ここから本文です

書庫全体表示

偽りなき者

イメージ 1

 

『偽りなき者』  (2012)



親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。

クララの証言以外に無実を証明できる手段がないルーカスは、身の潔白を説明しようとするが誰にも話を聞いてもらえず、仕事も信用も失うことになる。

周囲から向けられる憎悪と敵意が日ごとに増していく中、ルーカスは自らの無実を訴え続けるが・・。


製作国 デンマーク  JAGTEN  (115分)

監督: トマス・ヴィンターベア
製作: シセ・グラム・ヨルゲンセン
脚本: トマス・ヴィンターベア/トビアス・リンホルム
出演: マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ビタコプ



こちらの作品、子どもの作り話が原因で、世間から迫害される羽目になる男の苦悩を描いた、デンマーク発のヒューマンドラマです〜〜。

幼稚園の教師として働くルーカス(マッツ・ミケルセン)は、人柄もよく、子どもたちからも好かれる男性でありました。

しかしながらこれ、幼稚園生の少女クララが、園長先生にルーカスを陥れるような嘘をついてしまうのですね。



園長先生は話を信じ込み、クララの両親、園児の父母らに話を吹聴し、ルーカスは瞬く間に、「変質者」の烙印を押されてしまうのですね。

仕事も失い、警察にも事情を聴かれ、町のスーパーからも食料品を売ってもらえず、ルーカスは完全に孤立化してしまいます・・。



ルーカスが孤立し、迫害される原因となったのは少女クララの嘘ではありますが、彼女はまだ無垢な子ども。

ルーカスも怒りをどこへぶつけてよいか判らず、彼が苦悩する様は、他人事とは思えないほどに恐ろしいものがありました。

こんなことで逮捕されるのか? というニュースをたまに見かけますが、世の中の感度も昔とは様変わりしているようにも思えます。

なんともこれ、世間で生きるのって難しいね・・ という映画でございました。





サムソン満足度  85点
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事