ここから本文です

書庫全体表示

アメリカン・ハッスル

 
イメージ 1

 

『アメリカン・ハッスル』  (2013)



詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。

彼らは、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる。

それは、架空のアラブ人富豪をダシに、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというもの。

アーヴィンとシドニーは、標的のカーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくが、二人の仲を嫉妬するアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がおとり捜査の邪魔をして・・。


製作国 アメリカ  AMERICAN HUSTLE  (138分)

監督: デヴィッド・O・ラッセル
製作: チャールズ・ローヴェン etc
脚本: エリック・ウォーレン・シンガー/デヴィッド・O・ラッセル
出演: クリスチャン・ベイル/ブラッドリー・クーパー/ジェレミー・レナー
     /エイミー・アダムス/ジェニファー・ローレンス/ etc



こちらの作品、『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』デヴィッド・O・ラッセル監督が、1979年に実際にあった政治スキャンダルを、実力派キャスト陣の豪華競演で描く、クライム・コメディです〜〜。


この物語の主人公は、ベテラン詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)。

愛人のシドニー(エイミー・アダムス)と手を組み、詐欺行為を繰り返すも、FBIに逮捕されてしまいます。

FBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)は、彼らの無罪放免と引き換えに、おとり捜査への協力を依頼するのですね。

狙いは、汚職の疑惑があるカーマイン市長(ジェレミー・レナー)。

アーヴィンの本妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)もおとり計画にしゃしゃり出てきて、ついには、マフィアまで巻き込んでしまう・・ といったようなお話なんですね。



イメージ 2



詐欺師を主人公に、騙し、騙されるストーリーではありますがこれ、物語の展開で魅せるような映画ではないような気がするんですね。

『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』で勢いに乗るラッセル監督ですが、この2作は正直、自分的にはあまり印象に残ってはいないんですよね。

この『アメリカン・ハッスル』でも正直、印象に残るような鮮烈な出来事は、劇中では起こっていなかったように感じるんですね。



ラッセル作品に出演した俳優たちは、ものの見事にアカデミー賞に絡んでゆきますが、この監督の映画の楽しみ方が、今回の鑑賞でようやく掴めたかな、って感じでした。

印象に残るのは、物語の展開よりも、やはり俳優(登場人物)なんですよね。



人間と人間の衝突だったり、駆け引きだったり、どうしようもない欲情だったり、危機を乗り越えようとする必死さだったり、登場人物の個性、端的に言えばこれ、「映画俳優」を楽しむ映画を作る監督さんなのかな、と思いました。

私的に魅せられたのは、主人公アーヴィンの本妻ながら、浮気されまくりでほったらかし状態のロザリンを演じた、ジェニファー・ローレンスでしょうか。

アーヴィン役のクリスチャン・ベイルに悪態をつき、怒鳴り散らす感情剥き出しの演技はもう、女優としてとても魅力で、同時に映画の魅力にもなっているんですね。



俳優を際立たせることで、作品に箔がつき、「カッコいい」映画に仕立て上げてる、って感じなんですかね。

んんっ、ハッスル、ハッスル。 (?)





サムソン満足度  87点
  

  • 顔アイコン

    うわー、早いですね、アカデミー賞の有力候補作品の一つですね。

    「映画俳優」を楽しむ映画を作る監督さん・・・じつはわれわれもそういうところがありますね。俳優・女優の演技を堪能するという。

    ジェニファー・ローレンスは、「世界に・・・」ですごい女優だなと思いましたが、まだ若いですが、とてつもなくすごい女優のような気がしますね。

    fpd

    2014/2/1(土) 午後 8:59

    返信する
  • アバター

    そそ、これはキャストで魅せる作品でしたね〜
    ジェニファーの演技は凄かったですね。でも、個人的にはちょっと若すぎるような感じが・・・^^;
    対するエイミーも凄かったし、女優陣強し!と思いました(笑)。
    TBさせてくださいね。

    choro

    2014/2/1(土) 午後 9:31

    返信する
  • これはキャストもいいけど、ストーリーが面白そうだなと期待しているんですけど、実はやっぱり俳優陣を楽しみたい映画みたいですね。
    そういう映画、大好きなので、期待がさらに膨らみます♪

    -

    2014/2/1(土) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    fpdさん、ども♪ はい、これは有力視されてますね。
    ついついストーリーに目が向きがちですが、俳優の魅力を味わうというのもいいものですね。
    ジェニファー・ローレンスはおそらく、2度目のオスカーかな? とてもパワフルでした。

    サムソン

    2014/2/1(土) 午後 10:20

    返信する
  • 顔アイコン

    Choroさん、ども♪ はい、キャスト陣が魅せてくれましたね。
    ほんと、女優陣の活躍が目立っていましたね。
    エイミー・アダムスも推したいところですね。(笑)
    TB、どもです。

    サムソン

    2014/2/1(土) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    やまねんさん、ども♪ そですね、俳優陣の魅力が目立っていたような気がしますね。
    少なくとも、ストーリー展開に驚かされる、っていう感じではなかったです。
    「カッコいい」映画でしたよ。 ぜひぜひ♪

    サムソン

    2014/2/1(土) 午後 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    BULLSHIT!BULLSHIT!
    ズルムケのクリスチャン・ベイルのドタマに
    ヅラつけて・・・あのタルのような腹は自前か?
    おお、俺らのバットマンが!!

    そうね、サムちゃんの言う通り
    ジェニファー・ローレンスは二度目のオスカーを
    獲るかもね。芝居が上手い女優だと思います。
    見事にアホなヤンママを演じて
    「夫婦でやることは喧嘩とファック」と名言を
    吐き、P・マッカトニーとウィングスの
    「死ぬのは奴らだ」を口ずさみながらゴム手袋で
    部屋の掃除をして腐った臭いとうそぶくマニュキュア
    を他人に嗅がすアホなバツイチ主婦(笑)
    サプライズはノンクレジットのバーコード・ハゲ
    マフィアの黒幕で登場だ。

    GH字幕

    2014/2/1(土) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    字幕さん、ども♪ おぉ、テンション高めですね〜。
    はい、ジェニファー・ローレンスには魅せられましたね。
    はからずも、「結婚って案外いいものかも・・」なんて、彼女の肢体を見ながら思ってしまいました。
    ノンクレジットのデニーロ(ネタバレ)も驚きました。
    ラッセル一族で、オスカー全制覇だ〜!

    サムソン

    2014/2/1(土) 午後 11:11

    返信する
  • アバター

    詐欺の話なんだけれど、話の面白さよりやはり人間ドラマでしたね。
    話としてはサプライズ登場シーンがクライマックスでした。
    ジェニファー・ローレンスの実在のモデルは50歳だそうですよ(^_^;)
    お上品な役も観てみたいですね。
    TBの調子が悪い様なのでまた来ます!

    木蓮

    2014/2/1(土) 午後 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    もくれんさん、ども♪ はい、人間描写に見ごたえがありましたね。
    おぉ、実在のモデルは50でしたか。 ずいぶんと若い配役だったんですね。
    そういえばジェニファー・ローレンスはパワフルな役どころが多いですよね。

    サムソン

    2014/2/1(土) 午後 11:44

    返信する
  • デ・ニーロのクレジットなしは僕も気になりました・・・。

    『ウルフ〜』同様、この時代のアメリカは面白いネタが詰まってますね。
    個人的にはビッチなエイミー・アダムスにヤラレました。

    ZOLA♪

    2014/2/2(日) 午前 10:04

    返信する
  • 作品というよりはキャストですか〜
    これは今日観に行ってまいりまっす(^ー^)

    じゅり

    2014/2/2(日) 午前 11:53

    返信する
  • 賞レースで話題ですし、見たいですが、見れるかどうかは未定^^;笑。
    デヴィッド・O・ラッセルの作品はなんだかんだいつもノミネートされてる印象です。
    そろそろ受賞も近いんでしょうか…^^;

    WANTED222

    2014/2/2(日) 午後 7:05

    返信する
  • 同じく。という感想です。
    豪華キャストだったり、その変貌ぶりだったりは、映画通には伝わるんでしょうが、一緒に行った後輩には伝わりにくかったみたいです。

    なぎ

    2014/2/3(月) 午後 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ZOLAさん、ども♪ デニーロ、クレジットあってもいいんですけどね。^^;
    はい、『アルゴ』でもそうでしたね。 この時代としては。
    エイミー・アダムスもなかなかに魅惑的でした。

    サムソン

    2014/2/3(月) 午後 10:20

    返信する
  • 顔アイコン

    じゅりさん、ども♪ はい、物語展開よりも、
    キャストの個性が作品を形作っている、という感じだったでしょうか。

    サムソン

    2014/2/3(月) 午後 10:21

    返信する
  • 顔アイコン

    WANTEDさん、ども♪ はい、賞レースで3番人気くらいでしょうかね。 (競馬じゃないって^^;)
    ここ最近は必ずノミネートされますよね〜。
    授賞式がほんと楽しみっす。

    サムソン

    2014/2/3(月) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    なぎさん、ども♪ そですね、映画通のための映画かもですよね。
    伝わりにくい部分、よくわかりますよ。
    でもこれだけ評価されていますからね。 斬新なのかもですね。

    サムソン

    2014/2/3(月) 午後 10:25

    返信する
  • 顔アイコン

    相変わらずジェニファー・ローレンズの魅力にノックダウンしました。

    [ dalichoko ]

    2014/3/14(金) 午前 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    chokoboさん、ども♪ はい、ジェニファー・ローレンス魅力ありましたね。
    オスカー逃したのは残念でした・・。

    サムソン

    2014/3/15(土) 午後 1:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(8)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事