ここから本文です

書庫全体表示

そして父になる

 
イメージ 1

 

『そして父になる』  (2013)



申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。

順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。

血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩する・・。




製作国 日本  (120分)

監督: 是枝裕和
製作: 亀山千広 etc
脚本: 是枝裕和
出演: 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/etc





こちらの作品、『誰も知らない』『空気人形』是枝裕和監督が、「子どもの取り違え」という出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族というテーマを濃密に描いた、ヒューマンドラマです〜〜。

良多(福山雅治)は人もうらやむほどのエリートで、高級マンションに住み、妻みどり(尾野真千子)と6歳の息子と暮らしていたんですね。

暮らすといってもこれ、仕事重視の良多は家庭をほとんど顧みず、子育てはみどりに任せっぱなしなんですけれども。



そんな良多とみどりに、息子を出産した病院から、「子どもの取り違え」が発覚したと告げられるんですね。

動揺する彼らは、血のつながりのある実の息子を育ててきた夫婦、雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)に会うのですが・・。



イメージ 2



病院側の不手際で子どもの取り違えが起こり、血の繋がっていない子どもを6年間育てていた。

血の繋がりのある子どもは、よその夫婦に育てられていた。

対照的な2組の夫婦の葛藤する姿が描かれますが、主に良多、みどりの視点が中心になってますね。



人の不幸は蜜の味、という言葉がありますけれど、この映画は、子供の取り違えにより困惑する夫婦の姿を、同情しながらも見る、という感じではないんですね。

ここはもう、世界の是枝、んもう、KOREEDAでもいいと思いますけど、彼の演出は、夫婦の困惑や葛藤を、限りなく観る側に体験させるような描写になっているんですよね。

感情移入しやすいといいましょうか、多角的に、いろいろな角度からの視点があるのでこれ、他人事じゃないよね的な感覚が、観る側には生まれると思うんです。



私的にぐっときたのは、取り違えの原因となった看護婦が、良多側に「誠意」として謝礼を渡し、それをわざわざ良多が看護婦の家に行って、突き返すシーンがあるんですね。

責める良多、詫びるしかない看護婦、という玄関先の場面に、家から看護婦の息子(10歳くらい)が出てくるんですね。

「お前は関係ない、引っ込んでろ」 と言う良多に、「関係ないことない! 僕のお母さんだ!」 と、大の大人から必死に母親を守ろうとするシーンにはもう、涙腺崩壊寸前でしたね。 えぇ。



そのほか、書きたいことは山ほどあるんですけどこれ、キリがないので割愛させていただきますが、まあ、これ、とても濃密な体験をさせていただきましたね。

2週連続で1位をとるような、大勢の人が見る映画が、こんな濃密でえぇんかいな? と思うところもあるんですけど、まあ、福山だからしょうがないっすね。

どう転んでも太刀打ちできないですね、福山にはね。 えぇ。

ちなみにですけど、そして乳になる、ってなシーンは一切ありませんでしたね。 余計な情報かもしれませんが、まあ、念のために。  んんっ。
 




サムソン満足度  95点
  

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは 転載させていただいても
    いいですか?
    私もこの映画みたんですけど
    いろいろと 自分なりに 考えさせられたので!

    [ haroharo ]

    2013/10/9(水) 午後 3:10

    返信する
  • 顔アイコン

    未見です。
    前評判が良くて、内容もなんとなくわかります。
    自分ならどうするか。
    是枝ワールドに翻弄されそうですね。

    ギャラさん

    2013/10/9(水) 午後 5:00

    返信する
  • 顔アイコン

    Haroharoさん、ども♪ はい、大丈夫ですよ。^^
    いろいろ考えさせられる作品でしたね。
    それぞれの夫婦の葛藤は見ごたえありました。

    サムソン

    2013/10/9(水) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    ギャラさん、ども♪ そそ、これ内容がなんとなくわかるんで、スルーしようかと思ってたんですよね。
    でも是枝監督が紡ぎだす濃密なドラマに、贅沢な時間をいただいた感じです。
    機会がありましたら、ぜひ。

    サムソン

    2013/10/9(水) 午後 10:16

    返信する
  • サムソンさんも見てこられたのですね(^^♪
    是枝ワールド堪能できましたし・・
    取り違えが看護師のあんな理由で為された事も怖いと
    淡々とした映像のなかに紡ぎ出される濃い人間模様。
    余韻の残るラストも観てよかった〜って思いましたv

    TBさせてくださいませ<(_ _)>

    ふぇい

    2013/10/10(木) 午前 7:15

    返信する
  • 自分もこれは劇場で見てきました^^
    純粋に良い映画でしたね。
    是枝流のリアリティの作り方が、マッチしてました。
    役者への演出も上手いんでしょうね。
    いずれ、レビュー記事書きます。

    WANTED222

    2013/10/10(木) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    ふぇいさん、ども♪ はい、是枝ワールド堪能できますね、これは。
    人間模様がたしかに濃いですよね。
    看護師のあんな理由は・・ 根深いというか浅はかというか。
    TB、どもです。

    サムソン

    2013/10/10(木) 午後 10:24

    返信する
  • 顔アイコン

    WANTEDさん、ども♪ おぉ、劇場鑑賞ですね。
    リアリティありましたね。 是枝監督の演出はほんと、上質でございますね。
    記事、楽しみにしております。

    サムソン

    2013/10/10(木) 午後 10:25

    返信する
  • アバター

    重いテーマなのに、淡々と綴られるのは是枝監督らしかったですね〜
    観る人それぞれがいろいろな思いを感じる作品でした。
    余韻のあるいい映画でしたよね。
    遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

    choro

    2013/10/14(月) 午後 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    Choroさん、ども♪ はい、淡々とした描写がよかったですね。
    是枝監督の持ち味なんでしょうね、きっと。
    ほんと、余韻のある良い〜映画でした。^^

    サムソン

    2013/10/14(月) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    テーマがとても興味深かったです。
    やはり親目線でいろいろと考えさせられました。
    それぞれの家庭が対象的だったのもよかったですよね。
    TBお願いします。

    かず

    2014/1/8(水) 午前 7:09

    返信する
  • 顔アイコン

    かずさん、ども♪ おぉ、親目線でですか。
    この作品はスピルバーグも絶賛らしいですね。
    是枝監督のセンスは、国境を越えても評価されましたね。
    TB、どもです。

    サムソン

    2014/1/8(水) 午後 5:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(15)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事