ここから本文です

書庫全体表示

空気人形

  

『空気人形』  (2009)



古びたアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。

人形は、持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。

やがて彼女は、レンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決める・・。


製作国/日本  (116分)

監督・脚本: 是枝裕和
製作: 川城和実
企画: 安田匡裕
原作: 業田良家  『空気人形』 (小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収)
出演: ペ・ドゥナ/ARATA/板尾創路/高橋昌也/余貴美子/岩松了/星野真里/ etc...



こちらの作品、『誰も知らない』『歩いても 歩いても』是枝裕和監督がエロティックに、そしてユーモラスに人の孤独をあぶりだしてゆく、リアル・ファンタジーです〜〜。

んもうこれ、是枝監督の待望の新作ということでこれ、期待に胸を大きく膨らませていたのですけれど、んもう、期待通りでございました〜。

板尾創路演じる秀雄は、まあ、ダッ○ワイフと暮らす心寂しい中年独身男性なのですよね。 そのダッ○ワイフが心を持ってしまった、というのがこれ、この物語の軸となるところでしょうか。

心を持ってしまったダッ○ワイフを演じるのは、韓国の人気女優、ペ・ドゥナなのですよねぇ〜。



この映画を観て凄いと思ったのは、ファンタジーなのにとても現実味があることなんですよね。 んもうこれ、生半可な現実味ではなくて、例えばこれ、夜な夜な大食いをする過食症の女性や、フィギュア人形を見てオ○ニーをする少年などを登場させ、人の孤独をあぶりだしているんですよね。

板尾とペ・ドゥナの関係にしてもこれ、性行為がひどく生々しかったりするんですよね。



この映画を観た多くの人々が、ペ・ドゥナの可愛らしさや、演技力を褒め称えるとも思うんですけれど、私的にはこれ、板尾創路の生々しさを褒め称えたいところなんですよねぇ〜。

性交の後、オ○ホールを取り外し、風呂場で黙々と汚れを洗い落とす板尾。 勤め先のレストランで、年下のコックに怒られ、笑顔が気持ち悪いと罵られる板尾。 んもうこれ、中年男性の悲哀が炸裂しているんですよね。

昔はお笑い芸人として活躍していた板尾さん、最近はもっぱら俳優業なのでしょうか、んもうこれ、この作品をきっかけに、更なる飛躍を遂げていただきたいですね〜。



もちろんこれ、萌え要素たっぷりのペ・ドゥナも素晴らしかったです。  んん、、リアルなファンタジーでした!





サムソン満足度  96点
  

  • 顔アイコン

    kuuさん、ども♪ そそ、正視できないくらいの生々しさですよね。^^;
    んん、、孤独はやっぱ、つらいんですかね〜。^^;;;
    ペ・ドゥナもよかったですね。 萌え萌えです。^^;

    サムソン

    2009/10/12(月) 午後 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ おぉ、、「洗うシーン」に皆さんも切なさを感じましたか〜。
    リアルでしたねぇ、あれは。^^;

    サムソン

    2009/10/12(月) 午後 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ おぉ、ペ・ドゥナちゃんのファンですか。ならば観たほうがいいです、きっと。 是枝監督はさすがの演出力でした。 んもう、観てくださいね〜。^^

    サムソン

    2009/10/12(月) 午後 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    choroさん、ども♪ 板尾さんもペ・ドゥナちゃんも、みなよかったですよ〜。 ARATAさんも。^^ 是枝監督もさすがでした。
    DVD出ましたら、ぜひです。^^

    サムソン

    2009/10/12(月) 午後 11:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ペ・ドゥナのファンなもので、この映画今月中には観に行く予定です。記事書いたらまたTBさせてもらいますね。

    ヒッチさん

    2009/10/13(火) 午前 6:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ヒッチさん、ども♪ おぉ、ペ・ドゥナファンですか。 ならば観た方がいいかもですね〜。
    んん、、ぜひ感想聞かせてください〜。^^

    サムソン

    2009/10/14(水) 午後 11:22

    返信する
  • ども、ご無沙汰しておりました^^
    これ、私も気になってました!凄く高評価ですねw
    そういえばペ・ドゥナちゃんの出てる映画観たことないな・・・
    板尾さんにも注目ですね?

    A☆co

    2009/10/19(月) 午後 11:27

    返信する
  • 顔アイコン

    A☆coさん、ども♪ ご無沙汰です〜〜。^^
    はい、これはツボりましたね〜、久々に。^^;
    ペ・ドゥナちゃんもよかったですが、板尾さんもよかったですよ〜。
    機会がありましたら、ぜひです。^^

    サムソン

    2009/10/19(月) 午後 11:47

    返信する
  • サムソンちゃまぁ♪ゆりも観て来たよぉ〜O(≧∇≦)O
    ホント!満足度のめっちゃ高い最高に切なくて美しい作品でしたぁ♡
    観て良かったぁ〜(*'‐'*)♡
    記事書いて、すぐにサムソンちゃまに報告!と飛んできたのよ〜ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ(笑)

    Yuri

    2009/10/21(水) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ゆりさん、ども♪ おぉ、ご覧ですね。^^
    そそ、美しくて切ない映画ですよね。 是枝監督、素晴らしすぎますね〜。^^
    飛んできてくれてサンクスです♪ TBも、どもです〜〜。^^

    サムソン

    2009/10/21(水) 午後 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    記事を書きましたのでTBさせてくださいね。本当に美しくて切ない映画でした。それから、板尾創路の生々しさを褒め称えたいという点もよく分かりましたよ。

    ヒッチさん

    2009/11/7(土) 午前 5:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ヒッチさん、ども♪ おぉ、ご覧ですね。^^
    ほんと、美しい映画ですよね。 生々しさもありましたが。^^;
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/11/7(土) 午後 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    心を持つことに喜び、苦しみそして「たった一度の人生」として生きる決断をした彼女は代用品なんかじゃなくたった一人の素敵な女性となりましたね。
    TBさせてください。

    かず

    2009/11/24(火) 午後 8:57

    返信する
  • 顔アイコン

    かずさん、ども♪ 生きる、ということをストレートに描いた映画かもしれないですね〜。
    ぺ・ドゥナちゃんはもう、素敵な女性でした。^^
    TB、どうもです。^^

    サムソン

    2009/11/25(水) 午後 10:56

    返信する
  • 散々昨日も言ってましたけど観ましたっ。
    リアル・ファンタジーというのは、なかなか実は描けないと思うのですけど、これは見事にそのものでしたね。この世界観といい、ぺ・ドゥナちゃんはじめ、みなさんの演技といい、とにかくどっぷり浸かっちゃいました。痛みも感じましたけど、それもまた味わいがあるんですよねえ。。トラバさせて下さいませ。

    恋

    2010/3/28(日) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    恋さん、ども♪ ファンタジーとしても、リアルな話としても、これはお見事でしたね〜。 この二つの要素が融合しちゃうんだから、すごいですよね。
    是枝監督は、やっぱすごいっす。^^ TB、どうもです。^^

    サムソン

    2010/3/28(日) 午後 9:52

    返信する
  • なかなか板尾さんたら生々しくてね〜〜
    やるよね〜〜〜
    どこかファンタジーでシュ〜ルでゾクッとくるものがありました〜
    TBします(o´∀`)ノ

    [ 翔syow ]

    2011/1/12(水) 午前 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ はい〜、板尾さん、生生しかったですねぇ〜。
    あれを洗う姿がなんとも・・。
    んん、ゾクっときちゃったんですね! TB、どもっす!

    サムソン

    2011/1/14(金) 午後 11:51

    返信する
  • 顔アイコン

    期待もアソコも膨らんだ一作でございます。(・ω・)bグッ
    いや〜、あのオ○ホールを洗うシーンは泣けるねぇ。(ToT)
    アレだけでも買っちゃおうかなぁ〜〜? てっ、ウソやで!(笑)

    んん、ホールTBいたします!(σ・∀・)σ

    Kaz.Log

    2011/2/5(土) 午前 1:03

    返信する
  • 顔アイコン

    kazさん、ども♪ おぉ、アソコも膨らみましたか、やっぱり!
    うんうん、オ○ホールは泣けますね。 いっぺん、思う存分泣いてみたいっす!
    んん、買うなら譲りますよ。 自分自身のオ○ホールを。 (どこや!?)
    んん、TB、どうもです!

    サムソン

    2011/2/5(土) 午後 10:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(38)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事