ここから本文です

書庫全体表示

アーティスト

  
イメージ 1

  

『アーティスト』  (2011)



1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作の舞台あいさつで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。

その後オーディションを経て、ジョージの何げないアドバイスをきっかけにヒロインを務めるほどになったペピーは、トーキー映画のスターへと駆け上がる。

一方、ジョージは、かたくなにサイレントにこだわっていたが、自身の監督・主演作がヒットせずに・・。


製作国 フランス  THE ARTIST  (101分)

監督: ミシェル・アザナヴィシウス
製作: トマ・ラングマン
脚本: ミシェル・アザナヴィシウス
出演: ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ/ジョン・グッドマン/ジェームズ・クロムウェル/ etc..



こちらの作品、サイレントからトーキーへと移り変わるハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤と愛を描く、本年度アカデミー賞作品賞受賞作品です〜〜。

物語といたしましてはこれ、サイレント映画のスターとして揺るぎない地位を築いていた俳優、ジョージ(ジャン・デュジャルダン)が、新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会うくらいのところから始まるのですね。

ペピーはジョージにほの字で、でもジョージは結婚していて、でもジョージの夫婦関係は微妙で・・? みたいな感じでして。



その後、ペピーは女優としてぐんぐん頭角を現し、その頃ハリウッド映画は、サイレントからトーキーへと、移り変わる頃で。

スター俳優として君臨していたジョージは、時代の変化に順応しようとせず、サイレント映画にこだわるのですよね。

しかしジョージの思惑は、悪いほうへ悪いほうへと、傾いていってしまって・・。



イメージ 2



サイレント映画、ってことでこれ、どんなもんなんだろうな〜、って思っていたら、字幕は必要最低限で、説明のためというよりは、演出として効果的に使っているなぁ、という感じでしたね。

で、音楽は、ずっとかかっているんですね。

無音だったらどうしよう・・ と、ちと不安だったんですが、まあ、杞憂だったようで。 えぇ。



物語の舞台は、1920年代。  古い映画に対してのオマージュの要素も多分にあるのでしょうが、新鮮さのほうが強烈でございましたね、私的には。

アカデミー主演男優賞を受賞したジャン・デュジャルダンもこれ、貫録あふれる好演。 小細工なしの喜怒哀楽、というか、サイレント映画のスター俳優を、サイレント映画の中で見事演じきった、という感じなのでしょうかね。

3D映画が頭角を現しつつある今、アイディアがとても奇抜で、個性的で、そしてシンプル極まりないストーリー。



映画らしい映画、っていうか、ラストに込み上げてくるものは感動なのか、はたまた精○なのか、、ってそんなわけあるはずないですが、まあ、爽やかな心地でございましたね。 あ、感動のほうがですけどね。 えぇ。

精○のお話はまた、別の機会に・・。  んんっ。





サムソン満足度  90点
   

  • 顔アイコン

    ちゃーりーさん、ども♪ うんうん、撮影現場もさぞ楽しかったことでしょうね。
    シンプルイズベスト、って感じでしたね。^^

    サムソン

    2012/4/15(日) 午後 2:07

    返信する
  • 顔アイコン

    もくれんさん、ども♪ はい、新鮮さを感じちゃいますよね。^^
    爽やかな快作、って感じでございましょうか。
    TB、どもっす。

    サムソン

    2012/4/15(日) 午後 2:08

    返信する
  • 私もサイレント映画は数本しか観れてないので、やっぱり新鮮さも感じました〜
    キャストの演技・パフォーマンスもとっても良かったっす^^
    こちらからもトラバさせてね〜♪

    じゅり

    2012/4/15(日) 午後 10:12

    返信する
  • ありゃ、なぜかトラバできません〜
    また挑戦してみますね。ごめんね(^-^;

    じゅり

    2012/4/15(日) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ はい〜、けっこう新鮮さを感じる一作ですよね。^^
    うんうん、キャスト陣がまたいいんですよね。 ハマってる感があって。
    TB、どもっす。^^

    サムソン

    2012/4/15(日) 午後 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    いえいえ、全然大丈夫でっす。^^

    サムソン

    2012/4/15(日) 午後 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    モノクロながらオサレな映画でした。
    この古さがかえって新鮮なんですね。
    TBお返し〜

    GH字幕

    2012/4/16(月) 午前 7:42

    返信する
  • 顔アイコン

    字幕さん、ども♪ はい、オサレな映画でございましたね。
    そそ、かえって新鮮な感じでした。
    TB、どもっ。

    サムソン

    2012/4/16(月) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    サイレントは弁士つきもおもろいのです。

    TBおねがいしますなのだ

    る〜

    2012/4/16(月) 午後 10:46

    返信する
  • 顔アイコン

    る〜さん、ども♪ あ、弁士つきってのもあるんですねっ。
    んん、TBどもです〜〜。

    サムソン

    2012/4/16(月) 午後 11:03

    返信する
  • アバター

    ロマンチックだったよね〜(o^−^o)
    サイレントは想像力たくましいサムちゃんにピッタリだよね♪
    アギーも最高だったし〜▼o・ェ・o▼
    TBお返しさせてね〜♪

    フラン

    2012/4/17(火) 午前 0:44

    返信する
  • うんうん。古い手法のはずなのに逆に新鮮でしたね。
    個人的にはラブストーリーのシンプルさに物足りなさがあったのだけど
    各人のパフォーマンスは最高。上手い映画でした。
    TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2012/4/17(火) 午前 2:34

    返信する
  • 顔アイコン

    フランさん、ども♪ はい、ロマンチックな映画でしたねぇ〜。
    んん、想像力だけはたくましいっすよ。 んんっ♪
    アギー君も芸達者でしたね。 TBどもですっ。^^

    サムソン

    2012/4/17(火) 午後 10:03

    返信する
  • 顔アイコン

    pu-koさん、ども♪ はい、逆に新鮮でしたよね。
    うん、ちょっとシンプルすぎるきらいもありましたかね。
    巧い映画でしたね、たしかに。 TB、どもです。^^

    サムソン

    2012/4/17(火) 午後 10:05

    返信する
  • 顔アイコン

    いい映画でしたね。
    俳優もみんなよかったです。アギーもね♪
    いろんな映画へのオマージュも満載で、それでいて現代的な映画でした。
    TBさせてくださいね。

    [ miskatonic_mgs_b ]

    2012/4/23(月) 午前 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    miskaさん、ども♪ はい、いい映画でしたね、これは。
    そそ、なんだかんだいって、今の映画ですよね。
    TB、どもです。^^

    サムソン

    2012/4/24(火) 午後 10:59

    返信する
  • そうなんですよね〜古いものの良さより私も新鮮さのほうが際立ってたと思いました。
    俳優さんも素晴らしくて私もこみ上げてきました。。。なにがって
    感動ですよ〜TB遅くなって<m(__)m>

    ひかり

    2012/4/25(水) 午後 2:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ひかりさん、ども♪ はい、なんだか新鮮な映画でしたよね。^^
    おぉ、感動がこみ上げてきたんですね。^^;
    TB、どもです。

    サムソン

    2012/4/25(水) 午後 9:53

    返信する
  • TB下さり、ありがとうございました!\(^^@)/
    いい映画でしたね〜すんなり観られたし・・・サイレントも抵抗なしで^^v
    セリフがない分、映像から感じるわけで、、うまく出来ておりました♪
    モノクロ画面って逆におしゃれな感じもして、まさにシンプルイズベスト!!
    TB、こちらからもお願いいたします♪

    ふぇい

    2012/7/2(月) 午前 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    フェイさん、ども♪ はい、これ文句なしに、イイ映画でしたよね。
    はい、映像でバシバシ訴えかける佳作でした。
    TB、どもです〜。^^

    サムソン

    2012/7/2(月) 午後 11:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(33)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事