ここから本文です

書庫全体表示

  
イメージ 1

  

『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』  (2011)



アメリカ・ミシシッピ州。

1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は「ヘルプ」と呼ばれていた。

作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、メイドの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちにインタビューをすることに。

仕事を失うことを恐れて、皆が口をつぐむ中、一人の女性の勇気が、社会を揺るがすことになって・・。


製作国 アメリカ  THE HELP  (146分)

監督: テイト・テイラー 
製作: ブランソン・グリーン/クリス・コロンバス/ etc..
原作: キャスリン・ストケット 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』(集英社刊)
脚本: テイト・テイラー
出演: エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ジェシカ・チャステイン
     /ブライス・ダラス・ハワード/アリソン・ジャネイ/シシー・スペイセク/ etc..



こちらの作品、1960年当時のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドへの人種差別を感動的な描写で綴る、ヒューマンドラマでございます〜〜。

なんでもこれ、ジェシカ・チャステインのプリプリおぱぁ〜いと、プリプリおちりーが拝めるとの噂を聞きつけまして、早速観てまいりました〜。  ま、、本気は2割ほどで、ほとんど冗談なんですけどね。 えぇ。



んんっ、まあ、お話といたしましてはこれ、まだ人種差別の激しかった、1960年頃のミシシッピ州を舞台に、黒人メイドたちが受ける「侮辱」を描いてゆくわけなんですね。

といってもこれ、暗く重たい描写ではなく、まあ、製作にクリス・コロンバスの名前があるせいか、比較的明るい描写で、白人マダムたちの愚かさ、そして、辛抱強い黒人メイドたちの姿が描かれてゆきます。

幼いころから黒人メイドに育てられたスターキー(エマ・ストーン)は、作家志望で、ある日、黒人メイドたちの真実を本にしようと、メイドたちに取材を申し入れるのですね。



イメージ 2



本作品で見事、アカデミー助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー、主演賞ノミネートのヴィオラ・デイヴィスと、んもう、なんていうんでしょうね、長い間差別を受けてきた黒人の、諦めというか、恐れというか、心の奥にしまってある怒り、というか、んもう、見事な表現力だったと思いますねぇ。

対して、白人の有閑マダムの愚かさが、まあ、際立って、ちょっとしたコメディになっちゃってるんですね。

この映画では、ブライス・ダラス・ハワード演じるヒリーが、差別主義の悪役になっていますが、まあ、時代と土地の風習に流された、可哀想な女性であるのかもしれないですね。



根深いであろうアメリカの問題を、深刻になりすぎず、笑い飛ばすくらいのテンションで描かれた本作品は、明暗のバランスがとれた快作だったと思います。

噂通り、チャステイン嬢のプリプリバディーも拝見できたし、んもう、おいちゃんは満足でした。 えぇ。

それ以上に、オクタヴィア・スペンサーの胸もでかいんですが、、まあ、あんまり言うと、人格を疑われかねないので、今日はこの辺りで。  では、では、では・・。





サムソン満足度  92点
    

  • 顔アイコン

    2割ほど本気?
    8割マジやろ?(σ・∀・)σ
    っていうか、人格はもう疑われてるから何を言ってもOKっ。
    これコメディ仕立てがまた良いのではないのかな〜。
    まだ観てないけど。

    Kaz.Log

    2012/4/7(土) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    え?9割?

    る〜

    2012/4/8(日) 午前 9:18

  • へぇ〜ちょっとしたコメディなんだ〜
    プリプリバディも見てみたいゾ

    [ 翔syow ]

    2012/4/8(日) 午前 10:18

  • 顔アイコン

    kazさん、ども♪ いや、まあ、水割りで。(なんだそれ)
    あ、人格はもう疑われてますか? んふっ♪
    そですね、ちょいコメディな感じがまたよさげでした。

    サムソン

    2012/4/8(日) 午後 3:02

  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ いや〜、まあ、月割りで。
    ・・んん。

    サムソン

    2012/4/8(日) 午後 3:04

  • 顔アイコン

    syowさん、ども♪ ま〜、テーマのわりに、けっこう明るい映画でしたね。
    んん、チャステインバディーも、ぜひぜひ。 んん。

    サムソン

    2012/4/8(日) 午後 3:05

  • アバター

    暗くないのが良かったですね。
    ジェシカ・チャスティンがあんなにナイスバディだとは知りませんでした!
    TBさせてくださいね。

    木蓮

    2012/4/8(日) 午後 8:22

  • 顔アイコン

    もくれんさん、ども♪ はい、けっこう明るめの描写でしたよね。
    そそ、チャステイン嬢がもう、しばらくツボりそうです。w
    んん、TBどもっす。

    サムソン

    2012/4/8(日) 午後 9:33

  • ジェシカ嬢は白くプリプリで
    ほんわかした役どころを上手く演じてましたね。
    女優陣のアンサンブル演技がお見事。
    というか、男性を殆ど思い出せないほど、女性映画になってました。
    うん、まさに暗さをき飛ばすくらいのパワーで良かったですね。
    TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2012/4/9(月) 午前 9:28

  • アバター

    そうだね〜サムちゃんの言う通り、
    ヒリーも『時代と土地の風習に流された、可哀想な女性』なんだよね〜(。・ε・。)
    ジェシカ嬢に対するイジメも強烈・・・なのに、可愛かったね〜(=^^=)プリプリ❤
    TBさせてね〜♪

    フラン

    2012/4/9(月) 午後 9:32

  • 顔アイコン

    pu-koさん、ども♪ はい〜、ほんわかした役どころでしたね。
    しかもプリプリで。 ・・んふ。
    そそ、アンサンブルな感じがお見事でしたよね。
    イイ映画でございました。 TB、どもです。^^

    サムソン

    2012/4/9(月) 午後 11:15

  • 顔アイコン

    フランさん、ども♪ そですね、流されちゃった感じですよねぇ。
    ジェシカ嬢もまた、可愛かったですよねぇ。 プリプリで。 んん。
    TB、どもです〜。^^

    サムソン

    2012/4/9(月) 午後 11:16

  • 顔アイコン

    オクタヴィア・スペンサー よかったですよね〜

    よかったですよね〜TB返し!

    る〜

    2012/4/21(土) 午後 10:47

  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ はい、さすがの助演女優賞ですね。
    TB、どもっす。

    サムソン

    2012/4/22(日) 午後 3:29

  • 顔アイコン

    自国の黒い過去をこうして感動ものに置き換えてしまうところがアメリカのある意味凄いところですね。
    アメリカがこの問題を描いた作品をいくつも観ましたが、ちゃんと自国の過ちをこうして少なからず向かっている部分を日本の映画は見習わないといけないなと思います。
    TBお願いします

    かず

    2012/7/17(火) 午前 7:14

  • 顔アイコン

    かずさん、ども♪ たしかに、日本って過去の封じたい歴史とかは、そのままにしてるかもですね。
    アメリカの映画に対するパワーの表れでもあるんでしょうか。
    TB、どもです。

    サムソン

    2012/7/17(火) 午後 11:16

開くトラックバック(21)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事