ここから本文です

書庫全体表示

グラン・トリノ

   

『グラン・トリノ』  (2008)



妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来、単調な生活を送っていた。

そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)と知り合う。

やがてふたりの間に芽生えた友情は、それぞれの人生を大きく変えていくが・・。


製作国/アメリカ  Gran Torino  (117分)

監督: クリント・イーストウッド
製作: クリント・イーストウッド/ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー
原案: デヴィッド・ジョハンソン/ニック・シェンク
脚本: ニック・シェンク
出演: クリント・イーストウッド/ビー・ヴァン/アーニー・ハー/クリストファー・カーリー/ etc...



こちらの作品、ひとりの頑固老人と、アジア系移民家族との思いがけない交流を描く、クリント・イーストウッド監督、主演のヒューマン・ドラマです〜〜。

んもうこれ、近年のイーストウッド作品の深淵さにはもう、ただただ感服するばかりなのですけれど、本作でももうこれ、重厚で深いドラマに触れさせていただきました〜。

ストーリーといたしましては、自動車工の仕事を引退し、妻に先立たれ、息子や孫たちとうまく接することが出来ないでいる頑固な老人ウォルト(クリント・イーストウッド)が、ふとしたことから、隣に住むアジア系移民家族と交流を持つ、というのがこれ、本作品の筋でございましょうか。

なかでもこれ、長男の気弱な少年タオ(ビー・ヴァン)との触れ合いが中心に描かれてゆくのですが、事の発端はこれ、タオがウォルトの愛車’グラン・トリノ’を盗もうとしたことから始まるのですね。



といってもこれ、タオは自らの意思ではなく、不良グループにそそのかされて盗みを働いたのですよね。 物語は、頑固な老人ウォルトを主人公に、気弱な少年タオと、強きで可愛らしいタオの姉、スー(アーニー・ハー)、そして不良グループと、比較的狭い範囲で進められてゆくのですね。

まあ、お隣さんといえども、’袖触れ合うも他生の縁’、というやつでしょうか、なかなかこれ、侮れない関係であるのですね。 これ。

私的にはこれ、’ストーリー的に地味’、という印象があったのですけれど、その分これ、細部にまで丁寧に行き渡るイーストウッドの演出が生きていたのかな、という気がしています。



50年間も自動車工として勤め、朝鮮戦争での従軍経験をも持つウォルトは、気弱な少年タオに気をかけ、ささやかながらこれ、生きる知恵のようなものを伝えようとするのですよね。

ウォルトの伝えることの喜びによってこれ、彼の頑固な人柄は徐々にほぐされ、さらにはこれ、伝えられることの喜びによって、少年タオは若干、逞しさを身につけたような感もございます。



コミカルな要素も多分に含みながら物語は進められ、あるとき突然、作品は瞬く間に、深い闇のような’暗さ’を帯びるのですよね。

おそらく、映画を観る側は驚き、戸惑いながら、ラストへ向けての展開を見守るのでしょう。

考えれば考えるほど答えの見えないような、深淵さに満ちた、切なすぎる物語の終焉.. クリント・イーストウッド監督の優しさ、そして辛辣さが入り混じったような不思議な作品.. という印象でございました。





サムソン満足度  92点
 

  • 顔アイコン

    Kazさん、ども♪ おぉ、西部劇がベースですか〜。 んん、、クリント〜〜。 (?)
    いや〜、やっぱ酉の市ですよね。 あ、訳は聞きませんよ。 んもう〜〜。
    んん、、やっぱ年季ですよね。 年金はどうなるのバザールTB、どうもです! (?)

    サムソン

    2009/5/7(木) 午後 11:22

  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ はい〜、やっぱ珠玉な映画でしたね〜。
    伝授するさまがまたよかったですね。 クリント監督、さすがですね、やっぱり。
    GW明けてもヨロシクです! んん、、TB、どうも! ^^

    サムソン

    2009/5/7(木) 午後 11:24

  • 顔アイコン

    やっぱりいい作品なんですね〜

    前よりも映画館がちかくなったので
    ぜひぜひ、間に合えば見に行きたいな〜

    る〜

    2009/5/11(月) 午後 11:16

  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ はい、評判どおり、良い映画でしたよ〜。^^
    んもう、間に合ったらいっちゃってくださいまし〜〜。^^

    サムソン

    2009/5/11(月) 午後 11:19

  • 本当に素晴らしい作品でしたよね。
    クリント監督とコワルスキーが重なって見えてきてしまいました。クリントさんの人生観みたいなものが心に響きました。クリントさんの歌声が切なく胸に来ました。
    才能豊かな心豊かな人ですよね〜
    TB返しさせてくださいね。

    [ ake*omy*ujo*3 ]

    2009/5/12(火) 午後 10:17

  • 顔アイコン

    あのラストを踏まえたうえで思い返すと、タオとウォルトが二人でイタリア人バーバーのところへ行ったり、道具を買いに出かけていたシーンがさらに切なく思えます。
    サムソンさん、92点ですか。納得です。
    TBさせて下さいね。

    M

    2009/5/12(火) 午後 11:30

  • 顔アイコン

    明星さん、ども♪ はい、イーストウッド演じるコワルスキーはハマっていましたよね。 彼の心の豊かさのようなもの、通じてきますね〜。
    イイ映画でございました。 TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/5/13(水) 午後 11:24

  • 顔アイコン

    Mさん、ども♪ あ、そうですよね。何気ないようなシーンが、切なくもありますよね。 いい映画でございました。 イーストウッド監督、さすがですよね。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/5/13(水) 午後 11:29

  • これはやはり見たいと思ってます。
    イーストウッドの作品って、奥の深い暗さを感じさせる物が多いと思うんですけど、これもそんな予感が・・・。
    まだまだ撮り続けて欲しいですね。

    Fummy

    2009/5/18(月) 午後 3:14

  • 顔アイコン

    Fummyさん、ども♪ あっ、そうですよね。 奥深い暗さ、、たしかにそうですね。 ありますよね、そういうの。
    でもこれはけっこう、ユーモアもありますよ。^^ ラストが切ない感じでした。

    サムソン

    2009/5/18(月) 午後 11:29

  • シンプルなストーリーの中にどうしてこれだけのものが盛り込めるのだろう。。と、本当に感心しちゃいます。
    あのヘタレな白人のボーイフレンドですが、イーストウッドの実の息子さんだそうw えらい言われようをしてましたよねw
    トラバさせて下さいませ。

    恋

    2009/5/19(火) 午前 8:13

  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ はい、ほんとにもう、感心、感服、でございます。
    えっ・・! あのボーイフレンド、息子さんでしたか〜。 それはそれは。
    いい情報ありがとうございました。^^;
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/5/19(火) 午後 11:14

  • 顔アイコン

    そうですね。ストーリー自体は地味というか単純なんですが、コミカルで、ユニークで、シリアスで、辛辣で、感動的で、いろんな要素を無駄なく詰め合わせている。そんな印象でした。イーストウッドらしい傑作だったと思います。TBお返ししておきあます。

    ヒッチさん

    2009/6/7(日) 午前 7:41

  • 顔アイコン

    ヒッチさん、ども♪ はい、一見シンプルですけれどこれ、深みのある作品ですよね〜。
    コミカルさが目立っていたのも意外でしたが、心地良さがありましたです。^^
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/6/7(日) 午前 9:28

  • 顔アイコン

    深い味わいというかじわっと染みてくる感動を覚えました。
    もっとイーストウッドに映画を生み出してほしい。
    一つでも多く。
    TBさせてください!

    かず

    2009/6/17(水) 午前 8:07

  • 顔アイコン

    かずさん、ども♪ はい、じわっと沁みるような感動がありますよね。
    ほんと、イーストウッド監督の映画は見応えがありますよね。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/6/18(木) 午後 10:37

  • いやいや・・いい作品でした〜

    じんわりです〜♪

    毒舌、イーストウッドのご愛嬌?でなんか笑ってしまいました。
    TBしますね(*´ω`)ノ

    [ 翔syow ]

    2009/11/4(水) 午前 9:12

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ はい〜、じんわりといい映画でしたよね。
    イーストウッドの愛嬌も微笑ましかったりもしました。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2009/11/4(水) 午後 10:55

  • やっと観れました〜
    良い作品でしたわ〜♪
    うん、ほんとラストは切なかったですね。。。
    TBさせてね☆

    ゴルバチョフ剛

    2010/5/28(金) 午前 1:23

  • 顔アイコン

    ブーキーさん、ども♪ おぉ、ご覧ですね。^^
    はい、ラストは切なかったですよねぇ〜。 いい映画でございました。
    TBどうもです。^^

    サムソン

    2010/5/28(金) 午後 11:21

開くトラックバック(56)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事