ここから本文です

書庫全体表示

誰も守ってくれない

   

『誰も守ってくれない』  (2008)



ある日突然、未成年の長男が’小学生姉妹殺人事件’の容疑者として、逮捕されてしまった船村家。

両親と、15歳の妹・沙織(志田未来)は、状況も分からぬままに、マスコミの好奇の目に晒され、激しいバッシングに追いつめられていく。

そんな中、刑事の勝浦(佐藤浩市)は、’容疑者の家族の保護’という任務を命じられる。

保護マニュアルにのっとり、警察は3人を別々に保護するべく、同い年の娘をもつ勝浦が、沙織を担当することになる。

沙織を匿おうと、懸命に手を尽くす勝浦であったが、マスコミは居場所を嗅ぎつけ、執拗に’容疑者の妹’を追いかけ回す・・。


製作国/日本  (118分)

監督: 君塚良一
製作: 亀山千広
脚本: 君塚良一/鈴木智
主題歌: リベラ 『あなたがいるから』
出演: 佐藤浩市/志田未来/松田龍平/佐々木蔵之介/佐野史郎/石田ゆり子
     /柳葉敏郎/津田寛治/東貴博/冨浦智嗣/木村佳乃/ etc...



こちらの作品、’殺人犯の妹’となってしまった少女と、彼女を保護する刑事との逃避行を描く、社会派サスペンスドラマでございます。

殺人を犯した兄は加害者でありますが、父親、母親、妹と、3人の彼の家族は被害者になり得るということを、リアルに、切実に訴えかけてゆく作品なのですよね。

ストーリーの軸となりますのは、容疑者の妹である沙織(志田未来)と、彼女を保護する刑事・勝浦(佐藤浩市)との’逃避行’であるのですね。

しつこいマスコミの連中から沙織を守るために、勝浦は’仕事’として、彼女を保護できる場所を転々とします。



勝浦が下手に感傷的にならず、あくまで’刑事’として沙織と接していたことで、本作は社会派の色合いを濃くしていたと思います。

私的にとても印象が深かったのが、「報道陣の執拗さ」でありましょうか。

例えば、スキャンダル記事を売りにしている週刊誌などは、知りたいという需要があるからこそ、成り立つ雑誌であると思うのですよね。

大衆の知りたいという心理によって、出版社からしたら、利益をあげることができるのでしょう。

金のために・・ と言ったら語弊があるのかもしれませんが、’世間にお披露目される人間’が、否が応でも、必要とされるわけなんですよね。

本作では、槍玉にあげられたのが、弱冠15歳の少女、沙織であったのですね。



追ってくる報道陣も悪質でしたが、本作ではさらに悪質な印象のある、ネットでの暴走が描かれているんですよね。

誹謗・中傷にとどまらず、住所や電話番号の掲載、さらには画像までも。。 犯罪とは無関係であるのに・・ 何故・・ と思わずにはいられない、悪質さであります。

本作品から強烈に伝わってくるのは、悪意なのですよね。 

なぜ・・ どうして・・ と、’悪意の根源なるもの’などを思わず考えてしまいますが、、しかしながらこれ、人を陥れることの無意味さが、ラストでさらりと描かれているのですよね。 とても意味のあるシーンであったと思います。



エンドクレジットで流れる、ソプラノユニットであるというリベラのあまりにも美しすぎる歌声は、映画作品と見事なまでにリンクし、比喩ではなく、最後の最後で心が癒され、なかなか席を立つ事ができませんでした。

でも、腰なら大丈夫ですっ! 今夜も、準備なら万端です〜! (何に?)  (/∀\) イヤー!





サムソン満足度  96点
  

  • 顔アイコン

    そうなんですよね。記者さんが悪いって思いましたが彼らも仕事。
    裏にはマスコミがあり、そして私たち読者がいます。
    特にネットは怖かったですね。
    そうそうあのエンドクレジットに流れた清らかな歌が今でも耳に残ってます。

    car*ou*he*ak

    2009/2/1(日) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    Kazさん、ども♪ いや〜、腰なら準備万端ですよ〜。
    でも、使い道がありませんです〜。 (/∀\)
    はい、報道の自由もこれ、考え直した方がいいのでは・・ と思うような内容でした。
    んもう、準備万端で、ぜひ! ^^;

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 2:25

    返信する
  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ あら、邦画が苦手でしたか。
    後回しですね。 了解っす! ^^

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 2:32

    返信する
  • 顔アイコン

    らぐなさん、ども♪ はい、報道やネット社会の恐ろしさが、いやというほどに伝わってきました。
    普段ニュースで見ていることの裏側なのでしょうね。 リアルな作品でございました。
    TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 2:34

    返信する
  • 顔アイコン

    もっさん、ども♪ はい、志田未来なんかはもう、熱演だったと思います。
    松田龍平も脇ながらよかったですね。

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 2:36

    返信する
  • 顔アイコン

    Cartoucheさん、ども♪ そうなんですよね、仕事でやってるんですよね、マスコミの人も。
    あの歌はもう、心に染み入りますね。 作品にとても合っていたと思います。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 2:39

    返信する
  • 報道のしつこさをとても感じる映画でした。でも、ハリウッドのパパラッチでもそうですが、どんな映像でもいいから見たいという需要があるからそういう人が存在するんですよね。とても考えさせる問題でした。

    kuu

    2009/2/1(日) 午後 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    情報社会における問題点が露呈されましたね。
    今一度警察の被害者、加害者の家族に対する保護の方法を見直すべきかなって思います。

    ken

    2009/2/1(日) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    Kuuさん、ども♪ 外国のパパラッチのようでしたよね、あのしつこさ。
    そうですね、需要があるから、、なんだと思います。
    ほんと、考えさせられる作品でした。 TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 11:39

    返信する
  • 顔アイコン

    kenさん、ども♪ そうですね、まさに。 問題点が露呈された感じですね。
    大変な問題かとも思いますが、見直す必要があるのでしょうね。

    サムソン

    2009/2/1(日) 午後 11:41

    返信する
  • 顔アイコン

    これ皆さん観られてますね〜。すごい好評なんで観たいと思ってるんですよね。キャストもいいし楽しみです♪
    サムソンさんも96点ですもんね〜

    SHIGE

    2009/2/2(月) 午後 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    SHIGEさん、ども♪ はい〜、自分もこれは、ほかの方のレビューを読んで、観たくなったんですよね。 ほんと、キャストが意外と豪華でした。^^
    機会がありましたら、ぜひ〜。 ^^

    サムソン

    2009/2/2(月) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    加害者(犯罪者)の家族にスポットをあてた展開は「手紙」を連想させますね。評判よさそうですし、最近では観てみたい映画のひとつです。

    ヒッチさん

    2009/2/4(水) 午前 6:10

    返信する
  • 取材される側の心を踏みにじるようなマスコミの姿とそれ以上に匿名性を利用して加害者家族をなぶりものにして楽しんでるネット愛好者の姿に憤りを感じました。
    様々な事を考えさせられた作品でした。出演陣の演技も素晴らしかったですね。
    TBありがとうございました。お返しさせてくださいね。

    つらら

    2009/2/4(水) 午後 3:17

    返信する
  • 顔アイコン

    ヒッチさん、ども♪ あ、『手紙』は未見なのですよね〜。 今度観てみようと思います。
    なかなか見ごたえのある一作でした。 機会がありましたら、ぜひ。^^

    サムソン

    2009/2/4(水) 午後 11:25

    返信する
  • 顔アイコン

    つららさん、ども♪ はい、憤りを感じる内容でありますよね。
    マスコミの執拗さがとくに印象深かったです。
    役者陣も素晴らしかったですよね。 TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2009/2/4(水) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    作品の出来はもちろん大事ですが、こういう普段そこまで深く考えないような視点である事柄を見るというのが凄く大切なことだと感じました。
    TBさせてください!

    かず

    2009/2/17(火) 午後 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    かずさん、ども♪ はい、非現実的な事柄ですけど、リアルで、見ごたえありましたね。
    とても意義のある内容だと感じましたです。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/2/18(水) 午後 9:46

    返信する
  • 加害者の家族を描いた作品ということで、まずその着眼点が凄いな〜と思いました。オープニングからのリベラの曲の中で様々なことが起き。。
    私たちも「悪意」に加担しているのかもしれない、と、恐ろしくなったりもしましたね。。トラバさせて下さいませ。

    恋

    2009/11/1(日) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ そうですね〜、着眼点の勝利の映画ともいえますよね。
    あっ、悪意に加担ですか? いや〜〜、どうでしょうか。 えへへ。 あっ、怪しいですね。 んん、、 リベラは素敵でしたTB、どもです。^^

    サムソン

    2009/11/1(日) 午後 10:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(33)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事