ここから本文です

書庫全体表示

    

『パフューム ある人殺しの物語』  (2006)



18世紀、パリ。

悪臭立ちこめる魚市場で、一人の赤ん坊が産み落とされる。

グルヌイユ(ベン・ウィショー)と名付けられ、育児所に引き取られた彼は、友だちもいない孤独な子どもであった。

何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける、「超人的な嗅覚」の持ち主であるグルヌイユは、青年になったある日、運命の香りと出会う。

赤毛の少女の体から匂い立つ香りに、グルヌイユは恍惚を覚えるも、誤って彼女を殺してしまう。

以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に弟子入りをする・・。


製作国/ドイツ=フランス=スペイン  Perfume: The Story of a Murderer  (147分)

監督: トム・ティクヴァ
製作: ベルント・アイヒンガー
原作: パトリック・ジュースキント 『香水 ある人殺しの物語』 文藝春秋刊
脚本: トム・ティクヴァ/ベルント・アイヒンガー/ etc..
音楽: トム・ティクヴァ/ラインホルト・ハイル/ etc..
出演: ベン・ウィショー/ダスティン・ホフマン/アラン・リックマン/レイチェル・ハード=ウッド/ etc...



こちらの作品、ある理由から若い女性を殺害し続ける、とてつもない嗅覚をもった男の物語でございますっ。

「ある理由」とはこれ、若い女性の「体臭」を保存するために、ピチピチの肢体を「材料」として使用するわけなんですよね、これ。。

ちょっと(かなり?)狂った男の物語だとは思うんですけれど、主人公グルヌイユの登場は、産まれ落とされる瞬間から、になるんですよね。

ゆえにこれ、映画を観る側は、グルヌイユの突飛な行動に対しても、「理解」できる立場にある、と申しましょうか、要は、「感情移入」しやすいと思うのですよね。 たとえ、殺人者であろうとも。。



この映画の魅力は、まあ、いろいろとあるとは思いますが、グルヌイユを演じたベン・ウィショーに尽きる、と言っても過言ではないと感じるほどにこれ、素晴らしい演技でございました。 はいっ。

両親もなく、友達もいなかった少年グルヌイユは、孤独のままに青年となります。 ある日のこと、ある少女に対して「恋におちる」のでありますが、どうしたらよいのか判らないグルヌイユは、彼女の匂いを「嗅ぐ」ことしかできないのですよね。

映画の設定からすれば、鋭すぎる嗅覚をもった青年ならではの「行為」なのでしょうけれど、あまりにも純真無垢といいましょうか、傍から見れば気味の悪い行動であるからこそ、グルヌイユを「応援」したくもなりました。

グルヌイユは誤って彼女を殺めてしまうのですが、その罪の重さすら理解できないのですよね。。

彼はその日から、「香りを保存する方法」を学ぶべく、生きてゆくことを決めます。



サスペンスタッチで描かれている本作品は、「殺人」という行為を軸に、重厚感溢れる描写で進められてゆくのですが、多少無理のある設定は、主人公グルヌイユを演じた新鋭、ベン・ウィショーによって巧く組み立てられ、高い完成度をもたらした、という印象もございます。

ダスティン・ホフマンアラン・リックマンの脇役としての登場でさらに、作品の質は高められたでありましょうか。





サムソン満足度  92点
   
 

  • いやぁ・・・ある意味すごいですねぇこの作品!
    かなり変態ちっくな彼でしたが
    応援したくなるのわかります・・・
    TBさせてくださぃw

    [ 翔syow ]

    2008/7/18(金) 午後 0:01

  • そうですそうです、ベン・ウィショーがお見事でした。
    衝撃のラストは賛否両論分かれたようですが(あまりの結末に、笑いの神様が降りてきてしまった観客が多数いたとか・・・)、わたしはラストも含めて好きです♪

    ぎーく

    2008/7/18(金) 午後 3:59

  • 顔アイコン

    A☆coさん、ども♪ はい〜〜、ベン・ウィショーはこれからも注目ですね〜。
    グルヌイユという主人公は好きでしたねぇ。 いやいやぁ〜。
    TB、どもです! ^^

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:11

  • 顔アイコン

    Choroさん、ども♪ はい〜、不気味で、そして不思議な感覚の映画でしたね〜。
    あ、ベン・ウィショーはボブ・ディランになってたんですよね。 ^^;
    そちらの映画もぜひ観たいです。 TB、どもです〜。

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:16

  • 高得点ですね。ベン・ウィショーの作品てコレと『アイム・ノット・ゼア』しかみてないですけど、いいですよね。私も注目。匂いというものをよく映像化しましたね〜。TBお返ししますね

    LAGUNA

    2008/7/18(金) 午後 10:18

  • 顔アイコン

    オネムさん、ども♪ はい、ほとんど無名の俳優を起用するというのは、勇気がいるのでしょうね。 ティクヴァ監督はもう、ナイス勇気! って感じでしょうか。 ^^;
    はい、自分もグルヌイユとしての物語に、いたく感銘を受けましたです。 可哀想な話でしたよね。
    (T−T)ォォォ あ、、泣いてる場合じゃない、、 TB、どもです! ^^;

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:20

  • 顔アイコン

    Xiumeiさん、ども♪ おぉ、なるほど、言われてみればそうですね。
    あの嗅覚の鋭さは、まるで超能力ですよね。 ^^;
    映画を観る観点はほんと、十人十色なんですね。 面白いです。
    TB、どうもです〜。

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:25

  • 顔アイコン

    pu−koさん、ども♪ はい、重厚な映画でしたねぇ〜。
    そそ、ロマン的(?)なものもありましたよね。 ^^;
    あのおふたりはもう、貫禄ですね。 ^^;
    TB、どもです〜。

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:35

  • 顔アイコン

    **さん、ども♪ いやぁ〜、暑いですね、ほんとに。
    うふふ〜〜、うっふーん♪ ですか? (?) (・∀・;)エヘエヘ

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:38

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ はい〜〜、すごい映画であると感じましたです〜〜。
    はい、変態さんは応援します、、 いや、自分は変態ではないです、はい、ほんとに。
    (´д`;;)ハァ、ハァ..
    あっ、、、 TB、どもです〜〜、、

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:41

  • 顔アイコン

    ギークさん、ども♪ はい〜、ベン・ウィショーはお見事でしたよね〜〜。
    あ、笑いの神様が。。 ^^; まあ、自分はある程度知っていただけに、きた、きたぁ〜〜!! って感じでした。 ^^;
    しかしまあ、イイ〜映画に出会えましたです。 ^^;

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:45

  • 顔アイコン

    らぐなさん、ども♪ はい、イイ〜俳優さんですよね。 『アイム・ノット・ゼア』はぜひ観たい一作ですね〜。
    匂いの映像化はオミゴトでしたよね。 トム・ティクヴァ監督のことを甘く見てました。 ^^;
    反省しながら、、 TB、どもです〜! ^^;

    サムソン

    2008/7/18(金) 午後 10:48

  • 顔アイコン

    最初の魚のシーンからはじまり、全体に嗅覚に訴えてくる映画でした。悪いことしているのに彼をかばいたくなってしまうのではナゼ?なんでしょう。
    TBさせてくださいね。

    car*ou*he*ak

    2008/7/19(土) 午前 1:02

  • 顔アイコン

    劇場公開時から評判は良かったので気にはなりつつも未見です(>_<)一応匂いはなんでも嗅いでみたくなる匂いフェチでおま(笑)もちろんあそこもねw

    [ - ]

    2008/7/19(土) 午前 8:28

  • 顔アイコン

    こちら、冒頭の生まれるシーンはリアルで衝撃的、対してラストはメルヘンチックで衝撃的!?
    特にニオイがしてきそうな映画というのは私的には初めてで、凄いなぁ〜(@@;;;と印象に残っています。
    TBさせてくださいね。

    kim

    2008/7/19(土) 午後 0:47

  • 顔アイコン

    Cartoucheさん、ども♪ はい、冒頭のシーンから惹きつけ(?)られました〜。 ^^;
    そうそう、かばってしまいたくなりますよね。。 不思議な映画でございました。
    TB、どうもです。

    サムソン

    2008/7/19(土) 午後 3:41

  • 顔アイコン

    yaskazさん、ども♪ おぉ、匂いフェチでありましたか〜。(笑)
    あ、、もちろんあそこも。。 (・∀・;)イヤラシイワァ..
    映画も色気満載ですよ〜。 (笑)

    サムソン

    2008/7/19(土) 午後 3:47

  • 顔アイコン

    kimさん、ども♪ はい、どちらにしても衝撃でしたね〜。 ^^;
    ほんと、匂いを表現している映画ってのも、そうはないですよねぇ。 新鮮でした。
    TB、どうもです。

    サムソン

    2008/7/19(土) 午後 3:49

  • 顔アイコン

    あの性の饗宴はサスガですよね〜。
    でも、もっともっと描いても良かったよねぇ〜〜〜。
    匂いが主役の一作ですた! ・・・すた、って。('-')エヘ
    香り立つTBおかえしします!

    Kaz.Log

    2008/7/19(土) 午後 10:44

  • 顔アイコン

    Kazさん、ども♪ はい〜、あの饗宴は、もっと描かれててもよかったですよね。 ^^;
    はい、なんともかぐわしい映画でございまさた! さた、って。 (・.・;)ムフ
    香り立つTB、どうもです! ^^;

    サムソン

    2008/7/20(日) 午前 1:42

開くトラックバック(25)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事