 午後 10:08

  • この怪物、写真などで知ってたのでそれほどショックではなかったんですが、一緒に見た娘は知らなかったので、とっても怖かったみたいです。ダークファンタジーというより、反戦映画で、思っていたのと私も違ってて驚きました。哀しすぎでしたが、美しさも心に残りました。TBお返ししますね。

    かりおか

    2008/5/14(水) 午前 9:34

  • 顔アイコン

    かりおかさん、ども♪ あ〜、そうですね〜。 小さなお子さんには怖いでしょうね ^^;
    映画の内容はファンタジー色もあり、反戦へのメッセージなどの重さもあり、で、異色な感じでしたね。
    TB、どうもです〜〜。 ^^

    サムソン

    2008/5/14(水) 午後 9:35

  • サムソンさんは88点ですかぁ〜
    私は100点あげたいですよ!!いい映画でした〜(ノω・、) ウゥ・・・
    TB、お返ししますね〜!遅くなって(´-ω-`)スイマセン

    R*alph

    2008/6/10(火) 午後 5:18

  • 顔アイコン

    ラルフさん、ども♪ おぉ、ラルフさん的には100点なんですね。 ^^;
    独特な世界観、よかったですよねぇ〜〜。 大好きな映画っす〜。
    TB、サンクスです。 ^^;

    サムソン

    2008/6/10(火) 午後 10:19

  • クリーチャーが不気味で怖かったですが・・
    現実の世界もまたシビアで恐ろしかったですw
    子供と一緒に観なくて正解でした!(笑)
    TB,させてください!

    A☆co

    2008/6/24(火) 午後 10:28

  • 顔アイコン

    A☆coさん、ども♪ たしかに、クリーチャーも怖かったですが、現実世界も怖かったですねぇ。
    あ、お子さんいらっしゃるんですね。 ^^;
    TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2008/6/24(火) 午後 11:39

  • やっと観れましたが、思った以上にダークでした。
    ラストは涙止まらなくなりました(^-^;
    現実の世界と迷宮の世界を見事に融合させてましたね。
    こちらからもトラバさせてくださいね♪遅くなってごめんなさい〜

    じゅり

    2009/6/11(木) 午後 7:01

  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ そうすね〜、ファンタジーファンタジーな世界を想像していると、ダークな感じに面喰らうかもですよね。
    現実と迷宮の世界の融合、ほんと、お見事でした。^^
    TB、どうもです〜〜。^^

    サムソン

    2009/6/12(金) 午後 11:20

  • 的確なレビューですね♪これは・・・戦争から逃れるには
    もうこの世ではムリっす!みたいな映画でした。
    いや〜〜この映画結構みなさん見てたのね(汗)今ごろおっ!これは誰も見てないだろと見たのですが(笑)TBしま〜す

    pony

    2010/12/28(火) 午後 8:33

  • 顔アイコン

    ポニーさん、ども♪ いやいや、ありがとございます。^^;
    そですね〜、これけっこうヒットしてたんですね。
    個性溢れる作品でした。 TB、どもです。^^

    サムソン

    2010/12/29(水) 午後 9:37

  • 顔アイコン

    ご無沙汰しています♪ この映画に圧倒されました。現実の厳しさとグロテスクなファンタジー世界の造形も見事でした。少女の健気さに胸をうたれました。思い入れの強い感想になっていますがTBさせてくださいね。

    シーラカンス

    2011/2/11(金) 午後 0:29

  • 顔アイコン

    シーラカンスさん、ども♪ そですね、現実とファンタジーのバランスがよかったですね。
    感動的なドラマでした。 TB、どうもです。^^

    サムソン

    2011/2/12(土) 午前 9:12

開くトラックバック(57)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事