ここから本文です

書庫全体表示

おくりびと

  

『おくりびと』  (2008)



楽団の解散によってチェロ奏者の職をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。

面接に向かうと、社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事・・。

初めは戸惑っていた大悟であったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく・・。


製作国/日本  (131分)

監督: 滝田洋二郎
製作: 信国一朗
脚本: 小山薫堂
出演: 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/峰岸徹/ etc...



こちらの作品、’納棺師’という職業を通して、死生観をコミカルに、かつ軽快に綴った、本年度アカデミー外国語映画賞受賞作品です〜〜。

んもうこれ、何と言いましょうか、、まあ、単純にこれ、泣ける映画でございましたね〜。

まあ、お葬式のシーンがたくさん出てくる映画なのですけれど、んん〜〜、うまく言えませんけれどもこれ、お葬式のときに湧いてくる感情と似たような感情になる、、とでも言うんでしょうか。



物語としてはこれ、チェロ奏者の職を失い、妻(広末涼子)とともに故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)が、ひょんなことから、遺体を棺に納める’納棺師’という仕事に就くんですね。

妻には内緒で、社長(山崎努)とともに納棺の仕事を続ける大悟でしたが、噂は町に広がってゆくわけなんですね。

まあ、この映画はストーリーの展開に醍醐味があるわけではなく、といってもこれ、物語の構成はお見事なまでによく出来ていると思いますけれど、本作品の魅力はやはりこれ、’死生観’でありましょうかね〜。



『おくりびと』という映画が放つ’死生観’は、本木雅弘が演じる大悟が就く、’納棺師’という職業を通して描かれるんですよね。 

とくにこれ、遺体に化粧を施す美しい儀式は、とてもインパクトがあり、思わず見惚れてしまうほどなのですけれど、観る人によってはこれ、敬遠されるものであるのかもしれません。

そしてなによりもこれ、初めは嫌々ながらも、’納棺師’という仕事を引き受けた大悟が、徐々に、仕事に’意義’を見い出してゆくところがこれ、この作品の死生観、、というよりは、本木雅弘が演じる大悟の死生観、ということになるんでしょうか。。

んん〜〜、これ、なんと言うんでしょうか、、例えばこれ、大悟は儀式で遺体に’触れる’わけなんですけれど、映画も後半になればこれ、遺体に触れるということはこれ、当たり前になっているんですよね。 映画の中では。

大悟が’納棺師’という仕事を通して、得る事の出来たもの。 劇中ではっきりと描かれているわけではありませんけれど、これ、素晴らしいものであったのだと思います。

もっくん、グッドジョブでございました。 オスカーおめでと〜〜!





サムソン満足度  96点
  

  • 山崎努がよかったわ〜。この人素晴らしい。
    嫌々だったのが徐々に納棺師としての誇りを見出しましたねッ〜
    温かくて優しい作品でした。音楽も染みるのですよね。TBお返ししますね

    LAGUNA

    2009/5/22(金) 午前 7:57

  • アバター

    久しぶりに素直に良い邦画を見たと思いました。
    この勢いで、世界に通用する邦画を作っていってもらいたいですね。

    木蓮

    2009/5/22(金) 午前 9:50

  • 音楽と内容がうまく融合できていたというのが印象的でした。
    死という誰もが避けられない究極のテーマをこのような形で映像化したということがすごいことですね!

    ken

    2009/5/23(土) 午後 11:25

  • 顔アイコン

    フェイさん、ども♪ いえいえ〜〜、TB、どもです。^^
    そそ、泣きながら笑ったり、という感じですよね。
    俳優さんもよかったですよね〜。 いい映画でした。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:37

  • 顔アイコン

    A☆coさん、ども♪ えぇ〜〜! そうなんですか〜。 10倍!
    映画の影響って、大きいんですね。^^;
    あ、、でも8人は辞めちゃうんですね。^^; でも、すごいことですよね。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:39

  • 顔アイコン

    くみょんさん、ども♪ はい〜、ほんと、よく出来た映画ですよね〜。
    日本の価値観、世界にも認めてもらってなんだか嬉しいですね。^^
    TB、どうもです。 ^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:41

  • 顔アイコン

    pu−koさん、ども♪ そうですね〜、日本の心、って感じですよね。
    物語の構成もお見事でしたよね。 素晴らしい作品でした。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:43

  • 顔アイコン

    らぐなさん、ども♪ はい〜、山崎努さんはいいですよね。 自分も好きですよ〜。 今、娘さんとCMに出ていますね。^^;
    そそ、音楽もまた、沁みるのですよね。 素晴らしい作品でございました。
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:45

  • 顔アイコン

    もくれんさん、ども♪ はい、良い映画でしたよね、ほんと。
    邦画の質、上がってきてますかね〜。^^ 洋画と競り合って頑張って欲しいですね。

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:46

  • 顔アイコン

    kenさん、ども♪ そうそう、音楽と内容が見事にマッチしてましたよね。
    扱いづらい題材であったでしょうけれど、うまく作られていましたね。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午前 0:48

  • これはDVDを購入して観ました。
    丁寧な作りで映像の綺麗ないい映画ですね。
    見返すうちに"人間として大切な何か”が見えてくる感じがしました。

    ken

    2009/5/24(日) 午前 8:54

  • まだ観れてません
    かなり良さそうですね(@_@)
    早く観たいです

    ゴルバチョフ剛

    2009/5/24(日) 午前 9:32

  • 顔アイコン

    んんんんん〜いまいち見る気がしないんだよな〜

    なんでかな〜

    る〜

    2009/5/24(日) 午後 0:35

  • 顔アイコン

    kenさん、ども♪ おぉ、DVD購入されましたか〜。
    ほんと、丁寧に作られていますよね〜。 秀作でございましたね。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午後 1:04

  • 顔アイコン

    ブーキーさん、ども♪ いや〜、これはなかなかよかったですよ〜。
    んもう、機会ありましたら、ぜひ、です。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午後 1:05

  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ いや〜、自分もけっこう、観たいな〜という気持ちは薄かったんですよ〜。
    騙されたと思って、一度お試しを。^^;
    秀作でございますから。^^

    サムソン

    2009/5/24(日) 午後 1:06

  • おぉ〜サムソンさん高得点!私も今年観て、例に漏れず落涙してしまったのですが、うまい感想が書けなかったです。いい映画でした。

    [ yk ]

    2009/5/25(月) 午前 8:27

  • 顔アイコン

    ykさん、ども♪ いや〜、これは泣けますよね。
    心に沁みるいい映画でした。 音楽も沁みましたです。^^

    サムソン

    2009/5/25(月) 午後 10:53

  • 前半、笑い
    後半は泣き崩れてました( ´艸`)、;'.・ ブッ
    TBしますね♪

    [ 翔syow ]

    2009/9/11(金) 午前 8:42

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ そうそう、前半はユーモア感もありましたよね。
    後半はもう、泣けて泣けて仕方なかったです、自分も。^^
    イイ映画でしたね。 TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/9/12(土) 午前 8:47

開くトラックバック(11)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事