ここから本文です

書庫全体表示

わたしを離さないで

  
イメージ 1


『わたしを離さないで』  (2010)



外界から隔絶された寄宿学校ヘールシャムで、幼いころから共に日々を過ごしてきたキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)。

普通の人とは違う「特別な存在」として生を受けたキャシーたちは、18歳のときにヘールシャムを出て、農場のコテージで共同生活を始めるが・・。


製作国 イギリス/アメリカ  NEVER LET ME GO  (105分)

監督: マーク・ロマネク
製作: アンドリュー・マクドナルド/アロン・ロイヒ
原作: カズオ・イシグロ 『わたしを離さないで』(早川書房刊)
脚本: アンドリュー・マクドナルド
出演: キャリー・マリガン/アンドリュー・ガーフィールド/キーラ・ナイトレイ/シャーロット・ランプリング
     /イゾベル・モークル=スモール/サリー・ホーキンス/アンドレア・ライブロー/ etc...



こちらの作品、ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説をもとに、希望や不安に揺れる男女3人の軌跡をたどる、ラブ・ストーリーです〜〜。

これ、公開当時は、ネタバレ厳禁的なムードが漂っていたと思うんですけど、まあ、鑑賞してみて思ったのは、最後の最後にこんなことが・・ という感じのお話ではなかったので、まあ、ちょっと、ネタバレ全開の記事を書いてみようかなと思います。 よろしくお願いしますっ。



寄宿学校ヘールシャムで、幼いころから共に過ごしてきたキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)。

まあ、男1人女2人の三角関係がこれ、この作品の軸になっていると思うんですね。

でもこの作品は、ただのラブストーリーではないのは、まあ、彼らが通う寄宿学校は、臓器提供者を育てる学校、すなわちはこれ、中年にもならない若い年齢で、臓器を取り出され、その命が尽きてしまうという運命に置かれた生徒たちが集う、学校だったのですね。



イメージ 2

  
イメージ 3



どこかの誰かに臓器を提供するため、尊い命を落とす運命に置かれた、キャシー、ルース、トミー。

その非道徳的観念は、まあ、ストーリーからは度外視されているというか、あくまでもこれ、この映画はラブストーリーであるわけなんですね。



実際にはあり得ない物語設定に、リアルな恋愛描写。

このユニクロ、、失礼、このギャップはこれ、なんというか、ちょっと戸惑う人もいるんじゃないのかな〜、という感じもしたんですね。

まあ、この作品の世界観に入り込めるか、入り込めないかで、印象が大きく変わるような、ある意味安定感のない映画だなと、そんな感想をもちました。

どちらかといえば、ティーンエイジャー向きの作品なのかな?

気持ちはまだまだ若いんですけどね、、アソコもなにげに、ティーンエイジャー?  いやいや、ずるっと剥けてるっちゅーねん! どうっすか!?  (なにが)  んんっ・・。





サムソン満足度  84点
    

  • 顔アイコン

    入り込めました〜

    みかりん♪

    2011/12/30(金) 午後 4:46

  • このユニクロ・・・・面白いっ!!!ツボですっ(笑)
    いや〜これね、ありえないんだけどリアルで
    切ない話でした〜
    TBしますね|。◕‿◕)ノ

    [ 翔syow ]

    2011/12/30(金) 午後 8:32

  • 顔アイコン

    くらげさん、ども♪ あ、、ちゃんと剥けてますよ。 ご安心を。w
    そですね〜、隣でアフンアフンやられちゃうと、思わず覗きたくなっちゃいますよね。 ってそういうことじゃなくて? んんっ。

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:23

  • 顔アイコン

    kazさん、ども♪ そですね、アソコはサーティーです、えぇ。
    思い切って、、サーティーワンいっちゃいますか? んんっ。
    あ、死刑ですか? んん、ここは懲役4年で、どうすか? んっ・・。

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:25

  • 顔アイコン

    オネムさん、ども♪ 原作の力もこれ、この作品では前面に出てる感じですね。
    感覚、そしてその表現方法と、興味深い一作でした。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:28

  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ そですね、入り込めたらこっちのもん、って感じだと思います。
    若手俳優の瑞々しさもよかったですね。
    機会がありましたら、ぜひ。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:31

  • 顔アイコン

    ひかりさん、ども♪ おぉ、ハマったんですね。
    リアルな恋愛なのにSF的な設定が、斬新ですけど、自然に描かれていましたよね。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:35

  • 顔アイコン

    HKさん、ども♪ そですね、ぶっちゃけそういうことです。^^;
    んん、好きだなんて、そんな。
    んっ、TB、どもですっ。

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:37

  • 顔アイコン

    けいときさん、ども♪ おぉ、入り込んじゃったほうなんですね。
    あ、ヒートテックはこないだ自分も買いましたよ。 あれはイイですね。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:40

  • 顔アイコン

    鉄平ちゃん、ども♪ うんうん、詩情にあふれた映像ですよね。
    あ、原作のラストは曖昧なんですかぁ。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:42

  • 顔アイコン

    みかりんさん、ども♪ おぉ、入り込めたんですね。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:44

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ おぉ、ツボりましたか。^^;
    はい、これはなんとも切ないお話でしたよねぇ。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 2:46

  • 顔アイコン

    あはは^^最後まできっちりとシモネタでしめるんやね。
    うんうん、いいね〜サムちゃん。
    新しいPCの方はどうかな?
    今年も後わずかですが・・これが最後の記事かな?
    今年はブラザーズとして、ブロ友さんとして、いろいろと楽しませてくれてありがとうね。
    また来年もよろしくね〜♪

    SHIGE

    2011/12/31(土) 午後 4:02

  • 顔アイコン

    SHIGEさん、ども♪ そですね、んもう、とことんシモネタで。 んん。
    あ、新しいパソコンは、届くのは3週間後なんですよね。 来月のシネフォーに間に合うかどうか、って感じです。
    こちらこそ、いろいろありがとでした。 また来年もよろしくです! ^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 5:20

  • はじめまして

    この作品は2011年ベスト1でした。
    この映画のキャッチコピー
    「この命は誰かのために。 この心はわたしのために。」

    この言葉に集約されていますね。
    いい映画でした。

    area50

    2011/12/31(土) 午後 7:31

  • 顔アイコン

    area51さん、ども♪ はじめまして〜。 おぉ、ベスト1でしたか、これ。
    うんうん、キャッチコピーは的確ですよね。
    イイ映画でしたね。^^

    サムソン

    2011/12/31(土) 午後 10:11

  • 顔アイコン

    これはベストに入れたくらい好きな作品ですが
    え〜ってびっくりしちゃいますよね。
    独特な世界でした。
    TBさせてくださいね。

    car*ou*he*ak

    2012/1/1(日) 午後 5:55

  • 顔アイコン

    cartoucheさん、ども♪ おぉ、ベストに入れたいくらいお好きですか。
    ね〜、びっくりな世界でしたよね。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2012/1/1(日) 午後 9:56

  • 顔アイコン

    こんにちは。
    映画や文学のブログを書いているふじまるです。
    今回はシャーロット・ランプリングについて書きました。
    よかったら覗いてください。

    [ ふじまる ]

    2012/6/24(日) 午後 7:42

  • 顔アイコン

    ふじまるさん、ども♪ あ、早速覗かせてもらいます。^^

    サムソン

    2012/6/24(日) 午後 10:43

開くトラックバック(7)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事