ここから本文です

書庫全体表示

 
大学入学のため、仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。

初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと、奇妙な計画を持ちかける。

そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に、書店の裏口に立っていた・・。


『アヒルと鴨のコインロッカー』  2006

監督: 中村義洋
プロデューサー: 宇田川寧/遠藤日登思
原作: 伊坂幸太郎  『アヒルと鴨のコインロッカー』 東京創元社刊     
脚本: 鈴木謙一/中村義洋
主題歌: ボブ・ディラン  『風に吹かれて』
出演: 濱田岳/瑛太/関めぐみ/松田龍平/田村圭生/大塚寧々/野村恵里/なぎら健壱/ etc...



こちらの作品、人気ミステリ作家伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した、スカッと爽やかで、ジーンと切ない、青春ドラマでございます。

この映画の特徴といたしましては、物語前半のいたるところに張られた「伏線」から、物語後半へと鮮やかに転換されゆく、ストーリーの巧みさでありましょうか。



新感覚の感動、とでもいいましょうか、映画の背景にあるのはこれ、とても日常的なものであるのにも関わらず、「意外性」と「驚き」に満ちた展開が、用意されているのですよね。

原作は未読であったので、素直にストーリーにのめり込むことができた部分もあると思います。

読まれている方は、丁寧で凝った演出や、登場人物の配役など、また違った楽しみ方もできる映画ではないかとも思います。



映画終盤になると、ミステリ作家の原作の作品らしいといいましょうか、ちょっと血生臭いシーンも、幾つか登場いたします。

ほんわかとした空気の中に、サスペンスの題材も織り交ぜたバランス感覚は、ほどよく心地が良い、という印象でございます。

「アヒル」、「鴨」、「コインロッカー」という、3つの言葉に思わず愛着が湧いてしまう、心に染み入る物語でございました。





サムソン満足度  88点
     

この記事に

  • 顔アイコン

    yaskazさん、ども♪ この映画の伏線は、けっこうよかったですよ〜。 ^^
    イイ〜感じに騙されましたです。 ^^; 機会がありましたら、ぜひ〜。 ^^;

    サムソン

    2008/5/20(火) 午後 9:27

    返信する
  • アバター

    友達に薦められて今原作を読んでいます♪
    早く映画も観たいな〜面白そうですね!

    choro

    2008/5/23(金) 午前 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    来月か7月に放送あるみたいなんで楽しみにします♪

    [ - ]

    2008/5/23(金) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    Choroさん、ども♪ あ、今原作本読んでますか〜。 伊坂作品は、面白いですよね〜。
    映画もグ〜! でした。 ぜひ。 ^^;

    サムソン

    2008/5/23(金) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    yaskazさん、ども♪ あ、放送ありますか。 んもう、ぜひぜひ。 ^^;

    サムソン

    2008/5/23(金) 午後 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    あは、、あはは。。

    サムソン

    2008/5/30(金) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    本も面白かったけれど、どういう風に映像化されているのかとっても気になっていました。
    でも上手く脚色されてましたね〜映画もバッチリ楽しめました!
    でもせつないお話ですよね〜;;
    こちらからもTBさせてくださいね。

    choro

    2008/7/12(土) 午後 8:35

    返信する
  • なんと言っても、椎名君役の濱田岳の純朴さが良かったです。彼をはじめとして、他のキャストも良かったです(^^)。
    そして、ストーリーの意外性も、面白かったですね〜〜(^^)

    kuu

    2008/7/17(木) 午前 9:49

    返信する
  • 顔アイコン

    Choroさん、ども♪ はい、原作は未読ですが、うまく脚色されてるな〜と感じました。 ^^;
    そうですねぇ。 せつない系ですねぇ。。 (T−T)ォォォ
    TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2008/7/17(木) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    Kuuさん、ども♪ 濱田岳クンははまり役って感じでしたね〜。 ^^
    私的には、大塚寧々さんが好きでした。 はい。 ^^;
    んもう、意外性にびっくりおどろっき〜、楽しめました。 ^^;
    TB、どうもです。 ^^;

    サムソン

    2008/7/17(木) 午後 9:30

    返信する
  • 意外性もあって、でも切なくてとても素敵な作品でした。
    キャストも良かったですね〜。
    原作おススメですよ♪
    TBお返しさせて下さいね!

    ゆき

    2008/8/10(日) 午後 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ゆきさん、ども♪ はい〜、切ない映画でしたよねぇ。
    あ、原作おすすめですか。 ^^ ぜひ読んでみたいです。 ^^
    TB、ありがとです〜。 ^^

    サムソン

    2008/8/11(月) 午後 10:37

    返信する
  • 顔アイコン

    こういった展開になるとは・・・「アフタースクール」的な展開でしたね。

    mossan

    2009/1/1(木) 午前 0:41

    返信する
  • 顔アイコン

    もっさん、ども♪ あ〜、『アフタースクール』はまだ観てないんですよね〜、、
    近々観てみたいと思います〜。 TB、どもです。^^

    サムソン

    2009/1/1(木) 午前 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    普段邦画まるっきり観れてない私でもお勧めの作品になりました(笑)
    タイトルや音楽も含めて、全ての伏線が生きた作品でしたね。
    切ないけど温かさも感じさせてくれた作品でした^^
    トラバさせてくださいね♪

    じゅり

    2009/2/18(水) 午後 11:03

    返信する
  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ おぉ、普段はあまり邦画観てなかったですか〜。
    たしかに、記事少ないかもですね。^^
    これはおススメでしたか〜。 ほんとこれは、面白い映画ですよね。^^
    TB、どもです〜。^^

    サムソン

    2009/2/18(水) 午後 11:06

    返信する
  • これ当時の男と見たなぁ…。彼は小説読んでたんだよね。
    タイトルの意味が最後までわかんなかった。ラストのほう別の行為に気を取られててww
    「ちゃんと見てよ」って怒られた。

    [ VIOLET ]

    2010/7/26(月) 午前 0:23

    返信する
  • 顔アイコン

    VIOLETさん、ども♪ あら、怒られちゃいましたか。^^;
    これは自分も内容を忘れかけてますね。。 今度再見してみよう〜。

    サムソン

    2010/7/26(月) 午後 10:07

    返信する
  • 顔アイコン

    これと

    重力ピエロは

    仙台ロケだったので

    なんと私の住んでいる街で撮影がありました

    凄いギャラリーでした

    ヽ(* ̄▽ ̄*)ノ「

    あしら

    2013/5/9(木) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    あしらさん、ども♪ 伊坂作品って、舞台が仙台なのが多いですね。
    彼が仙台出身なんでしたっけね?
    凄いギャラリーでしたか〜。 いいっすね。^^

    サムソン

    2013/5/9(木) 午後 10:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(46)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事