ここから本文です

書庫全体表示

フィルス

イメージ 1

 

『フィルス』  (2013)



スコットランドの警察刑事、ブルース・ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)。

優秀な頭脳を誇るブルースだったが、その裏ではアルコールとドラッグに陥り、売春や不倫に手を出すという、刑事の風上にも置けない人物だった。

そんな中、日本人の留学生が殺されるという事件が発生して・・。


製作国 イギリス  FILTH  (97分)

監督: ジョン・S・ベアード
製作: ケン・マーシャル etc
脚本: ジョン・S・ベアード
出演: ジェームズ・マカヴォイ/ジェイミー・ベル/イモージェン・ブーツ



こちらの作品、英国映画界のエース、ジェームズ・マカヴォイが主演を務めた、クライム・コメディーです〜〜。

マカヴォイ演じるブルースは、昇進を狙う野心派の刑事。

しかしながら彼は、アルコールやドラッグに依存し、売春に不倫にと、んもう、やりたい放題の下衆男だったわけなんですね。



主人公ブルースに共感できるかどうかが、この映画を楽しめるポイントかな、とも思うんですが、まあ、ちょっと感情移入は難しいでしょうか・・。

でもブルースのハチャメチャな行動は、孤独からくる寂しさを紛らわすためなのかと、映画後半くらいから見えてくるんですね。

同世代の男として、「自己を見失ってしまう有り様」は、うーん、わかるかも・・ という感じですかね。



自分もできることなら、酒飲んでしこたま酔っぱらって、しこたまセックスしてみたいですもんね。

まあ、健康を害する生活になりそうですけど。





サムソン満足度  78点
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事